お風呂

2019-04-10

お風呂にかかるコストを節約しよう!

入浴は1日の疲れを癒し、汚れを洗い流す大切な習慣ですが、毎日のお風呂やシャワーにかかる水道料金やガス代などのコストも無視できません。
できれば、少しでも節約したいと思っている人が大半だと思います。

そこで今回は、簡単にできるお風呂の節約術についてご紹介いたします。

節約術その1:浴槽に張ったお湯を有効活用しよう

お風呂を沸かして入浴するときは、できるだけシャワーを使わず湯船のお湯を使うようにしましょう。
最初は慣れないかもしれませんが、身体を洗ったあとは洗面器で流すだけで十分に泡を流すことができます。

ただし、前日に使ったお湯を追い炊きして利用する場合は雑菌が繁殖していることがありますので、お湯を張り替えたタイミングでの使用をオススメします。

節約術その2:節水シャワーヘッドを使ってみよう

シャワーをできるだけ節水したいという方は、節水用のシャワーヘッドを使うのがオススメです。
通常のシャワーヘッドは1分間で約12リットルもの水を消費してしまいますが、節水用のシャワーヘッドを使用すれば水圧を変えずに水量をかなり減らせますので、ストレスなく水道代を抑えることができます。

お湯が出る量を通常より半分近く減らせるシャワーヘッドも販売されていますので、自宅のシャワーヘッドに取り付けられる商品をぜひチェックしてみてください。

節約術その3:半身浴で水とガスを節約できる!

半身浴は身体の下半分だけぬるいお湯につかるという入浴方法で美容や健康によいとされていますが、お風呂にかかるコスト削減にも効果があります。

半身浴ならお湯の量も少なくて済みますし、温度もぬるめの設定で十分なため、水もガスも一度に節約できます。
冬場の半身浴は身体が冷えて風邪を引かないように注意し、寒さが苦手だという方は春先や夏に挑戦してみましょう。

節約術その4:給湯器の設定温度を少しだけ下げてみよう

給湯器の設定温度
お風呂に入るとき、給湯器の設定温度をつい高くしてしまっているという方は多いのではないでしょうか?

冬場は寒いので設定温度を高めにしてしまいがちですが、可能であれば少し下げてみましょう。温度を1度下げるだけでもガス代の節約につながります。
また、給湯器の追い焚き機能をできるだけ使わないようにしたり、就寝時は給湯器の電源を切っておくのも効果的です。

このように、給湯器の使い方を少し工夫するだけでガス代を抑えることができますので、日頃から心掛けておきましょう。

まとめ

お風呂の簡単節約術をご紹介いたしました。
お風呂の水道料金やガス代は、家族の人数が多いほど日頃から節約に気を配るだけで毎月かかる料金にかなり差が出ます。

今回ご紹介した方法はどれもすぐに始められますので、ぜひ実践してお風呂にかかるコストを節約しましょう。

2019-02-27

お風呂掃除を楽に行なう方法とは?

お風呂に入って心身の疲れを癒すために、バスルームはいつも綺麗な状態に保っておきたいですよね。
一方で、家事の中でも特に重労働なお風呂掃除はできるだけ簡単に済ませたいという方も多いのではないでしょうか?

今回は、日々のお風呂掃除を少しだけ簡単にできる方法をご紹介いたします。

入浴後にお風呂を掃除してみよう

日々のお風呂掃除を簡単にするために重要なのは、掃除をするタイミングです。

お風呂掃除にオススメのタイミングは、ズバリ入浴後です。
使用した直後のバスルームは蒸気や水分で汚れが浮いていて、普段の状態と比べて汚れがずっと落としやすく、掃除するには実は最適なタイミングなのです。

力を入れなくても、お風呂用の洗剤とスポンジで軽くこするだけで十分綺麗になります。
さらに、余裕があるときは壁や鏡、浴槽などに残った水滴を拭いておくようにすれば、水垢やカビの防止になり綺麗な状態を保つことができます。

入浴後の掃除で生活にゆとりを

入浴後に掃除をするのは一見面倒に思えますが、お風呂の準備をする前や、夕食の準備などと重なる時間帯に慌てて掃除をするよりも、時間的にも気持ち的にも余裕が生まれますよね。

さらに、お風呂に入る時間を一日の最後にしてしまえばほかの家事を気にすることなく掃除ができますし、翌日に慌ただしく掃除することもなく、すぐお風呂の支度がはじめられて生活にもゆとりが生まれます。

あらかじめお風呂を掃除しておくことで生活にゆとりが生まれると、体も心もよりリラックスして入浴できますのでオススメです。

バスルームに置く物の数を減らしてみよう

バスルームに置く物の数を減らしてみよう
お風呂を掃除するとき、石鹸やシャンプーボトル、バスアイテムなどをいちいち動かすのが面倒だと思っている方は多いのではないでしょうか?

そんな方は思い切って浴槽に置く物を必要最低限にしてみましょう。これだけで掃除をするハードルがぐっと下がりますよ。
また、浴室に物を置くとカビや水垢の原因にもなりやすいので、物が減ればそれだけ綺麗な状態を保ちやすくなるというメリットもあります。

逆に、お風呂用洗剤やスポンジなどの掃除道具はいつでも手に取れる場所に置いておくのがオススメです。
最初から浴室内にあれば、気になるところをすぐにお掃除できて便利です。

今回ご紹介したようなちょっとした工夫で、お風呂掃除の手間はかなり減らすことができます。
お風呂掃除が面倒だという方はぜひ一度試してみてくださいね。

2019-02-21

西洋風インテリアが人気?! 置き型バスタブについて

日本では、お風呂に入ったとき湯船にゆっくりと浸かる習慣がありますが、実は世界的には珍しい習慣であることをご存知でしょうか?

洋画や海外ドラマを見る方にはおなじみかもしれませんが、西洋では入浴はシャワーで済ませたり、バスタブもお湯をためて浸かる目的ではなく、体を洗うために使われることが多いです。
また、使われているバスタブも日本とは異なり、西洋は「置き型バスタブ」と呼ばれているタイプが主流です。

近年、この西洋式の置き型バスタブがインテリアとして日本でも注目されています。今回は、置き型バスタブの魅力についてご紹介いたします。

西洋風の雰囲気がオシャレ! 置き型バスタブを使ったバスルーム

日本では、お風呂の床とバスタブが一体となっているユニットバスが広く浸透しています。
一方、西洋ではバスルームに浴槽を置くタイプの置き型バスタブが主流です。

旅行に出かけて海外のホテルで宿泊した経験のある方は、置き型バスタブを使ったオシャレなバスルームのインテリアコーディネートや、開放的な雰囲気などを体感したことがあるのではないでしょうか。

西洋風のインテリアコーディネートに憧れている方はもちろん、人とはちょっと違ったデザインが好きな方には置き型バスタブがオススメです。

置き型バスタブはインテリアコーディネートの幅が広がる!

日本の入浴スタイルは、体を洗うのはバスタブの外というのが普通ですよね。

一方、西洋ではバスタブの中で体を洗うのが一般的で、多少の水が跳ねることはありますが、日本のようにバスルームの床全体が濡れるということにはなりません。
そのため、西洋風のバスルームは物を持ち込んでも濡れるリスクが低く、部屋の中に色々な物を置くことができます。

バスルームでのんびり過ごしたい、好きなものを集めてリラックスできる空間にしたいという方にとっては、インテリアコーディネートの幅が広がる置き型バスタブはオススメの選択肢です。

置き型バスタブで日本式の入浴スタイルが選択できる?

置き型バスタブで日本式の入浴スタイルが選択できる?
置き型バスタブであっても、日本式の入浴スタイルを選択することは可能です。

置き型バスタブは、通常バスタブの排水口が排水管と繋がっていて直接排水する作りになっており、バスルームの床には排水口がありません。
しかし、洗い場を通じて排水する仕様に変更することで、置き型バスタブでも日本式のバスルームと同じようにバスタブにお湯を溜めて、バスタブの外で体を洗うことができます。

ただし、この場合はお風呂の床全体が濡れることになります。
さらに、バスタブの下も濡れるため、定期的なお掃除に加えてバスタブを動かして掃除するためのスペースを確保しておくことが大切です。

これらの点に注意すれば、置き型バスタブのある西洋風のおしゃれなバスルームでありながらも日本式のスタイルで入浴できます。

まとめ

日本と西洋で主流のバスタブの違いは、入浴スタイルの違いが大きく関係していることが分かりました。
置き型バスタブのあるバスルームにリフォームする際は、入浴方法の面もよく考えてから行なうことが大切ですが、日本式のままの入浴方法でおしゃれなバスタブにリフォームすることも可能です。

インテリアとしてもおしゃれな西洋風の置き型バスタブを導入して、自分だけのリラックス空間を作ってみてはいかがでしょうか?

2019-01-25

お風呂でよくあるトラブルとその原因

私たちの生活に欠かせないお風呂は、頻繁に使う分トラブルが起こりやすい場所でもあります。
そんなお風呂を日頃から快適に使うポイントは、トラブルが起こったときにすぐ対応できるように注意事項を事前に把握しておくことです。

今回は「シャワーの水圧が弱い」、「浴槽のお湯が出ない」というお風呂でよくある2つのトラブルについて考えられる原因をご紹介いたします。

シャワーの水圧が弱い

まずは、シャワーの水圧が弱くなる原因と対策を見ていきましょう。

お湯を出すときだけシャワーの水圧が弱い場合

水を出すときの水圧は問題ないのに、お湯を出す時だけ水圧が弱くなるトラブルは給湯器が原因の場合があります。
給湯器は一度に供給できるお湯の量に限度があり、その量を超えてお湯を使おうとすると水圧が下がってしまうためです。
そのため、シャワーと同時にキッチンや洗面所の蛇口からお湯を出して使っていると双方に割けるお湯の量が減り、水圧が下がってしまうのです。

お湯がちゃんと出ないときには、家庭内の別の場所でお湯を使っていないか確認してみましょう。
また、家族がお風呂を使っている時はなるべくお湯を使わないなど家庭内でルールを決めてみてもいいかもしれません。

冬場はお湯の供給が遅くなることも

冬場は冷たい水を給湯器が温めるのに時間がかかるため、一時的にお湯の供給が間に合わなくなり水圧が下がることがあります。
この場合、時間が経ってお湯が用意できればすぐに元に戻るので、しばらく水を出し続けて待ってみてください。

これらのケースは給湯器そのものの故障ではないので、使い方に注意すれば問題ありません。

一方、ほかの場所でお湯を使っておらず、十分な時間も経っているのに水圧が戻らない場合は給湯器の故障が考えられますので、メーカーなどに問い合わせてみましょう。

水を出すときもシャワーの水圧が弱い場合

お湯だけでなく水を出すときも水圧が弱い場合は、主に蛇口のネジのゆるみ・漏水・フィルターの目詰まりなどシャワー本体の不具合が考えられます。
これらは自分でもチェックできますので、おかしいところはないか一度確かめてみてください。
それ以外の原因には水栓側のトラブルが考えられますので、専門の業者に連絡して調べてもらいましょう。

浴槽のお湯が出ない


次に、浴槽のお湯が出ない原因と対策を見ていきましょう。

給湯器に関するトラブル

お風呂のお湯が出ないときは、まず給湯器におかしいところがないかチェックしましょう。
給湯器の電源がちゃんと入っているかなどの基本的なところから始まり、エラーなどが起きていないかを確かめます。
取扱説明書があれば、見ながら再起動などをしてみると直ることがあります。

蛇口や風呂釜の故障が原因のことも

給湯器に問題がなさそうなときには、蛇口や風呂釜の故障が考えられます。
台所など別の場所の蛇口からお湯が出る場合はお風呂のみのトラブルですが、全ての蛇口からお湯が出ないとなれば水道管そのものに原因があると考えられますので水道会社などに確認してみましょう。

原因がわからない場合は業者へ連絡を

お風呂のお湯が出ない原因のよくあるトラブル以外にも、年月の経過による劣化など素人には分かりにくいトラブルが原因となっていることもあります。
給湯器や蛇口などを確認してもおかしいところが見当たらなかった場合には、専門の業者へ連絡しましょう。

お風呂でよくあるトラブルについてご紹介いたしました。
今回ご紹介した2つのトラブルには簡単に解決できるものもありますが、故障や劣化が原因となって素人では解決できないものもあります。

トラブルが起きたら、まずは注意すべきポイントを確認して、少しでも「おかしいな?」と思ったときはすぐに業者に相談してみましょう。

2019-01-16

介護がしやすいお風呂にリフォームするポイント

日々の入浴を心や体を癒すリラックスタイムと捉えている方も多いのではないでしょうか?
「命の洗濯」とも呼ばれるお風呂ですから、誰しも快適に入浴したいもの。
ご家族に介護が必要な方がいる場合も、ストレスなく入浴してもらいたいですよね。また、介護をする側にとってもスムーズにお手伝いできるようなお風呂が理想的です。

今回は、介護がしやすいお風呂へリフォームするにはどんな点に気を配るべきかご紹介します。

入浴時の注意点

まずは、入浴時の注意点を確認しておきましょう。

転倒に注意

誰しも一度はお風呂の床で滑ってしまった経験があるのではないでしょうか。
お風呂の床はとても滑りやすいため、転倒しないように注意が必要です。
濡れている床はもちろんですが、泡が流しきれていないとさらに滑りやすくなるので気を付けましょう。

ヒートショック

ヒートショックとは急激な温度変化により血圧が大きく変動し、体に負担がかかる健康被害のことで、最悪の場合は死に至ることもあります。
特に冬場は脱衣所や浴室が冷え込むため、熱い湯が張られたお風呂に急に入るとヒートショックを起こしてしまう危険が高まります。
ヒートショックを防ぐには、事前に浴室や体をあたためておくなどの対策が必要です。

適切なリフォームで介護しやすいお風呂へ

介護しやすいお風呂
介護しやすいお風呂とは、バリアフリーであることはもちろんのこと、入浴される方の身体的状況に応じた工夫や利便性を高めたお風呂のことを指します。
リフォームする前に、まずは実際に利用する方の健康状態や現在の状況、今後予想されることなどをチェックしておきましょう。
ここではリフォームする際、特に気を配りたい点をまとめました。

浴室への移動・出入り

足元が不安な場合は浴室の段差をできるだけなくすのはもちろん、間口を広げて車椅子などでも入りやすくしたり、扉を引き戸にしたりといった工夫が大切です。
また、床の滑り止め施工や、手すりを設置すると安心です。

脱衣所・浴室の温度管理

急激な温度変化によって起こるヒートショックを防ぐためには、脱衣所や浴室をあたためておくことが大切です。
浴室暖房乾燥機などを取り入れ、入浴する前に脱衣所や浴室との温度差を減らしましょう。

浴槽の高さ

浴槽の縁が高いと、足が不自由な方が入浴の際に浴槽を跨ぐときや、もしくは介護者が体を支えて入浴させるときに大きな負担となります。
そうした状況が予想される場合は、浴槽を縁の低いものへリフォームしたり縦型の手すりを用意するなど、体を支える補助となるものを取り付けることをおすすめします。

介護のための浴室リフォームは、申請すれば各自治体から介護保険が支給されることがあります。
こうした制度も賢く利用して、介護しやすい快適なお風呂へのリフォームも検討してみてはいかがでしょうか。

2018-12-20

お風呂をもっと楽しむ! バスタイムに使える人気グッズ

お風呂にゆっくり浸かって過ごすバスタイムは、毎日の疲れを癒やしてくれる大切な時間です。
普通に入浴するだけでも充分リラックスできるかと思いますが、バスグッズを使えばよりお風呂の時間を楽しめます。
バスタイムをさらに特別な時間にしたい方は、ぜひ今回ご紹介するバスグッズを活用してみてください!

心も体もリフレッシュできるバスグッズ

お風呂に浸かって心も体もリフレッシュしたいときに使えるバスグッズは、さまざまな種類のものが販売されています。
ここでは、その中でも特に人気のバスグッズをご紹介いたします。

じっくりとお風呂が楽しめるバスピロー

近頃は浅めのバスタブが多く、体の力を抜き寝そべるようにお風呂に入っていると「首に負担がかかってつらい」という人も多いと思います。

そんな方にオススメしたいのがバスピローです。
その名の通りお風呂場で使える枕で、ネックピローのように首元を乗せて頭を支えるタイプのものや、枕タイプのものがあります。
首への負担を解消し、じっくりお風呂を楽しみたい方はぜひ利用してみてください。

キャンドルを置くように楽しめるバスライト

キャンドルのゆらゆらとした炎の光には癒し効果があるといわれていますが、光を求めるためにキャンドルをわざわざお風呂に持ち込むのは少し気を使いますよね。
しかし、最近では本物の火の揺らぎを忠実に再現できるキャンドル型のバスライトが人気を集めています。火を使わずスイッチをつけるだけで、キャンドルのような光の効果を安全に楽しむことができます。

キャンドル型以外でも、好きなアロマオイルを入れて香りを楽しめるバスライトや、プラネタリウムのように天井へ星空を投影してくれるバスライトもあります。
デザインや大きさ、機能も多種多様にありますので、ぜひ自分のお気に入りを探してみてください。

お風呂でゆっくり読書を楽しみたい方に便利なバスグッズ

お風呂でゆっくり読書
長時間の半身浴のお供として読書をしたいという方もいらっしゃると思います。
お風呂では、できるだけ本を濡らさず、湿気からも守りたいですよね。

本を濡らさず湿気からも守るには、お風呂に浮かべて使えるビニール素材のブックスタンドや、完全防水型のブックケースなどを利用することで読書が快適に楽しめます。

また、ブックスタンドだけでは足りないという方は、バスタブの幅に合わせて調節できるバスタブトレーが便利です。
バスタブトレーは小さな机のような形になるため、本だけではなくタブレットやスマートフォン、ちょっとした飲みものやおやつなども乗せられ、お風呂で長い時間を過ごす方には特にオススメです。

電子書籍で快適バスタイムも

お風呂に紙の書籍を持ち込んで、あやまって浴槽に落としてしまったという方もいらっしゃると思います。
そんな方には電子書籍もオススメです。

完全防水型タブレットやスマートフォンであれば、不注意で濡らしてしまった場合も、壊れたり汚れたりしないため安心して読書に励めます。
さらに機能によってはテレビや動画、音楽の再生も可能なので、自分の気分に合わせてゆっくりとしたバスタイムを過ごすことができます。

また、現在利用しているタブレットやスマートフォンがあれば、それを保護する防水グッズを利用してお風呂場に持ち込むことができます。
ただし、防水加工をしていない電子機器は湿気に弱いものも多いため、利用には注意しましょう。

便利なアイテムが次々発売されているバスグッズの中でも、特に人気の高いグッズをご紹介いたしました。
普段はシャワーで済ませているという方も、色々なバスグッズとともにのんびりバスタイムを楽しんでみませんか?

2018-12-13

寒い冬こそ見直そう! お風呂の節約方法について

寒い冬の時期は、熱いお風呂で体の芯まで温まりたいですよね。
それに伴い、夏場よりも高くなってしまうお風呂のガス代や水道代をできるだけ抑えるには、日々の心がけが大切になります。

今回は、お風呂の基本的な節約方法をご紹介いたしますので、確認してみてください。

浴槽の節約方法

まずは、浴槽に関する節約方法を確認しましょう。

浴槽にお湯を入れすぎない

お風呂にお湯をためるとき、浴槽いっぱいまで入れてしまっていないでしょうか?
お湯を浴槽いっぱいまで入れてしまうと水道代だけでなく、お湯を沸かすガス代も余計にかかってしまいます。
給湯器は、お湯を入れる水量を調整することができますので上手に使いましょう。
また、お湯をためるときは2ℓのペットボトルを3〜5本入れて水かさを増やすというユニークな方法もありますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

なるべく追い炊きは避ける

給湯器には便利な追い炊き機能がついていますが、使い過ぎるとガス代が高くなってしまうデメリットも。
家族の人数が多かったり、帰宅時間がバラバラでお風呂に入るタイミングが開いてしまうのは仕方がありませんが、なるべく追い炊きをせずに済むような工夫をしてみましょう。
なるべくお風呂の時間を家族で揃える、お風呂のフタを必ず閉めておくだけでも、お湯の保温に効果があります。
また、100円ショップなどで販売されている浴槽用保温シートをお湯の上に浮かべておくのも、追い炊きの回数を減らす効果が見込めます。

シャワーの節約方法

シャワーの節約方法
次に、シャワーにはどんな節約方法があるのか確認しましょう。

シャワーの使用時間を見直そう

シャワーを使っていないときにお湯を止めるのは勿論ですが、洗顔やシャンプーをしているときにお湯が流しっぱなしになっていないでしょうか。
シャワーの使用中も時間を決めて、時間内に全て洗い流す工夫をするだけでもガス代と水道代が大きく変わります。
つい長々とシャワーを浴びてしまっているという方は使用時間を見直してみましょう。

節水シャワーヘッドに交換する

シャワーヘッドを、節水シャワーヘッドに交換するのも節約に有効な手段です。
節水シャワーヘッドは、水が出る穴を小さくするなどして水量を抑える工夫がされており、使用する水の量が少なくなればその分節約できます。
家電量販店などで安価なものも販売されており、気軽に試せるのも魅力です。

そのほかにも、お湯の設定温度を少し下げたり、なるべくシャワーを使わず浴槽のお湯で体を流すなど、少しの工夫が節約に繋がりますので実践してみましょう。

今回ご紹介した方法はお風呂の節約の基本ですが、つい見落としていたという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

お風呂の節約は、日々の心がけの積み重ねが一番大切です。
家族にも節約意識を持つようにしてもらいながら、ひとりひとりができる無理のない範囲から始めてみてくださいね。

2018-11-21

お風呂のリフォーム時に検討するべきポイントとは?

新築のころはキレイで便利だったお風呂も、長年使っていると徐々に汚れや不便さが目立つようになってきますよね。

お風呂は毎日の生活にとって、とても大切な時間です。
理想的なバスタイムを過ごせるよう、リフォームしたいとお考えの方も多いかと思います。

今回は、お風呂をリフォームするときに検討するべきポイントについてご紹介いたします。

お風呂をリフォームする目的を考えよう

お風呂のリフォームは、まず「何を目的にリフォームするのか」という点を考えるところからスタートします。

リフォームを考えるきっかけとなる代表的な例には、「浴槽のひびや汚れが目立つようになった」など、設備が壊れてきたり劣化したりといったケースがあります。

そのほかにも、「水が流れにくくカビが発生しやすいのを改善したい」というケースや、「断熱性が悪く、冬場などに浴室がすぐに冷えてしまうのが気になる」というケースも多いです。

「浴室を綺麗にする」という漠然としたイメージだけでなく、具体的にどこをどう改善したいか考えてリフォームの内容を選びましょう。

お風呂のリフォームにはどんなものがある?

お風呂をリフォームにはさまざまな方法や種類があります。

浴室全体をリフォームする場合には、「在来工法」「ユニットバス」「ハーフユニットバス」という3種類の方法があります。
また、リフォームの際に浴室暖房機を追加するという方もいらっしゃいます。

在来工法

在来工法は素材やデザインなど、1からオリジナルで全てリフォームできる方法のことです。
デザイン性にこだわりたい方にはおすすめですが、費用はそれなりかかります。

ユニットバス

ユニットバスはあらかじめ工場で作られた浴室を、そのまま現場で組み立てて使用するというものです。
選べる種類こそ限られていますが、機能性の面ではとても優れていて、断熱性・防水性もばっちりです。

ハーフユニットバス

在来工法とユニットバス、両者を組み合わせた「ハーフユニットバス」という方法です。
機能性が重要な床や浴槽についてはユニットバスで、デザイン性を重視したい壁などについては在来工法というように、双方のいいところを取り入れた今注目のリフォーム方法です。

浴室暖房機を追加する

浴室の断熱効果を高め、冬場にお風呂が冷えてしまうのを防ぎたいという場合は、断熱材や浴室暖房機を追加するという方法があります。
浴室暖房機を使うとどれくらいのコストがかかるのか、断熱材にはどんな素材が合っているかなどがありますので、予算やライフスタイルに合わせて取り入れていきましょう。

ライフスタイルに合ったお風呂のリフォームを!

お風呂のリフォーム
お風呂は家を建てた当時は最新の機能を備えていても、年々古い型になってしまうため、現在の一番新しいものと比べると性能の差も出てきます。

また、使用する人の年齢や家族構成によっても、どんなお風呂が使いやすいのか、少しずつ変わっていきます。

そうは言っても、新しいお風呂での生活がイメージつかない方も多いと思います。

その場合は、ショールームなどで最新のお風呂に触れてみたり、予算やこだわりなどを専門の業者に相談するなどして、ライフスタイルに合ったデザインや機能の提案を受けることをオススメします。

Category

給湯器・お風呂に関するおすすめ記事

知る・学ぶ

今まで知らなかった給湯器にやお風呂に関する豆知識やタメになる情報をご紹介しています。

健康・生活

給湯器とお風呂の使い方で、健康や生活に役に立つ情報をご紹介しています。

ECO・節約

お得に給湯器やお風呂を使う方法や、エコになる情報をご紹介しています。

Ranking

1

食前?食後? お風呂に入るオススメのタイミングとは

2

気分すっきり! 朝シャワーのメリットと注意点を確認しよう

3

お風呂上がりにオススメの飲み物とは?

4

お風呂の残り湯を上手に活用しよう

5

飲酒後のお風呂が危険な理由とは?

About

about

”910 Magazine”とは?

給湯器とお風呂をメインに、お湯に関する情報を発信する無料のウェブマガジンです。

TOP