給湯器の寿命・故障のセルフチェック Selfcheck

給湯器の寿命・故障のセルフチェック

一般的に、給湯器の寿命は10年ほどといわれています。
10年経ったからといってすぐに故障するわけではありませんが、経年とともに基盤や熱交換器といったパーツが徐々に劣化し、給湯能力が落ちていくことがほとんどです。

できる限り長く使いたい給湯器ですが、「これって故障?」「そろそろ寿命かな?」と不安になったときや、給湯器の不調を前もって把握しておくためにも、以下の項目について定期的なセルフチェックをおすすめいたします。

給湯器セルフチェック項目

Check1お湯の温度は安定していますか?

設定した温度のお湯が出ない、急に暑くなったり冷たくなった湯温が安定しない場合は、故障や寿命の前触れかもしれません。

Check2熱いお湯は出ますか?

お湯の設定温度を高くしてもぬるい温度のお湯しか出ないという症状は、給湯器本体の劣化や故障や寿命を疑っても良いかもしれません。
但し、サーモスタット式の混合栓を使用している場合、給湯器では無く混合栓自体の故障の場合ということもあります。

Check3異音・異臭はしませんか?

例えば、ファンの音が普段よりも異常に大きくなってきたり、普段しない異臭がするようになってきた場合は、給湯器の寿命や故障の可能性があります。

Check4煙が出ていませんか?

お湯を作る際に出る白いものは水蒸気なので心配いりません。
しかし、黒い煙が立ちのぼっている場合は不完全燃焼している可能性が高く、そのまま利用し続けるのは非常に危険な状態です。

給湯器に上記のような症状が出たら早めに修理、または交換を依頼するようにしましょう。
10年以上経過した給湯器は、交換も視野にいれておくと良いかもしれません。

Contact

ご質問・お見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

0120-048-222

365日迅速対応可能

TOP