お風呂(浴室)のサイズ Size of bath

バスリフォームを考える際に、まず気になるのはお風呂のサイズではないでしょうか。
そもそも、ご自宅の浴室サイズがわからないという方も多くいらっしゃいます。

当社スタッフが現地にお伺いし、きちんとサイズを測りお見積もりをさせていただくことも可能ですが、まずはご自身で目安を知っておきたいという方のために、浴室のサイズについて解説いたします。

浴室サイズの測り方

井戸ポンプドットコム サイトイメージ

浴室のサイズは、浴室の内寸となる壁の横幅と奥行きを計測していただくことでだいたいの目安がわかります。

現在バスリフォームの主流となっているのは、ユニットバス(システムバス)へのリフォームです。
各メーカー様々なユニットバスを作っていますが、カタログ等には「1418」や「1618」などの4桁の数字が書かれていることがあります。

これは、現在お風呂の主流になっているユニットバス(システムバス)の内寸をあらわす数字です。
最初の2桁は内寸の短辺を、末尾2桁は長辺をあらわしています。「1418」なら、浴室の広さは140cm×180cm(0.75坪)ということになります。

バスリフォーム可能なサイズ

お風呂のリフォームを考える際に、まず気になるのは「今までのお風呂に、新しいユニットバスは入るのだろうか?」ということではないでしょうか。
現在、各メーカーともに10cm単位で様々な寸法のユニットバスを製造しているため、長方形・正方形の浴室であればほとんどが対応可能とお考えいただいて問題ないといえるでしょう。

多少サイズが違っていても、設置スペースに比べてユニットバスの方が小さければ、一般的には費用も工事時間も抑えることが可能です。

ユニットバスが利用できないお風呂のサイズ・形の場合や、浴室の壁や床だけをリフォームしたいなどという場合でも、パネル工法という形でリフォーム対応させていただくことも可能です。

浴槽(バスタブ)サイズの目安は?

井戸ポンプドットコム サイトイメージ

浴室内の広さはもちろん、浴槽(バスタブ)の大きさも重視される方も多いかと思います。
身長180cmくらいまでの方が快適に入浴するためには、浴槽の長辺が160cmあれば十分に足を伸ばして入浴していただけるかと思います。

一般的な戸建でよく利用されているサイズは、1216サイズ(0.75坪)や1616サイズ(1坪)、1620サイズ(1.25坪)になりますので、ご参考になさってみてください。

最適なお風呂の広さとは

リフォームの場合は、既存のお風呂のスペースに左右されるため、ご希望通りのユニットバスサイズを選べないこともあるかもしれません。
しかし、お風呂のサイズを選べる場合は、用途や目的に応じて選んでいただくと良いかと思います。

戸建のお客様に最も人気のサイズは1616サイズ(1坪)です。
もっと広い1620サイズ(1.25坪)は、ご家族が多くお子さんと一緒に入浴されることが多い方や、車椅子でお風呂を利用されるなど介護を必要とされる方が選ばれることが多いです。

ただ、広さがあるとことによって、以下のようなデメリットも生じます。

まずはお風呂に何を求めるのかを事前にご家族で話し合っていただくことが、快適に使えるバスリフォームの第一歩になるでしょう。
我々もお風呂の広さについてのアドバイスをはじめ、最適なバスリフォームを実現するためのお手伝いをさせていただきます。
お風呂のリフォームをご検討の際は、どんなことでもお気軽にご相談ください。

Contact

ご質問・お見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

0120-048-222

365日迅速対応可能

TOP