給湯器修理・交換それぞれのメリット Merit

給湯器修理・交換それぞれのメリット

給湯器の故障・不具合は突然起きることが多いもの。お風呂やシャワー、キッチンや洗面所でお湯が必要なときにお湯が使えないのは困ってしまいますよね。

給湯器が壊れたときに、修理の方が良いのか、交換してしまった方が良いのか迷われる方もいらっしゃるかと思います。
ここでは給湯器の修理と交換について、それぞれのメリットについてご案内いたします。

給湯器「修理」のメリット

給湯器の状態によっては交換ではなく「修理」にて対応することも可能です。
配管等をいじる必要がないため、給湯器の部品在庫があれば当日修理が完了するケースもあります。

また、まるまる交換するよりも多少費用が抑えられるため、価格・スピード重視の方には良いかもしれません。

但し、ご使用の給湯器の年数がある程度経過していると、修理したくても対応部品がメーカー欠品していることがあります。
仮に対応部品があって修理できたとしても、その先の寿命があまり長く無いことが考えられるため、実際は修理可能なケース(修理によるメリットが感じられるケース)というのは少ないのが現状です。

メリット:修理で済むなら交換するより工事が早く、安く済む!

給湯器「交換」のメリット

給湯器の寿命は、一般的に10年程度といわれています。
10年が経過したからといって、すぐに故障するわけではありませんが、新品当時に比べ部品等が経年劣化している以上、給湯能力の低下は否めません。
修理ではなく交換することで、給湯能力が復活し快適な状態でお湯を利用できるようになります。

また、給湯器も進化しているためエコジョーズなどの効率の高い給湯器が登場しています。設置場所や利用状況によっては、修理するよりも新しい給湯器に交換した方が、交換費用を回収できるほど光熱費が圧縮できたなど、結果として後々お得になるケースもございます。

メリット:スムーズな給湯が可能になり、月々の光熱費が安くなる!

当社では給湯器に関するご相談を365日、緊急対応も受け付けておりますので、お困りの際はまずはご連絡ください。

Contact

ご質問・お見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

0120-048-222

365日迅速対応可能

TOP