ECO・節約

2018-09-28

お風呂の残り湯(水)の洗濯以外の使い道や上手な活用術

お風呂に入った後の大量の残り湯、どうにか再利用して水道代を節約したいと考えている方は多いのではないでしょうか?
洗濯で使うのは定番ですが、実はほかにも使い道やお得な再利用方法があります。

今回は、残り湯の再利用方法と利用の際の注意点をまとめました。
ぜひ参考にしてお風呂の残り湯を活用してみてください。

1年間で浴槽に溜める水の量はどのくらい?

まず浴槽に溜める水の量が、年間でどのくらいになるのかを知っておきましょう。

一般的な家庭では、約200リットルの水が入る大きさの浴槽が使用されている事が多いです。
そのため、1年間365日、毎日浴槽に新しい水を溜めてお風呂に入ったとすると、その量は200リットル×365日=73,000リットルとなり、1年間に73,000リットルもの水を利用している事になります。

さらにこれを水道料金に換算すると、年間でなんと1万円以上になります。
これだけの水の量を上手く再利用できれば、大きな節水・節約になりますね。

お風呂の残り湯を再利用する方法


それでは、お風呂の残り湯にはどんな再利用方法があるのでしょうか。
具体的な方法をいくつか紹介したいと思います。

洗濯・掃除で再利用

洗濯での利用は定番ではありますが、冷めて常温になった残り湯ではなく、お風呂から上がったあと、まだお湯が冷めないうちに洗濯に使用すれば、より衣類の汚れが落ちやすくなります。
これは、水よりもお湯の方が、衣類に付いた皮脂汚れを浮かす効果があるからです。

また、お風呂掃除やトイレ掃除、床や壁などの拭き掃除でも残り湯は活用できます。
新しい水を使用しなくても汚れを十分綺麗に落とすことができますよ。

植物の水やりで再利用

植物への水やりにもお風呂の残り湯が活用できます。
特に自宅でガーデニングや家庭菜園などをしている方は、大量の水が節約できるため、とても経済的です。
また人間の皮脂や汚れが混じったお風呂の残り湯は、実は植物にとっては高い栄養分になります。
ただし植物は、お湯に弱い種類も多いので、お湯を冷まして常温にした状態で使用しましょう。

車やバイクの洗車で再利用

車やバイクの洗車にも残り湯が役に立ちます。
洗車には大量の水を使用しますので、最初に残り湯と洗剤を使い、汚れを落とし、最後に新しい水を使って綺麗に洗い流すだけでも節約になります。
また、寒い季節、車のフロントガラスに出来た霜を溶かす際に、お風呂の残り湯を使う事も出来ます。

お風呂の残り湯を再利用する注意点

お風呂の残り湯の再利用には、いくつか注意が必要な点もあります。
よく確認して、上手に活用していきましょう。

丸一日経った残り湯は使わない

入浴後、丸1日経った残り湯の使用は控えましょう。
人間の皮脂や汚れが入った残り湯は、時間がたつほど細菌が増えていきます。
また、追い炊きをすれば細菌は死滅するといわれていますが、実際は40度ほどのお湯で死滅する菌は極めて少ないといわれています。
さらに、細菌の繁殖を防ぎたい方は、入浴後に重曹や炭酸ソーダを入れましょう。水がアルカリ性となり細菌の繁殖を抑えることができます。

洗濯では「すすぎ」に使用しない

洗濯でお風呂の残り湯を使ったところ、洗濯ものが臭くなってしまった、という方もいらっしゃるかもしれません。
実は、洗濯ものが臭くなる原因のほとんどが、「すすぎ」工程まで残り湯を使用しまう事なのです。
「すすぎ」まで残り湯を使用してしまうと残り湯にいる細菌が、洗濯物に移り、臭う原因となります。
そのため、残り湯で洗濯する際は「洗い」のみに使用し、「すすぎ」には新しい水を使用する事が臭いを起こさないポイントになります。

入浴剤入りの残り湯に注意

お風呂に入れる入浴剤は、さまざまな成分が入っています。
そのため、再利用する際には注意が必要です。
例えば植物への水やりに入浴剤が入った残り湯を使ってしまうと、枯れてしまう事があります。
特に着色された入浴剤が入っている場合は、植物には使えませんので注意しましょう。

お風呂の残り湯を上手に活用するには

最後にお風呂の残り湯をできるだけ綺麗で温かい状態に保つ簡単な工夫をご紹介します。

湯船は身体を洗ってから入る

湯船に浸かる前には身体をしっかり洗って汚れを落としましょう。
最初に身体の汚れを落とすだけで、細菌が少ない綺麗な残り湯になります。

髪の毛や垢は取り除きましょう

お湯に髪の毛やゴミがあったら軽く取り除いておくだけでも、細菌の増殖を抑えることができます。
また、湯船に浮かんでいる垢は放置せず、市販の「お風呂ネット」使用するなどして取り除くようにしましょう。

お湯を冷めにくくするために

お風呂の残り湯をなるべく熱い温度で再利用するために、入浴後は浴槽のフタをしっかり閉め、お湯が冷めにくくしておきましょう。
また入浴後のまだお湯が温かいうちに、すぐに使用してしまうのもよいでしょう。

まとめ

お風呂の残り湯は、いくつかの注意点を守り、上手に活用すれば、大きな節水・節約となります。

さらに洗濯や拭き掃除では、新しい水よりも温かい残り湯の方が汚れを落とす効果が大きく、日々の家事の時間も節約することができますよ。

お風呂の残り湯を上手く再利用して、お得な生活を送ってみてはいかがでしょうか。

給湯器の故障・販売・交換で
お困りの方へ

給湯器のトラブル・お悩みを迅速解決いたします!
給湯器の販売、給湯器新規取付、給湯器故障時の交換、修理対応、その他トラブル対応を、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で承っております。

給湯器のサイトはこちら

お風呂のリフォームを
ご検討中の方へ

お風呂に関するトラブル・お悩み解決いたします!
システムバスへの交換をはじめ、ご要望に応じたバスリフォームを、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で迅速に行ないます。

お風呂リフォームのサイトはこちら

Recommend

給湯器・お風呂に関するおすすめ記事

2024-02-28

季節の変わり目に注意?! 「春バテ」のケアにおすすめの入浴方法

季節の変わり目には「何となく身体がだるい」といった不調を感じる方も多いのではないでしょうか?
寒暖差の激しい春先は自律神経が乱れやすく、いわゆる「春バテ」の状態に陥ることがあり、疲れやすい、首・肩こり、気分の落ち込みなど様々な症状の原因となるため、この時期は規則正しい生活習慣はもちろん、ゆっくりとお風呂に浸かってケアするのも大切です。
そこで今回は、春バテの原因や、予防や対策におすすめの入浴方法についてご紹介します。

春バテの主な症状と原因とは

「春バテ」は医療用語ではありませんが、その名の通り春先に心身の不調を感じることを指します。
主な症状は、身体がだるい、気分の落ち込み、イライラ、疲れやすい、不眠、食欲がない、頭痛や首・肩こりなど多岐にわたり、仕事や学校を休むほどの体調不良とはいかないまでも、不快な症状が長引くと新たなストレスにつながるので注意が必要です。

季節の変わり目に起こりやすいこのような症状は、自律神経の乱れによるものと考えられており、寒暖差の激しい春先は心身ともに影響を受けやすいといわれています。
自律神経は内臓や血管など、体中の器官のコントロールを司る働きがあり、日中と夜の寒暖差が激しいと切り替えが追いつかずバランスが乱れてしまうのです。
また春は就職や進学など新たな生活が始まる時期でもありますので、環境の変化にストレスや疲れを感じやすくなり、上記のような症状の原因につながることがあります。

このほかにも人によって様々な要因が関係している場合もありますが、大きく分けて寒暖差の激しい季節であることと、環境の変化が原因となっている傾向がよくみられるので、まずこの時期は心身の不調を感じる人が多いという認識を持つようにすると気持ちも楽になるのではないでしょうか。

春バテ対策にはお風呂で温まるのが効果的?

春バテを予防するには自律神経を整えることが大切なポイントとなります。
なかでもお風呂に入って身体を温める方法は、有効な対策の一つとして知られているのでぜひ実践してみてください。

お湯の温度は38度から40度くらいのぬるめに設定し、15分から20分ほどを目安に入浴すると身体の芯までじっくり温めることができ、自律神経が整ってリラックスすることができます。シャワーではこのような効果は得られないので、ゆっくりとお風呂に浸かりましょう。入浴のタイミングは就寝前がおすすめです。

お風呂で身体を温めるのは単純な方法に思えるかもしれませんが、温まることで血流が改善され、ストレス状態が緩和されて自律神経のバランスが整えられます。
ただし熱すぎるお湯になるとかえって興奮状態となってしまうため注意が必要で、お湯の温度はあまり高すぎない方が春バテの予防や改善に効果的です。
また半身浴でも効果は得られますが、特にお腹をしっかり温めるように意識しましょう。

なお、入浴中にもしも体調が悪くなった場合は無理して入り続けないようにしてください。

入浴剤を活用して春バテ予防をより効果的に

お風呂に入って春バテをより効果的に予防するには、入浴剤を活用するのもおすすめです。
毎日忙しくてゆっくり入浴する時間が取れない場合でも、入浴剤を使うことで短時間でも春バテ改善の効果が期待できるので便利です。

なかでも炭酸ガスが入った入浴剤は皮膚から吸収して温熱効果を高め、血管を拡張して血行を促進する効果があることで知られています。炭酸ガスが濃いものや、ラベンダーの香りがするものなど、様々な商品が販売されているので自分に合ったものを選びましょう。
ただし入浴剤を入れてから時間が経つにつれて炭酸ガスは徐々に抜けていくため、最大限に効果を得るためにはお湯に入れてからすぐに入浴し、遅くとも2時間以内には済ませるようにしてください。

このほかにはリラックスさせる効果があるアロマバスも春バテ対策に活用されています。ラベンダーやネロリ、カモミール・ローマンなど種類も幅広いので自分に合ったものを選びましょう。

取り入れやすい方法で春バテ対策をしよう!

身体を温めて自律神経を整える方法としては、入浴以外にも手袋やアームウォーマー、カーディガンやストールといったファッションアイテムを上手に利用して、首や足首、手首などを温める方法があります。また就寝前に40度くらいに温めた蒸しタオルを目元に当てる方法は手足も温められて入眠しやすくなります。

このほかには生活リズムを整える、睡眠をしっかりとる、ウォーキングなど無理のない範囲で適度な運動をする、栄養バランスが良い食事を心がけるといった方法も、入浴と同様に自律神経を整えるための基本的なポイントとなります。寝る前にストレッチを行うのも効果的です。

取り入れやすい方法で春バテを予防し、元気に気持ちよく春を過ごしましょう!

2024-02-21

子供と過ごすバスタイムをもっと楽しく! おもちゃ選びのススメ

お風呂用のおもちゃは、子供とのバスタイムを楽しく過ごすのに欠かせないアイテムです。子供に人気のキャラクターや知育おもちゃなど、さまざまな種類のおもちゃが販売されています。
たくさんの選択肢があるのはいいことですが、一方でどんなおもちゃを選べばいいか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか?
そこで今回は、お風呂で遊べるおもちゃの選び方や、おすすめのおもちゃについてご紹介します。

お風呂でのおもちゃを使った遊びにはメリットもある?

子供と一緒のお風呂には、バスタイムを楽しいものと思ってもらうためにもお風呂用のおもちゃが欠かせません。
毎日忙しく過ごしている親御さんからすれば、おもちゃで遊んだりせずにさっさと体を洗って上がってしまいたいと感じるときもあるでしょう。
ですが、お風呂でおもちゃを使って遊ぶことにはメリットもあります。

お風呂でおもちゃを使うメリットは、第一に子供のお風呂に対する苦手意識や抵抗を減らせる点にあります。
個性や好みはお子様によってさまざまですが、なかにはお風呂を嫌がる、お風呂に入れてもすぐに出たがるような子もいます。
お風呂が苦手な子でも、お気に入りのおもちゃで遊べるとなれば話は別。
おもちゃで遊ぼうと誘いながらバスタイムを過ごすことで、抵抗感を次第に減らしていくことができます。

またおもちゃでの遊びは、子供との密なコミュニケーションにもつながります。
普段仕事が忙しく子供と一緒に過ごす時間をゆっくり取れないという方でも、のんびりとお風呂に入って一緒におもちゃで遊べば、不足しているコミュニケーションを補うことができるでしょう。

そしておもちゃを使った遊びは、ただ楽しいだけではなく子供の知育に役立てることもできます。
カラフルなおもちゃを使って色の勉強をしたり、手指の使い方を覚えて手先の器用さを養ったりと、ただ子供が楽しんでくれるというだけではないメリットを得られるのです。
お子様の年齢によっては「おもちゃで遊びながらお風呂に入るなんて子供っぽすぎるかも」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ぜひバスタイムの楽しさとそのメリットに目を向けてみてください。

お風呂で使うおもちゃの選び方

せっかくおもちゃを用意しても、子供が気に入るものでなければ遊びには使ってもらえません。
また扱いが難しいおもちゃだと、メンテナンスが面倒で次第にしまっておくばかりになってしまうことも。
ここでは、お風呂で使うおもちゃを選ぶポイントについてご紹介します。

子供の年齢に合わせておもちゃを揃える

子供の年齢によって、好きなおもちゃや遊びの種類は変わります。
数年での買い替えはもったいないと感じることもあるかもしれませんが、ぜひ年齢に合わせてこまめに買い替えてあげてください。

例えば0歳から1歳の小さなお子さんには、大きくカラフルなおもちゃがおすすめです。
サイズが大きければ誤飲のリスクが減りますし、小さな子の視力でもカラフルで華やかな色合いのおもちゃならしっかり視認できて興味を持ちやすいです。
気になる物を叩いたりさわったりして遊ぶことが多いので、ボールなどシンプルな形で壊れにくいものがいいでしょう。

2歳から3歳になると赤ちゃんの頃よりも手先が上手く使えるようになってきますので、指を使っていじって遊べるおもちゃがおすすめです。
つまむ、ひねる、すくうといった少々複雑な動作で遊べるおもちゃだとお子さんにも満足してもらえるはずです。
4歳以上の年齢の子には、文字や数字などを学びながら遊べるおもちゃがぴったりです。
この年頃からは新しい知識を吸収したいという意識が強くなってくるため、好奇心や知識欲を刺激してくれるようなおもちゃを選びましょう。

利便性がいいものを選ぶ

おもちゃ選びで重要なのが、取り回しが簡単なものを選ぶことです。
片付けや掃除、お手入れのしやすさは、おもちゃを長く遊ぶ上でとても大切なポイント。
子供がどれだけ気に入っていても、大人が無理なく扱えるおもちゃでなければ長い間使い続けるのは難しいです。
特にお風呂で使うおもちゃは水に濡れることが前提なので、水がたまりやすくお手入れが面倒な形状のもの、細かいパーツが多く片付けや掃除が大変なものなどはできるだけ避けるのが無難です。

どれだけ大切なおもちゃであっても、子供にとって丁寧に扱うのはとても難しいこと。
叩いて遊んだり手をすべらせて床に落としてしまったりと、乱暴な扱いを受けても壊れない丈夫なものであることも長く使えるおもちゃの重要な条件です。
お風呂の床に物を落とすと音が高く響いてしまうことも多いので、できれば床など硬いものにぶつけても大きな音が出にくい素材のおもちゃがおすすめです。

STマークがついているかチェック

STマークとは、日本玩具協会が定めている安全基準を満たしているおもちゃについているマークです。
子供が手に取って遊ぶおもちゃの安全性は何よりも重要なポイント。
STマークのついている安全なおもちゃかどうか、購入前にしっかり確認しておきましょう。

楽しく安全なおもちゃで素敵なバスタイムを過ごそう!

子供にとって、お風呂は面倒で大変な日課のひとつでもあります。
お風呂への苦手意識を払拭してくれるおもちゃは、親子のコミュニケーションを密にする意味でも、子供を健やかに育んでいくためにも便利なアイテム。
楽しく遊べて安全なおもちゃを用意して、親子で素敵なバスタイムを楽しみましょう!

Category

給湯器・お風呂に関するおすすめ記事

知る・学ぶ

今まで知らなかった給湯器にやお風呂に関する豆知識やタメになる情報をご紹介しています。

健康・生活

給湯器とお風呂の使い方で、健康や生活に役に立つ情報をご紹介しています。

ECO・節約

お得に給湯器やお風呂を使う方法や、エコになる情報をご紹介しています。

TOP