Changes Life.

快適な暮らしは「水」から始まる。

給湯器・井戸ポンプ・バスリフォームの
エキスパートカンパニー

アイエフテクノサービス株式会社は、ご家庭・企業でお使いの給湯器・井戸ポンプの販売・交換・設置工事・修理やバスリフォーム等に特化した水周りのエキスパートカンパニーです。
千葉県・茨城県を中心に、東京都、埼玉県、神奈川県、栃木県エリアにて、お客様のご希望・ご要望に添う形で、ご満足いただける高品質なサービスをご提供いたします。

Service アイエフテクノサービスが提供するサービス

給湯器 給湯器 Water Heater
  • お湯の出が悪い、お湯が出なくなった
  • お湯の温度が不安定
  • 追炊きができない、など

給湯器のトラブル・お悩みを迅速解決いたします!
給湯器の販売、給湯器新規取付、給湯器故障時の交換・修理対応、その他トラブル対応を、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で承っております。

バスリフォーム バスリフォーム Bath Reform
  • お風呂の浴槽がヒビ割れてきている
  • お風呂のタイルが割れてきた
  • 冬場はすぐにお湯が冷めてしまう、など

お風呂に関するトラブル・お悩み解決いたします!
システムバスへの交換をはじめ、ご要望に応じたバスリフォームを、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で迅速に行ないます。

給湯器 井戸ポンプ Well Pump
  • 井戸ポンプが回らない、回らなくなった
  • 漏電、水漏れした
  • 井戸ポンプから異音がする、など

井戸ポンプに関するトラブル・お悩み解決いたします!
井戸用ポンプの販売、故障時の交換・修理、新規井戸掘り工事、地下水
水質改善、その他対応を、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で迅速に行ないます。

Column 給湯器や井戸ポンプのお役立ち情報

910 Magazine

大人気! サウナの歴史と期待できる効果とは?

近年、老若男女問わずブームとなっている「サウナ」。健康ランドや銭湯などで欠かせない設備の一つとして大人気のサウナは、非常に健康によいことで知られ水風呂と交互に入るのが定番となっています。
しかし、サウナが具体的に健康にどのような効果を及ぼすのかご存知ない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、サウナの歴史や健康への効果などについてご紹介します。

サウナ発祥の地はフィンランド?!

現在日本でブームが到来している「サウナ」の発祥の地は、北欧の国フィンランドといわれています。すでに1000 年以上の歴史があるとされており、フィンランドでは日本のお風呂のように各家庭にサウナが普及しています。

まさにサウナ大国ともいえるフィンランドですが、その一方で日本国内にサウナが普及したのは1964年の東京オリンピック後とされています。当時フィンランド選手団が来日した際、拠点となった選手村にサウナを持ち込んだことが話題となり大きな注目を集めました。

そして、高度経済成長期に伴って国内にサウナが一気に拡大し、現在では健康ランドや銭湯をはじめ、スポーツクラブや宿泊施設などでも広く親しまれるようになりました。
また、昔は中高年の男性が好むイメージが強かったサウナですが、現在はSNSなどがきっかけとなってより多くの方から人気を集め、リフレッシュとしてだけでなく美容の観点からも改めて注目を集めています。

サウナの様々な健康効果とは?

サウナの様々な健康効果とは?
それでは、サウナには具体的にどのような健康効果があるのかみていきましょう。

血行がよくなって肩こりや腰痛の改善に?!

サウナに入ると高温の室内で身体が温められることで、血管が拡張され血行がよくなります。心拍数が上がり体内の血行が促進されることで、血液が流れにくくなるのが原因となって起こる肩こりや腰痛の改善に効果があります。
さらに、むくみの解消や冷え性の改善などに効果的なほか、汗と一緒に疲労物質が流れ出てリラックス効果が高まり、日頃の疲れを取りやすくしてくれます。

汗を流して美肌効果!

サウナに入ってたくさん汗をかくことで、毛穴に詰まった皮脂や汚れ、老廃物も一緒に流すことができます。これらは肌荒れや吹き出物の原因となることが多い成分ですので、サウナに入って適度に汗を流すだけで美容に効果があるといえるでしょう。
また、サウナに直接ダイエット効果があるわけではありませんが、老廃物を流して代謝がアップすると「痩せやすい体質」を作ることに繋がります。

身体の免疫力がアップ?!

サウナに入ると、体内の細胞に熱が加わることでタンパク質が損傷します。そして、それと同時に「ヒートショックプロテイン」と呼ばれるタンパク質が作られます。このヒートショックプロテインには細胞の再生を活性化させ、病気などから守る身体の免疫力アップに効果が期待されています。

そのほかにも、低血圧の改善やストレス・不眠の解消などサウナには様々な効果があります。

サウナの効果をさらに上げる方法と注意点

サウナの入り方は人それぞれ気分や体調に合わせてお好みですが、最もポピュラーな方法としては、まずサウナに10分前後入って身体を温めたあと、シャワーで汗を流してから1分ほど水風呂で冷やし、外気を浴びるなどして5分程度の休憩を挟みます。この流れを2〜3回繰り返すことで血行が促進され、効果的に疲れも取れて気分よくリラックスできることと思います。
なお、上記の方法はあくまで目安となりますので、サウナに入るときは無理をせず自分のペースで楽しみましょう。

また、サウナに入る前は必ず身体をしっかりと洗って、タオルで水気を拭き取るのがマナーです。毛穴の汚れが落ちて汗をかきやすくなりますので、より効果が期待できます。サウナに入っているときにかいた汗もこまめに拭き取って、効率的に汗を流すのがポイントです。

そして、脱水症状の危険を避けるためにもこまめに水分補給をし、休憩の際にはのぼせたり体調が悪くなっていないかしっかり確認するようにしてください。
入浴と同様にお酒を飲んだあとのサウナはもちろんNGですが、食後すぐも消化が悪くなり身体によくないといわれていますので避けた方がよいでしょう。

まとめ

サウナの歴史や健康への効果などについてご紹介しました。
現在は従来のドライサウナに加えて、女性に人気のロウリュやミストサウナ、塩サウナや低温サウナなど様々なタイプのサウナがありますので、色々試してご自分に合ったものを選び日頃の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

910 Magazine

夏のお風呂の適温は? 暑い季節にオススメの入浴法

暑くてジメジメした日本の夏。この時期はお風呂に入るのがどうにも億劫で、ついシャワーだけで済ませたくなってしまう方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
しかしその一方で、暑い季節でもしっかり入浴することは体調管理する上で欠かせません。とはいえ、夏は気温が高いため、お風呂の入り方にも他の季節とは違った気配りが必要です。

そこで今回は、夏の暑い時期に入るお風呂のオススメの温度や入浴法についてご紹介します。

お風呂が夏バテ予防にもなる?!

気温が高く、汗を多くかく夏。こんな時期に熱いお湯に長くつかっていると、「疲れてしまいそう」と入浴を敬遠する人も多いのではないでしょうか。
しかし実は、シャワーで済ませずに適切な温度で入浴する方がずっと身体には良い効果があるのです。

入浴には、もともと疲労の回復を早める効果があると言われています。お湯につかって身体を温め、血行を良くすることで疲労物質の排出を促してくれるためです。夏場でもその効果は変わらないので、疲れたときこそきちんと入浴することが大切です。
また、暑い時期に起こりやすい「夏バテ」にも入浴は効果的です。夏バテと呼ばれる夏特有の身体のだるさや疲れは、暑さによる睡眠不足や食欲減退による栄養不足、汗をかくことによる水分やミネラルの不足など、さまざまな要因が複雑に絡み合って起こります。

複数ある要因の中のひとつに、屋外の暑さと空調の効いた屋内の涼しさ、こうした極端な温度差のある場所を毎日行き来することで体温を調節する自律神経が乱れてしまうということが挙げられます。自律神経が乱れることで、いろいろな面での体調不良が起こるんですね。
そして自律神経のバランスを整えるためには、全身の血行を良くすることが大切です。そのためには、お風呂につかって身体をしっかり温めるのが効果的なのです。

入浴を習慣化できれば疲労から回復しやすい体質への変化も期待できるため、疲れたときにだけお風呂につかるのではなく、できるだけ毎日入浴するのがポイントです。

夏のお風呂の適温とオススメ入浴法は?

夏のお風呂の適温とオススメ入浴法は?
入浴の温度の好みは人それぞれですが、なかには熱い温度のお風呂を好まれる人もいます。一日の終わりに熱いお風呂につかり、リフレッシュするのが楽しみという方も多いのではないでしょうか。

確かに熱い温度のお風呂には、気分を高揚させリフレッシュできるという効果が期待できます。ですが同時に、長く入浴しすぎると血管や心臓などに負担がかかってしまうことも。
また、熱中症のリスクも無視できません。入浴中は体温が全体的に高くなり、さらに夏バテで入浴中の体温調節が上手くいかなくなっている場合には、熱中症や脱水症状を起こすリスクが高くなります。

そのため熱いお風呂につかるのは気分が良いものですが、健康上のリスクを考慮すると夏場はぬるめの温度で入浴する方が安心です。具体的には38度以下の温度のお湯で半身浴をするのがオススメ。肩までお湯につかる全身浴と比べて、心臓への負担も少ない半身浴は暑い夏にはぴったりです。

半身浴は上半身が冷えてしまうようにも感じられますが、20分から30分ほどつかることで全身くまなく温まり、血行も良くなります。ゆっくりじっくりと体温が上がっていくため、身体も徐々に暑さに順応することができ、汗をかくことによる体温調節機能を向上させる効果も期待できます。
また、自律神経の調子を整えるだけでなく副交感神経を活発にさせるため、その後の睡眠の質も高めてくれます。夏バテの予防や回復のためには、まさにぴったりの入浴方法といえるでしょう。

夏場の朝シャワーは熱めがオススメ!

夜もムシムシと暑い日が多くなる夏は、寝るまではエアコンのおかげで涼しく快適に過ごしていたはずが、朝起きると寝汗で肌がベタついているなんてこともありますよね。

そんなときには朝シャワーで汗を流してから一日をスタートさせるのがオススメです。朝に浴びるシャワーは、夜の入浴時とは逆に熱めの温度が良いでしょう。40度から41度くらいの温度のシャワーを1分ほど浴びるだけで、寝ている間にかいた汗や皮脂の汚れがさっぱりと流れ落ちます。
また血圧も上がるため、寝起きでぼんやりしていてもすっきり目が覚めます。1分だけ、しかも石鹸できちんと身体を洗う必要がないので、忙しい朝でも実践できそうですよね。

さらに朝に浴びる熱めのシャワーには、そのときの皮脂汚れを落とすだけでなく、その後一日の皮脂量を抑制する効果も期待できます。分泌される皮脂量を抑えられれば、肌のベタつきや体臭も少なくなるので、汗をかきやすい人や体臭が気になる人にもオススメです。

まとめ

夏の暑い時期に入るお風呂のオススメの温度や入浴法についてご紹介しました。
気温が高い上に湿気もあり、ジメジメと蒸して暑くなる日が多い夏は、湯船にしっかりつかると暑苦しくなりそうだと敬遠されることも多いですが、適切な温度と入浴方法でゆっくりつかれば夏バテ予防にもなり、身体もすっきりしてよく眠れるようになります。
その日の疲れはその日のうちに、お風呂でしっかりと疲労を取って暑い季節もバテることなく乗り切りましょう!

水道水に含まれる不純物とは? 深井戸は不純物が少ない理由 井戸ポンプ情報局

水道水に含まれる不純物とは? 深井戸は不純物が少ない理由

自然の力でろ過された地下水には、水道水と比べておいしくて不純物が少ないものもあり、日常生活に取り入れたいと考えている方もいらっしゃることと思います。その一方で、水道水にはどのような不純物が含まれているかご存知でしょうか? そこで今回は、水道水に含まれる不純物などについてご紹介いたしますので、ぜひ井戸を導入するかどうかの判断材料にしてみてくださいね。

日本の水道水は安全性が高い?

水道水の元になる水は雨や雪です。雨や雪は地下に浸透し、川や湖、沼、または地下水になります。十分な水量を確保するためには貯めておかなければなりませんが、その役割を担っているのがダムです。 ただし、そのままの水では菌を含み、不純物が多く含まれているため、安全な飲料水にするためには浄水場で浄化する必要があります。そこで上水道を通じ、各エリア内の給水所に運ばれ、そこからは排水管を通って各家庭の水道へ届きます。 また、マンションでは貯水タンクに水を貯めますが、そこでは雑菌除去のため、さらに塩素による消毒が必要になります。 このように日本では、水道水が安心して飲めるように浄化処理されています。日本の水道水の安全性は世界基準で高く評価されており、日本以外に水道水をそのまま飲める国はそう多くはありません。 しかし、安全性が高いといわれる日本の水道水ですが、浄化過程ではさまざまな不純物が含まれてしまいます。

水道水に含まれる成分とは?

水道水には実は多種多様な成分が含まれています。それも水道水の安全性を高めるために必要なものですが、その成分の中には微量ではありますが健康への影響が気になるものも含まれます。

塩素(カルキ)

塩素は水道水の安全性を確保するために必要な成分で、水道法により塩素を入れなければならないと定められています。塩素によって、病気につながるような菌を消毒しているのですが、蛇口を捻って出てくる水道水に含まれる塩素は正確には「残留塩素」になります。 残留塩素とは、殺菌後も水道水の中に残る塩素のことで、WHO(世界保健機関)のガイドラインでは飲料水に含まれる残留塩素濃度は5mg/L以下と決められています。ただし、日本の厚生労働省が水質管理によって留意するべき項目では「1mg/L以下」となっており、WHOのガイドラインよりも厳しい基準が設けられています。

トリハロメタン

トリハロメタンは、塩素消毒をしたときに発生する物質です。このトリハロメタンは、発がん性の恐れがある物質といわれています。 ただし、WHOの研究ではあくまで「発がん性の恐れがある」という表現であり、実際の人体への影響は明確になってはいません。

アルミニウム

水を浄化する中で、アルミニウムを含んだ薬品を使用します。そのため、水道水にもアルミニウムが含まれるのです。ただし量は少なく、体内に入ったとしてもほとんどは体の外へ出ていきます。

ミネラル

水道水にはミネラルが含まれます。このミネラルの量によって、硬水・軟水の違い、そして味の違いになるのです。 主なミネラルは、ナトリウムやカルシウム、マグネシウムやカリウム、ケイ素などです。なかでも、カルシウムやマグネシウム、ケイ素は、骨や歯を形成するために必要な成分となります。また、ナトリウムは水分調節、カリウムはナトリウムを体から出す働きを持っています。

深井戸は塩素などの心配がない?!

深井戸は純水なので塩素などの心配がない?! 日本の水道水の安全性は厳しい基準によって守られていますが、それでも不安を感じる人は少なくありません。健康を意識するなら、誰しもが安全な水を使いたいと考えるのは当然ですよね。特に水道水に含まれるトリハロメタンは、ずっと飲んでいても大丈夫なほど少量といわれていますが、発がん性物質といわれると「本当に安全なのだろうか?」と不安になるのも仕方ありません。 その点、井戸水ではトリハロメタンを含む心配がないので安心です。井戸水の中でも「飲料水」として利用が可能なものがある深井戸の水は、地表からの影響を受けづらいため不純物がほとんど含まれていない純水となります。深井戸は深い場所にある地下水のため、汚染されているリスクも低いのです。また、井戸水は塩素などの薬品を使用しませんが、自然の中でろ過され、その中でミネラル分が豊富に含まれています。 ただし、不純物をあまり含まない深井戸の水であっても「飲料水」として利用する際には、「しっかりとした水質検査を定期的に行う」、「水が汚染されていないか、定期的に井戸の周りを点検する」といった配慮が必要です。 このような点を踏まえて、安全に井戸水を利用すれば、水道水の代わりにミネラルウォーターを購入する手間が省けます。さらに、災害時の備えに井戸水が確保できていれば、いざというときの安心にも繋がります。

まとめ

水道水に含まれる不純物などについてご紹介しました。世界一安全性が高いといわれている日本の水道水ですが、より安全な水を手にするためにもミネラルウォーターや井戸水の使用を検討する方が近年増加傾向にあります。 また、飲料水だけでなく生活用水としても活用できる井戸を導入することは長い目で見れば経済的であり、水処理機器などを利用すればさらに純度の高い安全な水を使用することができますのでオススメです。 ぜひ日常生活に井戸水を取り入れて、より豊かで健康的な生活を送ってみてはいかがでしょうか。
ペットボトルを凍らせるコツとは? 冷凍するときの注意点 井戸ポンプ情報局

ペットボトルを凍らせるコツとは? 冷凍するときの注意点

暑さの厳しい夏は、お出かけやスポーツの際に冷たい飲み物が欠かせません。すぐにぬるくなってしまわないように、ペットボトルをキンキンに凍らせて持って行くという方も多いのではないでしょうか? しかし、その一方で凍らせたペットボトルが膨張して中身が漏れたり、破裂したりする恐れもありますので注意が必要です。 そこで今回は、ペットボトルを凍らせるコツや注意点、活用方法などについてご紹介します。

ペットボトルを凍らせるとどうなる?

ペットボトルを冷凍庫に入れて凍らせ、しばらく経ってから見てみると膨らんでしまっていることがあります。これはペットボトルの中の液体が凍って固体になることで、体積が大きくなってしまうのが原因ですが、稀に破裂して中身が漏れてしまう恐れもあります。 そのため、ペットボトルを凍らせるときは最初にあらかじめ中身を減らし、容器を少し押して空気を抜くようにしましょう。500mlのペットボトルであれば、約二口分くらいを目安に減らします。また、炭酸飲料は危険ですので凍らせるのは絶対に避けてくださいね。 なお、ペットボトルの中身が凍るのにかかる時間は500〜1000mlで約4〜7時間前後となりますので、夜眠る前などに冷やし始めるのがよいでしょう。 さらに、近年はコンビニやスーパーなどで冷凍専用のペットボトル飲料も販売されており、こちらは通常のものとは異なる容器が使用されていますので安心です。夏の暑い日のお出かけのお供はもちろん、スポーツの水分補給や冷却グッズにぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

凍らせたドリンクをおいしくいただくコツ

冷凍のペットボトルは、コンビニやスーパーなどで販売されている冷凍専用の商品を活用するのがオススメですが、通常のペットボトル飲料を冷凍させる場合は注意点のほかにもいくつかコツがあります。 よく凍らせておいたペットボトルをすぐに飲みたい!という時に、カチカチに凍ってしまっていてなかなか飲めなかったり、成分が分離してしまって最初は味が濃くて美味しいのにだんだん薄味になってしまったという経験がある方は多いのではないでしょうか? このようなことを避けるポイントは、凍らせるときにまず中身の半分を別の容器に移し替えてから冷凍します。このときにペットボトルが斜めになるように冷凍させておくのが冷えた状態を長持ちさせるコツです。 次に、残りの半分は冷蔵庫で冷やしておき、あとから凍らせておいたペットボトルに入れます。こうすることですぐに飲みやすくなるだけでなく、味の濃さも均等になって冷たくて美味しいドリンクが楽しめます。 また、ペットボトルは一度使ったら再利用しないようにしましょう。ペットボトルには雑菌が繁殖しやすいだけでなく、傷がつきやすいため何度も凍らせて使用していると中身が漏れる原因にもなります。

冷凍ペットボトルを活用しよう!

冷凍ペットボトルを活用しよう! 凍らせたペットボトルは、飲み物としてだけでなく様々な場面で活用できます。

保冷剤としても便利!

冷凍ペットボトルは保冷材としても便利です。保冷剤には様々なタイプのものが販売されていますが、ペットボトルを凍らせて上手に使えば購入する必要もないのでお得ですよね。また、スポーツ大会などで大量にドリンクを持っていくときは、凍らせたペットボトルも入れておくと飲料水にもなりますのでオススメです。保冷剤として使用する際は中身が漏れないように特に注意しましょう。

夏の熱中症対策にピッタリ!

暑い日々が続く夏場は水分補給だけでなく、適度に体を冷やして涼を取るのも大切です。冷凍のペットボトルなら、炎天下のなか木陰で休んで首や顔などに当てて冷やしたり、そのまま水分補給できたりと一石二鳥といえるでしょう。 また、ペットボトルの冷凍を長持ちさせるには、ペットボトルホルダーを使用するほかにタオルなどを巻いておくようにしましょう。

まとめ

ペットボトルを凍らせるコツや注意点、活用方法などについてご紹介しました。 基本的にはコンビニやスーパーなどで販売されている冷凍用のペットボトルを活用することをオススメしますが、主に保冷剤としてや熱中症対策などで利用するときは、今回ご紹介した方法で中身が漏れることがないように気をつけながら冷やしてくださいね。

Topics アイエフテクノサービスからのお知らせ

サービスエリア
サービスエリア サービスエリア Service Area
サービスエリア Service Area

千葉県(全域)・茨城県(全域)を中心に、関東1都5県でサービス提供を行っております。

よくある質問
よくある質問 よくある質問 FAQ

給湯器や井戸ポンプに関するよくある質問を一覧にしてまとめました。

よくある質問 FAQ

Contact

ご質問・お見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

0120-048-222

365日迅速対応可能

TOP