Changes Life.

快適な暮らしは「水」から始まる。

給湯器・井戸ポンプ・バスリフォームの
エキスパートカンパニー

アイエフテクノサービス株式会社は、ご家庭・企業でお使いの給湯器・井戸ポンプの販売・交換・設置工事・修理やバスリフォーム等に特化した水周りのエキスパートカンパニーです。
千葉県・茨城県を中心に、東京都、埼玉県、神奈川県、栃木県エリアにて、お客様のご希望・ご要望に添う形で、ご満足いただける高品質なサービスをご提供いたします。

Service アイエフテクノサービスが提供するサービス

給湯器 給湯器 Water Heater
  • お湯の出が悪い、お湯が出なくなった
  • お湯の温度が不安定
  • 追炊きができない、など

給湯器のトラブル・お悩みを迅速解決いたします!
給湯器の販売、給湯器新規取付、給湯器故障時の交換・修理対応、その他トラブル対応を、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で承っております。

バスリフォーム バスリフォーム Bath Reform
  • お風呂の浴槽がヒビ割れてきている
  • お風呂のタイルが割れてきた
  • 冬場はすぐにお湯が冷めてしまう、など

お風呂に関するトラブル・お悩み解決いたします!
システムバスへの交換をはじめ、ご要望に応じたバスリフォームを、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で迅速に行ないます。

給湯器 井戸ポンプ Well Pump
  • 井戸ポンプが回らない、回らなくなった
  • 漏電、水漏れした
  • 井戸ポンプから異音がする、など

井戸ポンプに関するトラブル・お悩み解決いたします!
井戸用ポンプの販売、故障時の交換・修理、新規井戸掘り工事、地下水
水質改善、その他対応を、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で迅速に行ないます。

Column 給湯器や井戸ポンプのお役立ち情報

910 Magazine

銭湯とはひと味違う? 健康ランドのメリットとデメリット

自宅のお風呂もいいですが、時間のあるときには温泉など広い大浴場につかってゆっくり疲れを癒したい。そう考える方も多いのではないでしょうか。
とはいえ、旅館に宿泊するような本格的な温泉旅行にはそれなりにお金と時間がかかるので頻繁に行くことは難しいですし、まとまった休暇の取りやすいハイシーズンは混み合うため、そもそも予約が取りにくいことも多いですよね。
そこで、もっとお手頃に気軽に広々としたお風呂を楽しみたい!という方におすすめなのが、スーパー銭湯や健康ランドなどの公衆浴場です。日本にはさまざまな種類の公衆浴場があり、その多くは温泉旅館よりも安価かつお手軽に利用できます。

今回は、時間やお金を賢く使ってリフレッシュしたいという方におすすめの公衆浴場について、健康ランドを中心にご紹介します!

さまざまな種類がある日本の公衆浴場

公衆浴場とは、不特定多数のお客さんが利用する入浴施設を指す言葉です。銭湯、もしくはお風呂屋などの通称で呼ばれることが多いですが、現在は施設の種類もかなり細分化しています。
銭湯(風呂屋)、温泉、共同浴場(公営)、サウナ風呂、スーパー銭湯、健康ランドなど、現在知られている主な公衆浴場の種類としては、これらのものが挙げられます。
利用したことのない施設についても、名前は聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか?

一方、銭湯や温泉、共同浴場などはなんとなくイメージできる方が多いかと思いますが、スーパー銭湯や健康ランドについては利用したことがないと名前だけではいまいちピンとこないかもしれません。

スーパー銭湯は、一般的な銭湯よりも若干規模が大きく、サービスの内容も多岐に渡る公衆浴場を指します。
たとえば、普通の銭湯ではお風呂の種類はさほど多くないところがほとんどですが、スーパー銭湯では露天風呂、サウナ風呂、ジャグジーなどいろいろな種類のお風呂が楽しめます。
お風呂だけではなく休憩スペースも充実していたり、食事をとれる場所もあったりと、ただ入浴するだけではなく「ゆっくり過ごして疲れを癒す場所」としての側面がより強くなっているのが特徴です。

サービスの幅が広くなっている分、一般的な銭湯よりも営業時間が長いという違いもあります。銭湯では基本的にお風呂に入るだけなので、夕方から夜までの短い間しか営業していないところもしばしばあるのです。
利用料金は普通の銭湯よりも高くなってしまいますが、サービスの内容や充実度を考えれば納得です。
「お風呂に入ってさっぱりしてすぐに帰る」というイメージの銭湯とは違い、スーパー銭湯はより長い時間のんびり過ごせる場所という印象が強いですね。

そして健康ランドは、このスーパー銭湯よりもさらに規模が大きな公衆浴場として知られています。次はスーパー銭湯との違いや魅力についてもみていきましょう。

スーパー銭湯と健康ランドはどう違う?

スーパー銭湯よりもさらに規模が大きい公衆浴場である健康ランド。「規模が大きい」と具体的にどんな差異があるのでしょうか。

まず、健康ランドはスーパー銭湯よりもさらに長い時間を過ごせる場所です。24時間営業しているところが多く、仮眠スペースもあるため宿泊することも可能です。
また、街の小さな銭湯の多くが自分で持参する必要のあるタオル類などの入浴の際に使うグッズも用意してあるので、スーパー銭湯と同様に手ぶらで行っても問題なくお風呂を楽しめます。
時間も持ち物も気にせず、訪れるだけで目一杯くつろげる環境が整っているのです。

さらに、利用できるサービスの種類はスーパー銭湯以上に多く、ひとりで行くのはもちろん、家族や友人と一緒に訪れても楽しめる場所となっています。

健康ランドのメリットとデメリット

健康ランドのメリットとデメリット
スーパー銭湯よりも長時間滞在することができ、のんびりゆったりと過ごして疲れを癒せる場所である健康ランド。ここでは他の公衆浴場と比べて、利用するメリットとデメリットについてもご紹介します。

健康ランドを利用するメリット

他の大衆浴場ではなく健康ランドを選ぶ一番のメリットとしては、やはり多くの施設に仮眠スペースがあって宿泊もできるという点でしょう。
ホテルのように予約することもなく、ふと思い立って行くだけでのんびり休めるのは大きなメリットですよね。

また、スーパー銭湯以上にお風呂やサービスの種類が多いのも見逃せないポイントです。
岩盤浴やリラクゼーションサロンなど、とにかく疲れを癒しリラックスできるようなサービスが目白押しとなっています。
入浴グッズはすべて現地で調達できるので、特に準備していない仕事帰りなどにもすぐに立ち寄って利用できるのもうれしいですよね。
温泉旅館よりもずっと気軽にお手頃価格で利用できるので、家族みんなで遊びに行くのにもおすすめです。

健康ランドを利用するデメリット

健康ランドはサービスが充実している分、仕方のないことではありますが利用料金は他の公衆浴場と比べると高くなってしまいます。
とはいえ、もちろんそれでも温泉旅館に泊まるのと比べればずっとお手頃価格です。

ただし一番気をつけたいのは、館内で使ったお金はすべて帰るときに精算する施設が多いということ。
館内では現金を持ち歩かないでいいように、健康ランドの利用中渡されるリストバンドについているバーコードを使って支払い金額を記録しておき、帰りにまとめて精算するという形をとっているところが多いのです。
いちいちお財布を取り出して支払う必要がなく、とても楽なのは間違いないのですが、あまり考えずにお金を使っていると、精算時にはびっくりするような額になってしまうことも。
うっかり使いすぎてしまうことのないよう、だいたいの金額を計算しつつ館内のサービスを利用しましょう。

なお、こういったシステムはスーパー銭湯でも取り入れている施設が増えているので、健康ランドと同様に注意しながらゆっくりとリラックス時間をお楽しみください。

まとめ

古くから続く公衆浴場の文化が今も残る日本。現在は公衆浴場の種類もどんどん増え、サービスの内容も多岐に渡っています。
その中でもいちばん規模の大きい健康ランドは、入浴はもちろんその他にも楽しめるサービスがたくさん!日頃の疲れを癒したい方は、ぜひ健康ランドを利用してみてくださいね。

910 Magazine

新生活で戸惑う人続出?! ユニットバスの使い方のコツとは?

入学・入社で始まる新生活ではたくさんの「初めて」を経験するものです。初めてのスーツ通勤、初めての電車通学などは最初負担に感じることがあるかもしれませんが、いずれは慣れていくことほとんどです。
しかし、なかにはしばらく経っても慣れないこともあるでしょう。
「初めての一人暮らし」であれば、お風呂やトイレ、洗面台が同じ場所にあるユニットバスはその代表的な例です。

そこで今回は、一人暮らし物件でよく見かけるユニットバスのメリットや使い方のコツ、入浴する際の注意点についてご紹介します。

一人暮らし向けアパートの定番・ユニットバス

「うちはトイレとお風呂、洗面台が一緒なんだ」「ユニットバスなのね」といった会話は新生活を始めたばかりの頃によく聞く話ですが、ユニットバスの本来の意味はまったく異なります。

ユニットバスの本来の意味

ユニットバスとは、既製品の浴槽や床、壁などから構成されている機能的な浴室設備セットのことをいいます。
したがって、ユニットバスの本来の意味は「浴室設備のセット」であり、「トイレとお風呂、洗面台が一緒になっている浴室」ではないのです。

しかし、世間でユニットバスという言葉を使うときは後者の意味で使われることが多く、トイレ・お風呂場・洗面台が一緒の浴室は「3点ユニットバス」、お風呂場・洗面所が一緒の浴室は「2点ユニットバス」と呼ばれることがあります。
一人暮らし向け賃貸物件では限られたお部屋のスペースを有効活用するためにこの3点・2点ユニットバスが非常に多く採用されているため、「ユニットバスを見ると学生時代を思い出す」といった方も少なくありません。

ユニットバスは海外では多い浴室スタイル

海外ではユニットバスの住宅が多く、欧米圏をはじめ、アジア圏では台湾と韓国の物件でこのスタイルの浴室を頻繁に見かけます。
どちらもごく一部の高級マンションを除いては小さめの集合住宅が多いことや、そもそも湯船にゆっくり浸かるお風呂文化がないので湯船の需要がさほど高くないことも理由として挙げられるでしょう。
こうした事情により、両国ではユニットバスへの不評の声はそれほどないのです。
しかし、日本には「お湯を十分に張れる湯船」と「落ち着いて体を洗えるスペース」の需要が高く、これがユニットバスへの不満につながっています。

不評の声が多いユニットバスにもメリットあり

「とにかく狭い」「湿気がこもりやすい」「脱衣所がないから不便」「お風呂場にトイレがあるのは生理的に嫌」など、とにかく評判が芳しくないユニットバスですが、次のようなメリットもあります。

賃料を安く押さえられる

最初に挙げられるメリットは物件の賃料です。ユニットバス物件は少々狭いことが多いですが、その分、賃料はお風呂場・トイレ・洗面台別の物件よりも安くなる傾向があります。

掃除の手間がかからない

複数の設備が一箇所にコンパクトにまとまっているため、掃除は比較的楽です。
移動も簡単なので、トイレと洗面台を掃除した後はそのままシャワーを浴びて汗を流すのもOK!

工夫の仕方によってはおしゃれなバスルームに変身も!

インテリアや壁紙を使って工夫すれば、映画に登場するようなおしゃれなバスルームにすることも可能です。
和風、60年代アメリカ風、シックなヨーロッパスタイルなど、一工夫すればユニットバスが素敵な空間に。

ユニットバスの使い方のコツとは?

ユニットバスの使い方のコツとは
上記からわかる通り、ユニットバスは多方面でコストパフォーマンスの高い設備です。
しかし、そのパフォーマンスを実感できるようになるには、使い方のコツを押さえておかなければなりません。

ユニットバスの使い方のコツ、それはズバリ、「洗いの工程を後に回すこと」です。
シャワーのみで済ませる場合には特に問題にはなりませんが、お湯を張る場合には次のような順番での入浴が効率的でしょう。

お湯を張る

まずはお湯を張って体を温めます。本来ならばここで浴槽を掃除するところですが、毎回となると面倒になるため、スポンジで擦らなくても済む浴室用洗剤を積極的に使ってみましょう。
ただし、こうした洗剤を使っても落ちない汚れも当然あるので、浴槽は週末にしっかり磨くなどして清潔に保つよう心がけてください。

体と頭を洗う

お湯に浸かってリラックスした後はお湯を抜きながら体と頭を洗いましょう。
浴槽にためたお湯を無駄にしたくない場合は、お湯を張る段階で泡風呂にし、お湯に浸かりながら体を洗うのも手です。

浴槽を軽く掃除する

洗い終えた後は浴槽内の泡をきれいに流し、排水口に絡まった髪の毛やゴミを取り除きましょう。
このときに次の入浴に備えて、浴槽をスポンジで軽く擦っておくのも良いですね。

頭と体を先に洗った後にお湯を張っても問題ありませんが、冬はお湯がたまるまで待たなければならず、体を冷やしてしまうかもしれません。

ユニットバスを使う際の注意点

ユニットバスはその空間の狭さから起因するデメリットにより、浴室どころかお部屋にもダメージを与えてしまうことがあります。
そのため、ユニットバスで入浴する際は次の点に注意しましょう。

使った後は必ず換気する

ユニットバスは気密性の高い設備であるため湿気がこもり、カビが生えやすくなります。したがって、ユニットバスを使ったあとは必ず換気して湿気を逃すようにしましょう。
換気扇を回しつつ、浴室のドアを少し開けておくのも得策です。

浴槽の排水口はその都度掃除を

ユニットバスの排水管は、お風呂や洗面所の排水管とある地点で合流しているものが多いので、お風呂の排水口から流れたゴミが詰まると、床の排水溝や洗面所の排水口から水が逆流する可能性があります。
逆流した水が溢れ出て浴室内を不衛生な状態にさせないためにも、使用後は浴槽の排水口をチェックして、ゴミを取り除くようにしましょう。

浴槽の外で体を洗わない

ユニットバスの洗い場は浴槽の中です。浴槽内が狭いからといって浴槽の外で体を洗ったり、シャンプーしたりしないようにしましょう。
ユニットバスには浴槽の外(つまりトイレ側)の床に排水溝がありますが、大量の水を排水することを想定した設計になっていないため、浴槽の外でお湯を使うとしっかり排水できず、水が部屋の方へ流れてしまう可能性があります。
万が一大量の水がお部屋の方へ流れてしまった場合は漏水事故となり、修繕費の支払い義務が発生することも。

シャワーカーテンを使う

入浴するときはシャワーカーテンを使って、お湯の飛び散りを最小限にとどめましょう。浴槽内でいくら体をかがめて洗っていても、お湯や泡は飛び散るものです。
なお、シャワーカーテンは浴槽の内側に垂らして使います。

部屋のドア・窓を施錠し、カーテンを閉めてから入浴する

ユニットバスを使うときは部屋のドア・窓を施錠した上でカーテンを閉めて、無防備な状態を他人に見られないようにする習慣を身につけましょう。
ユニットバスには脱衣所がありませんので、トイレや洗面台の前あたりで着替えることになりますが、湯気に包まれながらの着替えはつらいもの。
こうしたことから、お部屋に移動してから着替える方がいらっしゃいますが、ドア・窓、さらにはカーテンも開いたままのお部屋に無防備な状態でいることは、防犯上好ましいことではありません。

まとめ

一人暮らし物件でよく見かけるユニットバスのメリットや使い方のコツ、入浴する際の注意点についてご紹介しました。
ユニットバスが好きになれず、新生活早々引っ越しを考えてしまう方も多いようですが、まだ余力がある場合は時間をかけて少しずつ、ユニットバスと仲良くなってみてはいかがでしょうか。

停電時でも大丈夫! 家庭用発電機で電動井戸ポンプを快適に使おう 井戸ポンプ情報局

停電時でも大丈夫! 家庭用発電機で電動井戸ポンプを快適に使おう

井戸から水を汲み上げる井戸ポンプは、井戸の利用に欠かせない設備です。特に電動井戸ポンプは蛇口をひねるだけで簡単に井戸水を利用できるため、手押しタイプから交換するご家庭も増えていますが、電動であるがゆえに注意しなければならない点もあります。 そこで今回は、電動井戸ポンプの災害時のデメリットや、電動井戸ポンプとセットで準備しておきたい家庭用発電機について解説します。

電動井戸ポンプの災害時のデメリット

近年、井戸が災害発生を機に見直されるようになりました。災害が発生した際、水道の配管に破損や亀裂が生じれば、蛇口をひねっても水が出なくなってしまいます。 実際、過去の地震発生時には、長期化する断水に困惑する方々の姿が繰り返し報道されていました。 このようなとき、井戸なら地下の水を汲み上げる仕組みなのでポンプが故障したり、地下水の推移が急激に下がっていたりしない限り断水の心配はありません。そのため、「災害発生時には生活用水として活用できる」という井戸のメリットが知られることとなったのです。 ところが、その井戸にもデメリットがありました。それは停電による電動井戸ポンプの稼働停止です。

「万が一」に備えて家庭用発電機を準備しておくと便利

電動井戸ポンプは電気で稼働するため、災害で断水だけではなく停電も発生した場合、電動井戸ポンプで汲み上げる井戸は使えなくなってしまうのです。 現在、一般住宅に導入されている井戸ポンプは電動式が多く、停電対策をしなければ災害時はせっかくの井戸も役に立ちません。 したがって、電動井戸ポンプを最大限に活用するためには電力会社から送電される電気だけに頼らず、万が一の場合に備えて家庭用発電機を準備しておくことが大切なのです。

家庭用発電機とは?

家庭用発電機とは 家庭用発電機とは、ガスやガソリンを燃料にして発電体を回転させて発電する機器のことをいいます。 身近な燃料で発電できるうえ、持ち運びが容易な小型であるため、イベントや工事現場など、さまざまな場面で利用されています。 災害時においても、この家庭用発電機があれば電動井戸ポンプを稼働させられますし、他の家電も使えるようになるので一台あると何かと便利です。 ただし、家庭用発電機ならどれでも大丈夫というわけではありませんので、購入する際は次のポイントを確認しておきましょう。

発電量

家庭用発電機で発電できる量が少ないと、井戸ポンプをしっかり稼働させられません。 十分な発電量があるかどうかを確かめるためには、井戸ポンプの定格消費電力をチェックしましょう。電動井戸ポンプの定格消費電力の4倍以上のパワーがある家庭用発電機が理想です。

周波数

電動井戸ポンプの周波数に合った家庭用発電機を使う必要があります。 不適切な周波数の家庭用発電機を使うとポンプが故障したり、正常に稼働しなかったりすることも。 なお、家庭用発電機にもいくつか種類がありますが、良質な電力を安定的に供給できるインバーター式のものがおすすめです。 価格はメーカーや機能によっても異なりますが、10万円~25万円程度で購入できる商品が多いようです。

家庭用発電機を使用する際の注意点

家庭用発電機はエネルギーを発生させる機器なので、使い方によっては危険な状況を招いてしまうことがあります。 発電機の使い方は商品によって異なりますが、どのような製品であっても実際使用する際は次の点に気をつけましょう。

火気のない屋外で使用する

家庭用発電機は火気のない屋外で使用しましょう。燃料入れの際にガソリンなどがこぼれた場合はすぐに拭き取ってください。

家庭用発電機の周辺に物を置かない

家庭用発電機は使用すると熱くなるため、使用中は発電機の周りに物を置かないようにしましょう。可燃性のものはもってのほかです。

排気ガスが屋内に入らないようにする

家庭用発電機から排出される排気ガスには一酸化炭素が多く含まれており、大量の排気ガスが屋内に流れると一酸化中毒を引き起こす恐れがあります。 使用する際は人がいる部屋に排気ガスが流れないよう、細心の注意を払ってください。

使用後は日陰の屋内にしまう

家庭用発電機を使用した後は内部の劣化防止のために燃料を抜き、直射日光の当たらない日陰の屋内にしまいましょう。 雨や雪、風にさらされると故障することがあるため、雨漏りするような倉庫はNGです。

家庭用発電機以外の対処法は?

「災害対策として家庭用発電機を購入したいけれど少々ハードルが高い」と思う方は、近年人気が高まっている家庭用蓄電池を購入する手もあります。 単体でも使用できますが、太陽光パネルで生み出した電力をためておけば、いつでも好きなタイミングで使用できます。 また、家庭用蓄電池は高価ですので、多少手間がかかっても構わない場合は手押しポンプのままにしておくのも得策でしょう。

まとめ

電動井戸ポンプの災害時のデメリットや、電動井戸ポンプとセットで準備しておきたい家庭用発電機について解説しました。 最近はすべてを電気で稼働させる「オール電化」が流行っていますが、電気がなくなれば稼働が難しくなるという大きなデメリットを抱えています。 災害が発生した際に、「こんなはずじゃなかった」なんてことにならないよう、電動式の設備を使っている場合は、万が一のときのための対策をしっかり考えておきましょう。
各地で急増中?! 多くの人を無料で潤す「給水スポット」とは? 井戸ポンプ情報局

各地で急増中?! 多くの人を無料で潤す「給水スポット」とは?

高温多湿の日本の夏は、なかなか過酷であることで有名です。最近は熱中症の危険性も叫ばれていることから、こまめに水分補給する習慣が根付きつつありますが、そんななか、「給水スポット」という場所が注目を集めているのをご存知でしょうか。 そこで今回は、今話題の給水スポットの意義や設置するメリット、探し方・利用方法についてご紹介します。

現在各地で増えつつある「給水スポット」とは?

「給水スポット」とは、給水機が設置されている場所や店舗のことをいいます。ほとんどのスポットでは水道水が無料で提供され、誰でも利用可能です。外遊びをしている子どもやジョギング中の方でも気軽に水分補給できる便利な場所として注目を集めています。 しかし、巷にはコンビニや自動販売機が溢れかえっており、「何か飲みたい」と思ったその数分後には店舗でペットボトル入りのドリンクを購入できる時代。それにもかかわらず今、このような給水スポットが増えている背景には、ペッボトルに関連する環境問題がありました。

水道水を飲んでエコ活動! 給水スポットが増えている理由

軽くて丈夫なペットボトルは、水やお茶を持ち運ぶアイテムとしては大変優秀ですが、ペットボトルの製造から飲料のボトリング、各店舗への輸送、使用後のリサイクル処理までの過程には多くのCO2が排出されています。 PETボトルリサイクル推進協議会が発表した報告書によれば、清涼飲料用PETボトルの出荷本数は1年間で約236億本(2019年度)。 この数字が出ていても3R推進活動(資源のリデュース・リユース・リサイクル)が功を奏してCO2の排出量はある程度抑えられていますが、油断的できない状況と言って良いでしょう。 これから出荷数・使用量が増えていけばリユース・リサイクルも追いつかなくなる可能性もあるのです。 給水スポットはこのような現状に対し、まずは「喉が渇けば買えばいい」といった消費行動を改めることから誕生しました。 主導しているのは環境問題に取り組むNGOや一般社団法人、一部の企業。 無料で利用できる飲料水の給水スポットが多く設置されるようになれば、ペットボトル入り飲料を購入するより、給水スポットでマイボトルに水を入れるようになることを見込んでスタートしたのです。 各団体の積極的な呼びかけと協賛する自治体や各種店舗の協力により給水スポットの認知度は広がり、積極的に活用する方も増えています。

給水スポットを設置するメリット

給水スポットは飲料用の水を衛生的な設備で提供できることが前提です。 したがって、定期的な管理が行き届く施設・店舗が理想的ですが、店舗・施設側には給水スポットを設置することでどのようなメリットがあるのでしょうか。

店舗・施設の宣伝・集客につながる

給水スポットとして認知されることで店舗の店名やサービス、商品を潜在顧客に知ってもらう機会になりますし、集客にもつながります。 最初は水を汲む目的で来店した方も、店内の商品を見て購買意欲を掻き立てられ、最終的には購入に至ることも十分にありえるでしょう。

店舗・施設のイメージアップにつながる

環境を意識した行動を心がけている方は意外に多く、ESG(環境・社会・ガバナンスを意識した取り組み)やSDGs(持続可能な開発目標)をポリシーとする店舗・施設であればそうした方へのイメージアップにつながりますし、それが結果的に宣伝・集客・販促効果となって現れることもあります。

給水スポットの探し方・利用方法

給水スポットの探し方・利用方法 誰でも無料で飲料水が汲める給水スポット。職場や学校の近くにあればぜひ活用したいものですが、気になるのは給水スポットの探し方や利用方法です。

給水スポットの探し方

一番簡単な給水スポットの探し方はアプリを使って探す方法です。「mymizu」というアプリを活用すれば、お近くの給水スポットをマップで簡単に探せるのでおすすめです。 また、ペットボトル削減を目指すNPO法人、水Do!ネットワークが運営する「Refill Japan(リフィルジャパン)」のサイト内でもお近くの給水スポットを探せるマップが表示されます。 給水スポットの多いエリアは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、京都府、大阪府ですが、今後は益々の拡大が見込まれるでしょう。 給水スポットのあるカフェでランチをいただいた後は水をボトリングして帰る-。そんな光景が頻繁に見られる日もそれほど遠くないかもしれません。

給水スポットの利用方法

ほとんどの給水スポットではボタンを押したり、レバーを上げ下げしたりするだけで水が出ます。子どもでも簡単にボトリングできるので改めて利用方法を覚える必要はほとんどありませんが、ボトルは洗浄済みの給水用を使用することをおすすめします。 また、ボトルの飲み口が給水部分に当たらないよう気をつけましょう。給水スポットでは「清潔なボトル」でボトリングするのが基本です。

まとめ

今話題の給水スポットの意義や設置するメリット、探し方・利用方法についてご紹介しました。 現在目の前にある問題の多くは日々の積み重ねにより生じたものです。環境問題はその一つであり、私たちの毎日の行動で地球の将来が決まります。 「喉が渇いたから何か飲もうかな」と思った先の行動でより良い環境が維持できるのではれば、地球に優しい方を選択したいもの。 CO2問題に興味がある、またはこれから何か行動したいと考えている方は、お出かけする際にマイボトルを持参し、給水スポットを積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

Topics アイエフテクノサービスからのお知らせ

サービスエリア
サービスエリア サービスエリア Service Area
サービスエリア Service Area

千葉県(全域)・茨城県(全域)を中心に、関東1都5県でサービス提供を行っております。

よくある質問
よくある質問 よくある質問 FAQ

給湯器や井戸ポンプに関するよくある質問を一覧にしてまとめました。

よくある質問 FAQ

Contact

ご質問・お見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

0120-048-222

365日迅速対応可能

TOP