Changes Life.

快適な暮らしは「水」から始まる。

給湯器・井戸ポンプ・バスリフォームの
エキスパートカンパニー

アイエフテクノサービス株式会社は、ご家庭・企業でお使いの給湯器・井戸ポンプの販売・交換・設置工事・修理やバスリフォーム等に特化した水周りのエキスパートカンパニーです。
千葉県・茨城県を中心に、東京都、埼玉県、神奈川県、栃木県エリアにて、お客様のご希望・ご要望に添う形で、ご満足いただける高品質なサービスをご提供いたします。

Service アイエフテクノサービスが提供するサービス

給湯器 給湯器 Water Heater
  • お湯の出が悪い、お湯が出なくなった
  • お湯の温度が不安定
  • 追炊きができない、など

給湯器のトラブル・お悩みを迅速解決いたします!
給湯器の販売、給湯器新規取付、給湯器故障時の交換・修理対応、その他トラブル対応を、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で承っております。

バスリフォーム バスリフォーム Bath Reform
  • お風呂の浴槽がヒビ割れてきている
  • お風呂のタイルが割れてきた
  • 冬場はすぐにお湯が冷めてしまう、など

お風呂に関するトラブル・お悩み解決いたします!
システムバスへの交換をはじめ、ご要望に応じたバスリフォームを、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で迅速に行ないます。

給湯器 井戸ポンプ Well Pump
  • 井戸ポンプが回らない、回らなくなった
  • 漏電、水漏れした
  • 井戸ポンプから異音がする、など

井戸ポンプに関するトラブル・お悩み解決いたします!
井戸用ポンプの販売、故障時の交換・修理、新規井戸掘り工事、地下水
水質改善、その他対応を、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で迅速に行ないます。

Column 給湯器や井戸ポンプのお役立ち情報

910 Magazine

「壁」で浴室をおしゃれな空間にできるアクセントパネルとは?

「お風呂場は体を洗う場所だから清潔感が第一だけど、それだけじゃ何だか味気ない」――。
浴室は水場という特殊性ゆえ、空間演出にはどうしても限界がある場所です。
しかし、お部屋の壁色やカーテンを変えれば雰囲気が変わるのと同じように、浴室も壁を変えれば殺風景さがだいぶ和らぐと思いませんか?
そこで今回は、浴室の空間作りで大活躍する設備、「アクセントパネル」についてご紹介します。

「こだわってよかった!」との声続出! 浴室の「アクセントパネル」とは?

アクセントパネルとは、浴室の壁に使う化粧板のことをいいます。
「化粧」という言葉の通り、色や柄で装飾されており、メーカーやリフォーム会社によっては「バスパネル」「壁パネル」といった呼び方をすることもあります。
限りなく白に近いベージュ色の控えめなものから、シックな漆黒、高級感を演出できる大理石柄まで幅広いデザイン・色から選べるので、希望にあったものが見つかりやすいのが特徴です。

また、普段は浴室の雰囲気や空間づくりに興味がない方でも、カタログやショールームでサンプルを見た途端、色々と選びたくなる設備の一つ。
お部屋の模様替えには壁紙やカーテンなど「面」に変化を持たせると効果的なのと同じように、浴室もアクセントパネルで壁をアレンジすれば、想像以上に雰囲気がガラッと変化します。
実際、「壁にこだわってよかった!」との声は多く、アクセントパネルの満足度は非常に高いのです。

アクセントパネルの設置枚数に制限はある?

複数のデザインを検討しているうちに、「アクセントというからには1面しか設置できないの?」との疑問を持たれるかもしれません。
結論から言えば、アクセントパネルの設置枚数に制限はなく、お好みに合わせて自由に設置できます。
ただし、設置する数によって浴室の雰囲気は大きく変わります。

アクセントパネル1枚の場合

アクセントパネル1枚であれば今までの空間にちょっとしたニュアンスが加わる程度で、程よくおしゃれになります。
暗めの色を選択した場合は1枚であっても想像以上に印象が変わる場合があるので注意が必要です。

アクセントパネル4枚(全面)の場合

4枚、つまり浴室の壁すべて(全面)にアクセントパネルを設置した場合、浴室の雰囲気は非常に大きく変わります。
デザインによっては違う家のお風呂に入ってしまったかのような錯覚に陥るほど変化するかもしれません。
このような大きな変化は満足度の振れ幅が大きいので、アクセントパネルの全面設置は慎重に検討しましょう。

デザインは多種多様!どんなアクセントパネルが人気?

デザインや設置枚数によって浴室の雰囲気を小さくも、大きくも変えられるアクセントパネル。いざ、選ぶ段階になると選択肢の多さゆえ迷ってしまうこともあるでしょう。
次に挙げるものは数あるアクセントパネルのなかでも特に人気の色・柄なので、まずはここから好みに合いそうなものの見当をつけてみてはいかがでしょうか。

ライトブルー

ライトブルーは水回りを清潔に見せてくれる色であり、程よい差し色にもなる優秀なカラー。浴室を明るくしたい場合にもぴったりです。また、全面に設置しても問題ない色でしょう。
同じブルーでも、紺色に近い濃いブルーの場合は1面だけでも随分大人っぽい印象になります。

ピンク

温かみを感じさせるピンクも人気です。明るいピンクが多いので、浴室の明度を上げたい場合にオススメ。ライトブルーと同様に全面設置でも問題ありません。
しかし、浴室の構造や色のニュアンスによっては野暮ったさが出てしまうことも。

ブラック

1枚だけで落ち着き感と高級感が出せるのがブラックの特徴です。黒い大理石風の柄なら高級感はさらにアップ!
浴室の雰囲気をガラッと変えたい場合にはオススメですが、全面に設置すると浴室内が非常に暗くなってしまう点には注意が必要です。
また、水垢も目立ちやすいので、浴室をこまめに掃除できない場合には避けた方が良いでしょう。

木目調(ウッド調)

木の温もりで空間に落ち着きをもたらす木目調は、アクセントパネルの定番柄です。どんな浴室にも合う汎用性の高さがあるため集合住宅で採用されることも多く、「迷ったときはこれ!」という立ち位置のパネルと言えるでしょう。
明るい茶色から濃い焦茶色まで幅広く用意されていますが、濃い目であればあるほど大人っぽさや高級感が出る傾向にあります。

ストライプ柄

色の組み合わせにもよりますが、一般的にストライプは若々しさを出せる柄です。お子さんがいらっしゃるファミリー向け住宅にお住まいの場合にはオススメですが、浴室の構造や明るさによっては想定外のチープ感が出てしまう場合もあります。

アクセントパネル選びのポイント

アクセントパネル選びのポイント
壁を変えることによる空間への影響は以外にも大きく、うっかりすると想像していたイメージとまったく異なる雰囲気になってしまう可能性があるため、アクセントパネル選びの際は次のような点を留意しましょう。

浴室の明るさを考慮しながら選ぶ

浴室の照明の明るさ、窓からの陽の入り具合を考えながら選びましょう。
暗い浴室に暗い色のアクセントパネルを設置すると、さらに一層暗くなってしまいます。

暗い色のアクセントパネルは汚れが目立つ

前述の通り、暗い色のアクセントパネルは水垢が目立ちやすいため、汚れを目立たせたくない場合は明るめの色を選ぶと良いでしょう。

浴槽の色とのバランスを考える

浴槽に色がついている場合は浴槽の色とのバランスも考えてアクセントパネルを選びましょう。
色の組み合わせ方によってはどことなく違和感の漂う空間になってしまいます。

壁シートでDIYも可能!

アクセントパネルの設置または交換をリフォーム業者に依頼した場合、浴室の構造や状態によっては100万円近い工事費用がかかることがあります。
アクセントパネル自体は5万円~10万円程度ですが、ユニットバスにアクセントパネルを設置する場合は一度ユニットバス自体を解体しなければならない可能性があるからです。

しかし、そこまでの費用をかけられないときでも、浴室用の壁シート(アクセントフィルム、アクセントシート)を使えば簡単に浴室の模様替えができます。
1万円以下で手に入るものシートが多いので、DIYが好きな方は挑戦してみてはいかがでしょうか?

ただし、シートを貼る前は壁を掃除して汚れを落とし、しっかり乾かしましょう。
汚れや湿気が残ったままシートを貼り付けるとカビが生えて壁がダメージを受けてしまいます。
また、シートと床の間、隣り合わせになったシートの間などには防水用の充填剤(コーキング)を入れて隙間に水が入らないようにしてください。
こうすることでカビの発生を防げますし、シート自体も長持ちします。

まとめ

浴室の空間作りで大活躍する設備、「アクセントパネル」についてご紹介しました。
近々浴室をリフォームする予定の方はぜひ、アクセントパネル選びにこだわってみましょう。選び方次第では浴室がとってもおしゃれな癒しの空間になりますよ!

910 Magazine

おしゃれな「猫足バスタブ」のメリット・デメリットとは?

「あんな素敵なお風呂に入ってみたい」――。4つのかわいらしい「猫の足」に支えられた優雅な浴槽、猫足バスタブは今まで多くの洋画に登場し、憧れのバスタイムの象徴として絶大な人気を集めてきました。
現在でも、「自分の城を持つなら猫足バスタブ付き物件を!」と望む方は多いものの猫足バスタブ付き物件の数は少なく、実際の使い心地やメリット・デメリットを把握しにくいのが現状です。
そこで今回は、猫足バスタブのメリット・デメリット、猫足バスタブがある賃貸物件の探し方、自宅に猫足バスタブを設置する場合の注意点についてご紹介します。

おしゃれな猫足バスタブのメリットとは?

浴室にあるだけでその場がパッと華やぐ猫足バスタブ。洋画の入浴シーンを見て憧れた方も多いのではないでしょうか。
物件探しの際、「猫足バスタブがあればうれしい」と希望条件に入れている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、実際日常生活で使用するとなれば実用性の点でもしっかり検討し、メリットとデメリットを把握する必要があります。
それではまず、猫足バスタブのメリットとは一体何なのでしょうか。

美しい外観はやはりメリット 投資物件では付加価値になる場合も

やはり、見た目のメリットは無視できません。疲れていても、おしゃれな猫足バスタブがあれば億劫がらず、気分良く入浴できることもあるでしょう。
また、投資物件に猫足バスタブを設置すれば、浴室の内装にこだわる方に訴求できる付加価値になる場合もあります。

浴室の床を掃除しやすい

猫足バスタブはバスタブと床の間が空いているため、浴室の床を掃除しやすいというメリットがあります。
バスタブと床が密接するタイプの据え置き型バスタブの場合は、バスタブで隠れてしまった部分の床が非常に汚れやすくなりますが、猫足バスタブは猫足でバスタブが宙に浮いているため掃除しやすいのはもちろん、カビも生えにくく、床を清潔に保てます。

実用性に乏しい? 猫足バスタブのデメリット

おしゃれで掃除がしやすいこと。この2点が猫足バスタブのメリットですが、一方、デメリットは次のようなものが挙げられます。

お湯が冷めやすい

猫足バスタブにはエプロンがないため、お湯が冷めやすくなります。
ここでいうエプロンとは浴槽の側面を囲うカバーのことをいい、一般的なシステムバスの浴槽にはついています。

自動給湯器が使用できないことが多い

猫足バスタブは蛇口からお湯を注いで溜めるタイプのものがほとんど。ボタン1つで希望の温度のお湯が沸き、冷めればまたボタン1つで追い焚きできる自動給湯器に対応していないことが多い点には注意が必要です。

縁の位置が高く跨ぎづらい

猫足バスタブは猫足で底上げされているため縁の位置が高くなり、入浴の際は一般的なバスタブより跨ぎづらくなりがちです。
足が不自由な方や子どもが入浴する際は転倒する恐れもあるので、ユーザーフレンドリーとは言い難いでしょう。

排水方法によっては洗い場がなくなることも!

猫足バスタブの排水方法は二通りあります。一つは浴室の床に直接流し、もう一つは浴室の排水管とバスタブの排水口をつないで排水管へ直接排水する方法です。
後者の方法の場合、浴室の排水はすべてバスタブの排水口を通ることになるため、バスタブの外で体を洗えなくなります。
つまり、バスタブの外では水を使えず、もし外で使った場合は排水ができなくなるのです。

このほか、猫足バスタブ付きの浴室はデザイン性を重視した設計になっているため、ドアや一部の壁がガラス張りになっているパターンも多く、人によっては落ち着かない場合もあるでしょう。

以上から、猫足バスタブは小さいお子さんや高齢者の方が同居するファミリー層や、お湯にゆっくり浸かりたい方には不向きです。

簡単! 猫足タスタブ付きの賃貸物件の探し方

猫足タスタブ付きの賃貸物件の探し方
前述の通り、猫足バスタブは実用性の面でマイナス点が多いのは事実です。
しかし、それでもそのデメリットを理解し、受け入れる気持ちがあれば、早速次の方法で猫足バスタブ付きの賃貸物件を探してみましょう。

不動産情報サイトのフリーワード検索を活用しよう!

希望の物件を真剣に探すのであれば直接不動産仲介業者(いわゆる不動産屋さん)に問い合わせるのが確実ですが、その前にある程度物件情報を集めておきたい場合は不動産情報サイトを活用するのがおすすめです。
その際は検索設定で希望する場所を選択した後、フリーワード検索で「猫足」または「猫足バスタブ」と検索してみましょう。

デザイナーズまたはリノベーション物件専門サイトで探す

一般的な不動産情報サイトで見つからない場合は、デザイナーズまたはリノベーション物件専門サイトで探してみましょう。
このような物件はデザイン性を重視しているため、猫足バスタブ付きの物件に出会える可能性が高くなります。

実際の使い心地を確認したい場合は猫足バスタブのあるホテルへ!

猫足バスタブ付きの物件について調べた後、実際の使い心地を確認したい場合は猫足バスタブのあるホテルで体験してみましょう。
ホテル予約サイトや旅行予約サイトのフリーワード検索でも探せます。

自宅に猫足バスタブを設置する場合の注意点

住宅を新築または購入する際に自宅の浴室に猫足バスタブを置くことも可能です。
自宅を自由にカスタマイズできることは持家最大のメリット。長年猫足バスタブに憧れていた方にとっては最大のチャンスです。
ただし、その場合には次のような点に留意しておきましょう。

高額なリフォーム費用がかかる場合も!

猫足バスタブは非常に重い製品が多く、一般的なシステムバスの床では耐えられない可能性があります。床のひび割れを防ぐためにも、猫足バスタブを置くなら重量物に対応できるタイルやモルタルの床にしなければなりません。そうなると、浴室空間を自由に設計できる在来工法にする必要があります。
新築の場合は設計の時点で決められますが、すでにシステムバスが採用されている中古住宅や分譲マンションでは比較的大掛かりな工事になるため、高額なリフォーム費用がかかってしまうことがある点には注意しましょう。

排水方法は入念に検討する

デメリットの説明でも触れましたが、猫足バスタブの排水口と浴室の排水管を直接つなぐと、バスタブ内でしか水が使えなくなります。
単身者向けアパートやビジネスホテルのユニットバスを使用するときの状況を想像してみるとわかりやすいでしょう。
一般的なシステムバスのように洗い場のスペースが確保されなくなるため、バスタブ内で洗うことに慣れていない方は排水方法についてしっかり検討する必要があります。

まとめ

猫足バスタブのメリット・デメリット、猫足バスタブがある賃貸物件の探し方、自宅に猫足バスタブを設置する場合の注意点についてご紹介しました。
猫足バスタブは日本ほど頻繁に入浴することがなく、水を大量に使わないヨーロッパで流行した浴槽であるため、日本の入浴方法に慣れている場合は使いづらいと思うことが多いかもしれません。
猫足バスタブに憧れている方は、まずは猫足バスタブ付きのホテルで使用感を確かめてみてはいかがでしょうか?

江戸時代で行われていた「井戸浚い(さらい)」とは? 井戸ポンプ情報局

江戸時代で行われていた「井戸浚い(さらい)」とは?

江戸時代、毎年夏の風物詩として行われていたのが「井戸浚い(さらい)」です。 江戸の街に住む庶民たちが毎年一斉に行っていた井戸浚いという行事は、具体的にどういった内容でどのような意味を持っていたのでしょうか? 今回は井戸と水に関する知識を深めるため、江戸時代の井戸システムと井戸浚いについて豆知識をご紹介します。

「井戸浚い」とは?

「井戸浚い」は、江戸時代に行われていた庶民たちの行事の一つです。井戸浚いとは、要するに「井戸の大掃除」のこと。井戸の水をできるだけ出したあとで、底に溜まったゴミを取り除きます。その後、井戸の内側をきれいに洗浄していたそうです。 当時の江戸には、井戸浚い専門の職人も多くいて、毎年7月7日になると江戸中で一斉に井戸の掃除が行われていました。 深い井戸にもぐって作業をするとなると、専門の職人といえどもそれなりのリスクが伴うものです。 「なぜ一斉に作業していたの?」という疑問を抱きがちですが、当時の江戸の井戸は地下ですべてつながっていたから。江戸の街にはすでに大規模な水供給用のシステムが敷かれており、近隣の川から上水が引かれる仕組みになっていました。 江戸で暮らす庶民たちは、そうして供給された水を得るための場所として井戸を活用していたのです。 ちなみに当時の井戸は、近隣住民と共同で使ういわば公共施設のようなものでした。このため、当然井戸浚いもその井戸を使う人々が協力して行っていました。「美味しい水を飲み続けるための、年に1度のメンテナンス」と考えられます。 すべての井戸が地中でつながる仕組みであったため、街中の井戸を一斉に掃除しなくてはあまり意味がありませんでした。 水が運ばれる途中に汚れた場所があれば、その先の部分の水はもれなく汚染されてしまいます。住人全員が安心・安全な水を得るためには、井戸システム全体の大規模清掃が必要だったと考えられます。 また、井戸浚いは決して簡単な作業ではありません。だからこそ、年中行事の一つとして一斉にやってしまおうと考えたのかもしれません。 そして「いったいなぜこの時期に行っていたの?」という点ですが、七夕の後にやってくる盆に向けた準備の一つだったという説があります。 また、本格的な夏が到来すれば、伝染病が蔓延するリスクもあります。井戸浚いは、水を介して疫病が広がるのを防ぐための予防策であったとも伝えられています。 江戸時代の水道については井戸ポンプ情報局で、過去にも取り上げていますのでそちらもご覧ください。(江戸時代に水道が使われていた?「水道井戸」「水道桝」とは)

「井戸浚い」は現代でも行われている?

井戸の底に溜まった汚れを掻き出し、きれいにするための「井戸浚い」は現代においても行われています。長年井戸を使っていると底部分に泥やゴミが溜まり、思うようには水を吸い上げられなくなってしまうケースがあります。このような場合に行われるのが、井戸浚いです。 また、「庭に古い井戸があるものの、すでに使えなくなっている。なんとか復活させたい」という場合に井戸浚いが行われるケースもあります。内部をきれいにすることで、井戸が復活する可能性は十分にあるでしょう。 現代で井戸浚いを行う場合、「井戸の中にもぐって作業を行う」方法の他にも、「専用の道具を使って外から汚れを取り除く」という手段も選べます。 江戸時代と同じく、井戸の中にもぐって作業をするのには危険も伴います。できれば専門の業者に依頼し、専用の道具を使って外からきれいにしてもらう方法を選択するのがオススメです。

井戸浚いはどこに依頼すれば良い?

井戸浚いはどこに依頼すれば良い? 江戸時代には、庶民たちが協力して行っていた井戸浚い。専門の職人もいたようですが、人手が足りなければ住人自ら井戸の中に入って作業することもあったようです。とはいえ、現代の井戸浚いにおいてこの方法を選択するのはやめておきましょう。 深い井戸の中にもぐって作業することには、酸欠などのリスクが伴います。また古い井戸であれば、途中で壁面が崩落してしまう可能性もあるでしょう。 見た目には大丈夫そうに見えていても、思わぬ事故に遭遇するリスクがあります。安心・安全に井戸を復活させるためには、やはりプロに依頼するのが得策です。 現代の井戸浚いは、井戸ポンプ等を扱っている専門の会社に依頼することが可能です。井戸に関する相談に対して、プロ目線で総合的にアドバイスしてくれるでしょう。井戸の状態によっては、たとえ井戸浚いをしても思うような効果が得られない可能性もあります。この場合、井戸をさらに掘り進めたり、古い井戸を諦めて別の井戸を掘ったりする方法があります。 専門家と相談しながら決定すれば、後悔のない選択ができることでしょう。「井戸水をどのように使いたいと思っているのか?」という点を踏まえた上で、自分たちにとってより良い選択をしてみてください。

古い時代から私たちの生活に根付いていた井戸

江戸時代の井戸浚いは、水道システムを快適に使い続けるための大切な行事の一つでした。江戸の街中で井戸の掃除が行われる様子は、さぞ圧巻だったことでしょう。近代的な水道システムが整備された現代において、江戸時代のような井戸浚いが行われることはありません。 とはいえ、水を快適に使い続けるために周辺設備の清掃・メンテナンスは重要なもの。江戸時代の「井戸浚い」に倣って、1年に1度の状態チェックや清掃、メンテナンスを心掛けてみてはいかがでしょうか?
人気急上昇中? レトロで可愛い「やかん」の魅力 井戸ポンプ情報局

人気急上昇中? レトロで可愛い「やかん」の魅力

厳しい寒さが続いてくると、あたたかい飲み物を淹れたりするのに何かと重宝する湯沸かしグッズ。簡単にお湯を沸かせて便利な電気ケトルや電気ポットが主流となっているものの、まだまだ根強く定番となっているのが「やかん」です。 最近では夏の風物詩ともいえる「やかんで煮出した麦茶」が商品化されたり、やかんのレトロでおしゃれな見た目が改めて注目されたりと、今やかんが密かなブームとなりつつあることをご存知でしょうか? そこで今回は、おしゃれで可愛い「やかん」の魅力についてご紹介します。

「やかん」と電気ポット・ケトルとの違い

はじめに、やかんと電気ケトル・電気ポットとの違いについて改めて確認しておきましょう。 まず電気ケトルはとにかくお湯を必要な分だけ素早く沸かせるのが魅力であり、特に通勤・通学前の忙しい朝などには大変便利なアイテムです。容器に水を入れて、プレートの上に置いてスイッチを入れるだけでお湯が1〜3分ほどで沸かせるので、家庭に限らずオフィスでももはや主流となりつつあります。 そして、電気ポットも火を使わずに大量のお湯を沸かせるアイテムであり、さらに保温もできるので一度沸かしておけば夜中にあたたかい飲み物を淹れたくなった時でもお湯がすぐに使えます。 このように、便利で簡単にお湯が沸かせる電気ケトル・電気ポットはもはや日常生活で欠かせないアイテムではありますが、一方で電気を確保できる場所でしか使えないため停電になってしまうと一時的にお湯を沸かせなくなってしまうといったデメリットもあります。 そのためご家庭では万が一の時に備えて、電気ケトル・電気ポットに加えて念のためやかんも常備しておいた方が安心です。

現代ならではの新たな魅力広がる? 「やかん」のメリットとは

電気ケトル・電気ポットと比べたやかんのメリットとしては、やはり電気を使わずに大量にお湯を沸かすことができて、家電製品ではないため洗うときも気を使わず丸洗いができるといったところが挙げられます。 電気ケトルや電気ポットは床に落としてしまうと場合によっては割れたり壊れたりすることもありますが、やかんは耐久性が高く破損しにくいといった点もメリットといえるでしょう。 さらに、「やかんといえばおいしい麦茶!」というぐらいやかんで煮立たせて作る麦茶は商品化されているほど昔ながらの定番中の定番であり、これは電気ケトル・電気ポットでは味わえないレトロなやかんならではの魅力ですね。 近年の健康ブームで人気の「白湯」もやかんで作るのが最適です。 また、最近では電気ストーブやエアコンで暖をとるのが主流ですが、灯油ストーブの上にやかんを置いてお湯を沸かす昔ながらの方法は、空気の乾燥を防ぐ役目も担っていました。 しかし、やかんを使ってお湯を沸かすと本体がかなり熱くなってしまうため、やけどに十分注意しなければならない点や、やはり電気ケトル・電気ポットと比べるとどうしてもお湯を沸かすのに時間がかかってしまう点はデメリットとなります。 そのため、通勤・通学前の忙しい時間帯の使用には向いていませんが、例えば休日のゆっくりとした時間にオシャレなやかんでコーヒーなどを淹れて楽しむといった使い方が昔とは異なる新たな魅力といえるかもしれません。 なお、現在大ブームとなっているキャンプでもコーヒーやインスタントラーメン用にやかんが重宝されており、キャンプ用のやかんも登場するなど、まさに現代的ともいえる楽しみ方で今後ますます発展が期待されます。

「やかん」はお好みに合わせてこだわりの一品を選ぼう!

「やかん」はお好みに合わせてこだわりの一品を選ぼう 「やかん」と一口に言っても、素材やデザイン、大きさには様々なタイプのものがありますので、昔ながらのレトロなものやより使いやすいものなど、生活スタイル・用途に合わせてお好みのものが選べます。 やかんを素材別に見ていくと、主にステンレス、アルミ、ホーロー、銅、鉄製などに分けられます。 やかんの定番として耐久性も高く、気軽にしっかり洗えてデザインも様々なのがステンレス、よりレトロなデザインでお湯が比較的早く湧きやすくリーズナブルなアルミ、保温力が高く豊富なカラー・デザインでおしゃれなものが多いホーローをはじめ、使えば使うほど色が変わる様子が楽しめる銅や海外からも注目を浴びている鉄製など、キッチンのインテリアとしても楽しめるやかんが揃っていますので是非こだわりの一品を探してみてはいかがでしょうか? また、素材やデザインだけでなく、やかんの容量も大切なポイントです。一般家庭はもちろん、一人暮らしでもスポーツなどで毎日一度に大量のお茶を作りたいという方は大きめの容量のものを選ぶと便利です。 そのほかにも、やかん本体の熱が伝わりにくい取っ手に加工されているものや、注ぎ口がマグカップにお湯を注ぎやすい形になっているものなどがあります。

「やかん」で日々の生活に彩りを

おしゃれで可愛い「やかん」の魅力についてご紹介しました。 やかんの奥の深い楽しみ方や、豊富な素材・デザインは電気ケトルや電気ポットとはまた異なる魅力が味わえます。 湯沸かしグッズはコーヒーを淹れる時やインスタントラーメンを作る時など、日常的に使用頻度が高いアイテムですので、普段は電気ケトル・電気ポットを使っているという方も是非この機会にレトロなやかんを取り入れて日々の生活にちょっとした彩りを加えてみてはいかがでしょうか?

Topics アイエフテクノサービスからのお知らせ

サービスエリア
サービスエリア サービスエリア Service Area
サービスエリア Service Area

千葉県(全域)・茨城県(全域)を中心に、関東1都5県でサービス提供を行っております。

よくある質問
よくある質問 よくある質問 FAQ

給湯器や井戸ポンプに関するよくある質問を一覧にしてまとめました。

よくある質問 FAQ

Contact

ご質問・お見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

0120-048-222

365日迅速対応可能

TOP