Changes Life.

快適な暮らしは「水」から始まる。

給湯器・井戸ポンプ・バスリフォームの
エキスパートカンパニー

アイエフテクノサービス株式会社は、ご家庭・企業でお使いの給湯器・井戸ポンプの販売・交換・設置工事・修理やバスリフォーム等に特化した水周りのエキスパートカンパニーです。
千葉県・茨城県を中心に、東京都、埼玉県、神奈川県、栃木県エリアにて、お客様のご希望・ご要望に添う形で、ご満足いただける高品質なサービスをご提供いたします。

Service アイエフテクノサービスが提供するサービス

給湯器 給湯器 Water Heater
  • お湯の出が悪い、お湯が出なくなった
  • お湯の温度が不安定
  • 追炊きができない、など

給湯器のトラブル・お悩みを迅速解決いたします!
給湯器の販売、給湯器新規取付、給湯器故障時の交換・修理対応、その他トラブル対応を、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で承っております。

バスリフォーム バスリフォーム Bath Reform
  • お風呂の浴槽がヒビ割れてきている
  • お風呂のタイルが割れてきた
  • 冬場はすぐにお湯が冷めてしまう、など

お風呂に関するトラブル・お悩み解決いたします!
システムバスへの交換をはじめ、ご要望に応じたバスリフォームを、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で迅速に行ないます。

給湯器 井戸ポンプ Well Pump
  • 井戸ポンプが回らない、回らなくなった
  • 漏電、水漏れした
  • 井戸ポンプから異音がする、など

井戸ポンプに関するトラブル・お悩み解決いたします!
井戸用ポンプの販売、故障時の交換・修理、新規井戸掘り工事、地下水
水質改善、その他対応を、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で迅速に行ないます。

Column 給湯器や井戸ポンプのお役立ち情報

910 Magazine

健康リスクも! 入浴を控えた方がいいときとは?

体を温めながら心身の緊張を緩めることができる入浴。「一日のうち最もリラックスできる時間」として、毎日意識的にお湯に浸かっている方も多いのではないでしょうか。
確かに、お湯に浸かって体を温めることはリラックス効果が期待できるほか、健康維持にも効果的ですが、場合によっては入浴を控えた方がいいときもあります。

そこで、今回は入浴を控えた方がいい場合の健康リスクについて解説いたします。

入浴の体へのメリットとは?

ご存知の通り、入浴には実に様々なメリットがあります。たとえば次のようなことはよく耳にするメリットのうちの一部です。

血行促進による健康維持

お湯の熱や水圧で体内の血行が促進され、冷え性の改善や免疫力・新陳代謝のアップ、疲労回復など、体を健やかに保つ効果が期待できます。
さらにお湯の中で軽く手足を動かせば、水の抵抗力を利用した軽いエクササイズにもなります。

体が温まってリラックス効果

お風呂に入って体が温まり、血行がよくなることで心身にたまっていたストレスや緊張がほぐれ、全身にリラックス効果を与えてくれます。
また、好きな香りの入浴剤を入れたり、音楽をかけたりすることでより効率的にリラックス効果が得られます。

さまざまな美容効果も!

入浴して体内の血行が促進されることにより、むくみ解消にも期待できます。また、お湯から出る湯気で毛穴が開き、毛穴の中の汚れが落ちやすくなる効果もあります。さらに、保湿効果の高い入浴剤を使えば温まりながら全身の保湿ができます。

以上のように、入浴は毎日自宅で気軽にできる健康維持・ストレス解消法の一つであり、たくさんのメリットがあります。しかし、体調によっては体温以上の熱を与えることで健康リスクが生じてしまうこともあるのです。

こんなときは入浴を控えましょう

こんなときは入浴を控えましょう
本来、お湯で体を温めることは健康維持につながります。しかし、次のような場合は入浴を控えた方がよいでしょう。

38度以上の高熱があるとき

38度以上の高熱があり、頭がフラフラする症状があるときは入浴を控えましょう。熱があるときは体力を消耗しやすい状態になっていますが、体温以上の温度のお湯に浸かることで一層体力を消耗し、疲労が蓄積して快復を遅らせる可能性があるからです。
また、入浴はお湯の温度や入浴時間によっては疲労感を招いてしまうことがあるため、熱がないときでもこれらの点に注意しながら入浴するように心がけましょう。

なお、熱や咳、頭痛といった症状がない軽い風邪のときはお湯で体を温めて免疫力をアップさせることができるため、入浴しても問題ないといわれています。しかし、体調をしっかり見極めて、決して無理をしないように注意しましょう。

お酒を飲んだあと

飲酒後の入浴は危険なので控えましょう。アルコールは入浴とともに血行を促進させる作用がありますが、この二つの要素が重なることで血行がよくなり過ぎ、逆に脳や心臓といった臓器に十分な血液がまわらなくなってしまう恐れがあります。その結果、脳貧血や心臓発作を引き起こす可能性があるのです。
また、肝臓の血液が少なくなることで動きが鈍り、アルコールの分解が阻害されます。その上で血中のアルコールが血行促進によって体中にめぐり、さらに酔いやすくなってしまうという悪循環も。

昔から「酔い覚ましに」と飲酒後にお風呂に入ろうとする方がいますが、実はこれは逆効果かつ危険な行為なので飲酒後の入浴は控えましょう。
体をさっぱりさせたい場合はぬるめのシャワーを浴びることをおすすめします。

肌が敏感になっているとき

日焼けや寒さによる乾燥などで肌がぴりぴり、ひりひりしたりする場合は入浴を避けた方がよいでしょう。水分量が低下しているお肌をお湯につけると必要な皮脂まで落としてしまい、さらにお肌の状態が悪化してしまう可能性があるからです。
どうしても入浴したい場合は、ぬるめのお湯に5分~10分程度浸かりましょう。その際、敏感肌でも使用できる保湿力の高い入浴剤を使用すると肌に潤いを残せます。

正しく入浴してお風呂を健康維持の味方に!

入浴を控えた方がいい場合の健康リスクについて解説しました。
現在は昔に比べて各家庭にお風呂が普及したことで、いつでも気軽にお湯に浸かることができるようになり、入浴は一日の疲れを癒す身近な手段になっています。
しかし、入浴はあくまで体調に問題がないことが大前提の行為です。体調不良や怪我など、不安要素があるときは無理してお湯に入らないように心がけ、健康リスクを減らしましょう。

910 Magazine

海外と日本ではどう違う? 女性のバスタイムの過ごし方

日本では当たり前の習慣のひとつである、毎日のお風呂。
入浴の文化は世界中にありますが、その方法や頻度、シャワーのみで済ませるか湯船につかるかといった細かい部分については国や地域によってさまざまな違いがあります。

そこで、今回は海外と日本の入浴習慣や、女性のバスタイムの過ごし方の違いについてご紹介します。

海外と日本の入浴習慣の違い

それでは、海外と日本での入浴習慣の違いについて見ていきましょう。
日本では単身者向けのワンルームからファミリー向けの広い家まで、ほとんどの物件でバスルームには湯船が備え付けられていますよね。日本人にとっては当然のことではありますが、実は季節を問わずお風呂につかるのが一般的な入浴方法である日本だからこその常識なのです。

一方で海外のアパートやマンションでは、バスルームに湯船がなくシャワーだけのところもたくさんあります。ホテルなども同様なので、海外旅行中なかなか湯船に入れず困った経験がある方も多いのではないでしょうか。

また、国や地域ごとの気候によってもお風呂に対する意識が変わる傾向にあります。日本の場合は基本的に湿度が高めで、特に夏はむしむしと暑くなり汗をかきやすい点が、お風呂に毎日入って体を洗うのが一般的になった理由の一つでもあるとされています。逆に空気中の湿度が低く夏でも乾燥しているような国では、日本ほど頻繁かつしっかりと入浴する習慣がない人も多いようです。

女性がバスタイムに美容ケアを取り入れるのは各国共通?

日本とその他の国とでは入浴に関する習慣や常識にいろいろな違いが見られる一方で、共通する部分もあります。
お風呂には体と心をリラックスさせてくれる効果がありますが、女性にとっては体を磨き上げるための美容ケアにも適した時間です。日本でも海外でもそれは同じで、入浴時にボディケアをする女性は多いようです。

とはいえ、美容ケア以外の部分には入浴習慣や方法に違いも多いですし、ケアに関してもその内容はさまざまです。
次の段落では、日本の他にもいくつかの国をピックアップして、女性がどのようにバスタイムを過ごしているのか見ていきましょう。

海外と日本の女性たちのバスタイムの過ごし方の違い

海外と日本の女性たちのバスタイムの過ごし方の違い

アメリカ

圧倒的にシャワー派が多いアメリカでは、湯船にしっかりつかることはあまりないようで、入浴するタイミングも朝起きて身支度をする前という女性が多くみられます。
夜に入るお風呂ではその後よく眠れるようリラックスするのが大切ですが、朝にシャワーを浴びる場合には逆にしゃっきり目が覚めるようなバスタイムにしなければいけませんよね。
そういった理由からか、シャワーを浴びながら好きな音楽を聴くという女性もいらっしゃいます。確かに、朝からノリの良い音楽を聴いて熱いシャワーを浴びれば元気よく出掛けられそうです。

フランス

アメリカと同様、朝シャワーを浴びるという人が多数派のフランス。音楽やラジオを聴きながらシャワーを浴びているという人が多いのも共通しています。
また、フランスでは気持ちをリラックスさせたり癒やしたりすることを一番の目的として入浴する人が多く、時間に余裕があるときに夜浴槽に浸かるという場合がほとんどで、毎日は入らないというのが一般的です。

美容ケアに関しては、全身の保湿にかなり気を使っている傾向が高いそうです。それにはフランスの乾燥した気候に加えて、水道水の成分が関係しています。
フランスの水には、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルが豊富に含まれており、こうした水をシャワーとして浴びると肌が乾燥しやすいため、日本よりもさらに保湿ケアに気を配る人が多いのかもしれません。

韓国

日本のお隣、同じアジア圏ということで似ている文化も多い韓国。ですがお風呂に関しては、日本以外の国々と同様に朝のシャワーのみで済ませるという人が多いようです。
その一方で、お風呂で体を洗う以外にすることといえば真っ先に挙がるのが歯磨き、という点は日本の女性とも共通しているポイントといえるでしょう。ただボディケアに関する意識は日本人女性よりも全体的に高い傾向があります。

日本

湯船につかることが一般的な日本のバスタイム。海外の女性も保湿や角質のケアなどいろいろな方法で美容ケアをしていますが、日本ではそれに加えて毎日の半身浴を基本の美容ケアとしている人が目立ちます。
ゆっくり半身浴している間の過ごし方はさまざまで、読書や勉強、体や顔のマッサージ、保湿ケアの他、ダイエットの一貫として長風呂をしている、という人も。お風呂であたたまりながら歯磨きをすることも多いようです。

このように、国や地域ごとに女性のバスタイムの過ごし方にも違いがあります。人によっては外国式の入浴方法の方が自分に合っているという方もいらっしゃるかもしれませんね。

まとめ

海外と日本の入浴習慣や、女性のバスタイムの過ごし方の違いについてご紹介しました。
国や地域によって女性のバスタイムの過ごし方はさまざまです。保湿ケアの重視など、真似したい部分はどんどん取り入れていきたいですね。
今回ご紹介した海外の入浴習慣を参考に、日頃のバスタイムをさらに有意義なものにしていきましょう。

近年注目の井戸の仕組みや安全性について 井戸ポンプ情報局

近年注目の井戸の仕組みや安全性について

地震や台風など自然災害の多い昨今では、ライフラインが途絶えたときの防災用として井戸が再評価されています。また、日頃から生活用水として利用しているご家庭も増えており、なかにはガーデニングなどで使われる方もいらっしゃいます。 しかし、その一方で井戸のことをあまり知らない人にとっては「井戸って本当に便利なの?」と感じている方も多いのではないでしょうか? そこで、今回はこれから井戸水を利用してみたいという方に向けて、改めて井戸の仕組みや安全性などについてご紹介します。

防災井戸として近年注目の「手押しポンプ」の仕組み

現在の井戸は、昔ながらの桶を使って水を汲み上げる井戸とは異なり、一般的に「手押しポンプ」というタイプのものが主に使われています。電力が不要のため、災害時でも使用できる点がメリットです。 手押しポンプの仕組みについては、コップの中に入っているジュースをストローで飲むときを思い出してみてください。ストローで吸うと簡単にジュースが口まで上ってくるところをイメージしていただけることと思います。 コップの中に入っているジュースは、ストローで吸うことによって気圧がかかり、上から押されている状態となります。気圧の大きさは空気量に比例しますが、ストローで飲み物を吸うことで、ストロー内の空気は減少し真空状態が作られます。この働きを利用して、ジュースはストローを通り口にまで上ってくるのです。 そして手押しポンプも、簡単にいえばこのストローで吸うとジュースが口まで上ってくる原理を利用しています。

井戸にはさまざまな種類がある?

井戸には実はさまざまな種類があります。それぞれ特徴があるため、より深く理解するためにもチェックしてみましょう。

堀り抜き井戸

掘り抜き井戸は、時代劇などでよくみる昔ながらの井戸です。地中深くまで穴を掘り、湧き出た地下水をバケツなどで汲み上げるタイプとなっています。掘り抜き井戸は、直径60cm、深さ6m程度のものが主流ですが、土の性質によっては15m前後まで掘られているものもあります。 直径や深さを調整することで、希望通りの水量を確保しやすい点がメリットといえるでしょう。

打ち込み井戸

打ち込み井戸は、別名で「打ち抜き井戸」とも呼ばれる井戸で、地中に打ち込んだパイプで地下水を吸い上げます。 掘る場所の広さに影響されず、狭い所でも掘れるのがメリットです。大きな工事も不要で、掘る際の砂利や土の量も多くありません。 ただし井戸掘り作業の負担は少ない反面、水量が少ないことがデメリットでもあります。

井側井戸

井側井戸は、手掘りで作るタイプの井戸です。浅い層の地下水を円筒状のコンクリートを使い、中に集めて溜め込みます。この円筒状のコンクリートが井側と呼ばれています。地下水などを溜められますので、水量が少なく水不足になることが多い地域や季節に重宝されています。

ボーリング井戸

ボーリング井戸は、掘削機(ボーリングマシン)で岩盤などを掘り、地中の深い場所にある地下水を汲み上げられるようにした井戸です。 人力では掘れない岩盤でも関係なく、井戸の中でも一番水量や水質などを確保できる点がメリットとなっています。

井戸水として利用する地下水が発生するメカニズム

井戸水として汲み上げられる水は地下水ですが、地中の何もないところで自然発生的に生まれるものではありません。自然のメカニズムが働いています。 地下水は、元々は雨で、空気中のホコリやチリ、二酸化炭素が含まれることで雨水は弱酸性となります。 雨が地面に落ちると土の中に染みますが、土中には岩などの隙間があり、雨はそこを通り過ぎてろ過されていき、その過程で土や岩の成分の作用を受けて徐々に酸性が和らぎます。 そして、地中深くには風化した岩石や砂などがありますので、その層に到達した水分がろ過されていき、さらに下層にある岩石の隙間を通り過ぎていきます。そのときに岩石の成分が水分に溶けて入り込み、地下水となります。 このように、私たちは自然のメカニズムの働きによってできた地下水を井戸水として利用しているのです。

井戸水は飲んでも大丈夫?

井戸水は飲んでも大丈夫? 井戸水は、主に浅井戸水と深井戸水に分けられます。そのなかでも、地下水である井戸水を、飲料水として安全に飲めるのは深井戸水です。 浅井戸は一般的には地下8〜10m程度の深さの井戸水ですが、地表からの距離が浅いためにどうしても不純物や細菌など、さまざまな物質の影響を受けやすいのです。そのため浅井戸水は飲料水ではなく、主に農業用水などで使われることが多いようです。 そして深井戸水は、10〜30mほど掘った深い部分の地下水であるため、地表の影響をあまり受けません。一般的に市販されているナチュラルミネラルウォーターには、この深井戸水が使われています。

井戸を安全に使用するためのポイント

井戸を利用する際は、安全性を確保し続けなければなりません。万が一病原菌などに感染した場合、大きなトラブルに発展するからです。 そのためには年1回程度を目安に、保健所などに依頼して水質検査をしっかり実施する必要があります。 水質検査の際には、井戸水の周辺環境もチェックしておきましょう。例えば、汲取式のトイレなどを利用している場合は雑菌を繁殖させる原因となるため、井戸水に悪影響を与えるリスクが高いからです。 そのほかにも、人間が物を投げ込むなどいたずらをする可能性もゼロではありません。日頃から井戸を使うとき以外は柵をしておくなどの配慮も必要です。 また、水質などに問題を感じたらすぐに保健所に連絡しましょう。日常的に注意することで、井戸水の安全性は保たれるのです。

まとめ

井戸は災害時など、ライフラインの確保が難しい場合の生活用水として利用できます。さらに飲料水としても使える水質なら、毎月の水道代を安くできるという利点もあります。とはいえ、井戸水を正しく活用するにはその仕組みを知り、安全性にもしっかり気を配ることが大切です。 これから井戸水を利用してみたいという方は、今回ご紹介した井戸の仕組みなどをぜひ参考にしてみてくださいね。
天然の炭酸水が出る井戸がある?! 井戸ポンプ情報局

天然の炭酸水が出る井戸がある?!

近年、美容や健康への効果が期待され人気を博している「炭酸水」。 さまざまなメーカーから販売され、スーパーやコンビニなどで見かけることが多い炭酸水ですが、福島県に天然の炭酸水が出る井戸があることをご存知でしょうか? 今回は、天然炭酸水が出る貴重な井戸についてご紹介します。

天然炭酸水が湧き出る「大塩天然炭酸水井戸」

日本国内でも珍しい天然炭酸水が出る井戸は、炭酸温泉地として知られる福島県の奥会津金山町にあります。「大塩天然炭酸水井戸」と呼ばれ、地元住民を中心に多くの人々から親しまれています。 豊かな自然に囲まれ、大きな看板で「炭酸水」と書かれた大塩天然炭酸水井戸では、誰でも自由に炭酸水を飲むことができ、用意されているヤカンで汲み取って楽しめます。また、持参したペットボトルなどに入れて持ち帰ることも可能です。 しかし、天然炭酸水が出る井戸は二酸化炭素濃度が高く、不用意に井戸内を覗き込んで二酸化炭素を大量に吸い込むと危険ですので、万が一の事故を防ぐためにも避けましょう。 この井戸から汲める天然炭酸水は、微炭酸で飲みやすく、ほのかな甘味と若干の鉄分の味が感じられ、ほどよく口の中で炭酸特有のパチパチとした感覚が楽しめます。 また、夏場は水位が下がって鉄分が濃くなり飲みにくくなるそうですので、時期を見計らって訪れるとよいでしょう。

明治時代から始まった天然炭酸水の製品化

「大塩天然炭酸水井戸」で湧き出ている天然の炭酸水は、実は製品化もされています。 大塩天然炭酸水の歴史は明治時代から始まったとされており、瓶詰めにして一度製品化され、ドイツをはじめとするヨーロッパに輸出していました。 しかし、当時は現在のように交通手段が発達しておらず、高い輸送費などを理由に休業となってしまいました。 そして時は経ち、2004年になると製水工場が建設され、約100年ぶりに大塩天然炭酸水のボトル販売が復活したのです。 現在では、大塩天然炭酸水はお土産としてはもちろん、通信販売でも手に入れることができますので、遠方で現地を訪れるのは難しいという方でも気軽に天然炭酸水の味が楽しめます。 また、時期によって味が変動する大塩天然炭酸水井戸とは異なり、販売用に加工されていますのでさらに飲みやすくなっています。

通常の炭酸水と天然炭酸水の違いとは?

通常の炭酸水と天然炭酸水の違いとは? 現在さまざまなメーカーから販売されている炭酸水は、胃腸の動きが活発になり、疲労回復やダイエット、美肌や美髪に効果があるといわれていますが、天然の炭酸水とはどのような違いがあるのでしょうか? 通常、スーパーやコンビニなどで見かけることが多い一般的な炭酸水は、製造過程で人工的に炭酸ガス(二酸化炭素)が注入されており、個人差がありますが炭酸が強く感じられて苦手という方もいらっしゃいます。 一方で、天然の炭酸水は自然に発生した炭酸ガスが溶け込んでいるので一般的な炭酸水と比べると口当たりがよく、やさしい味わいで飲みやすくなっています。 そのため、炭酸水に美容や健康への効果があるのは知っているけれど、炭酸が強くて飲むのはこれまで苦手だったという方でも、気軽に生活に取り入れやすいのが魅力です。 炭酸水の効果については、過去に井戸ポンプ情報局でも取り上げていますのでそちらもご覧ください。(人気の炭酸水の効果とオススメの飲み方!)

まとめ

天然の炭酸水が出る貴重な井戸についてご紹介しました。 湧き水のように炭酸水が自然に湧き出る井戸があることに驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか? ただし、限りある自然の資源を守るためにも、現地を訪れた際は適度な量を汲み取るように心がけましょう。また、ボトル販売されている商品を試してみるのもオススメです。 天然炭酸水は、通常の炭酸水に比べて微炭酸で飲みやすいので、ぜひ美容や健康のために生活に取り入れてみてくださいね。

Topics アイエフテクノサービスからのお知らせ

サービスエリア
サービスエリア サービスエリア Service Area
サービスエリア Service Area

千葉県(全域)・茨城県(全域)を中心に、関東1都5県でサービス提供を行っております。

よくある質問
よくある質問 よくある質問 FAQ

給湯器や井戸ポンプに関するよくある質問を一覧にしてまとめました。

よくある質問 FAQ

Contact

ご質問・お見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

0120-048-222

365日迅速対応可能

TOP