節約

2020-09-29

バスタイムに無理なく節約! ガス代・水道代を抑えるテクニック

毎日の生活に欠かすことのできない水道とガス。電気と合わせて、日常生活を送る上ではなくてはならないものですよね。
水とガスは日常のあらゆる場面で使われますが、中でも大量に消費されるのが毎日のお風呂です。
家族が多いほどお風呂に入る人も多いわけですから、それだけ水道代やガス代がかさみます。しかし、たくさんお金がかかるところを上手く節約できればリターンは大きいはずです。

そこで今回は、ゆっくりのんびりとリラックスして過ごせるバスタイムはそのままに、無理なく節約するための一工夫をご紹介します。

なぜ夏と冬にはガス代と水道代が増えやすいのか?

春や秋など気候が比較的穏やかな季節と比べて、夏と冬はガス代・水道代ともにコストが多くなる傾向にあります。

暑い季節にガス代や水道代が増えるのは、単純にシャワーを浴びる頻度が増えるのが一番大きな要因です。特に近年、夏はどんどん暑くなっていき、地域によっては毎日のように猛暑日になることも増えてきましたよね。
暑ければ当然汗をかきますし、汗をかけばさっぱりと流したくなるものです。
普段は夜のみ入浴するという習慣の人でも、夏場は寝ている間に汗をかいたからと朝にもシャワーを浴びたり、帰宅直後に一旦汗を流すために簡単にシャワーを浴びて、夜にまた改めて入浴したりといったルーティーンになることもあるでしょう。
そうなれば当然ガス・水道ともに使用量が増えて、料金もいつもより高くなってしまうわけです。

ひとり暮らしならあまり気にならないかもしれませんが、家族全員が日に何度もシャワーを浴びることになれば、それだけ日頃の料金との金額の差は大きくなり、無視できないレベルになることも。
加えて小さなお子様のいるご家庭では、家庭用のビニールプールなど水遊びが楽しい季節ですので、水道の使用量が増えてしまうのは当然です。

逆に冬場は、お風呂にしっかり入って温まりたい!ということでガス代・水道代がかさむ季節です。普段はシャワーで済ませていても、寒い季節はじっくり温まるためにお湯に浸かるようにしている方が多いのではないでしょうか。
また、気温が低いので湯船に張ったお湯が冷えやすく、何度も追い焚きをしたりお湯を足したりといったことを繰り返しがちなのも、ガスや水道の使用量増加に拍車をかけています。

追い焚きの活用とお湯の入れ替え、どちらがお得?

お風呂は毎日入るものですから、それを前提として節約のために工夫していきたいところです。
そこで気になるのが、追い焚き機能を活用する場合と、その都度お湯を入れ替えた場合、どちらがよりガス代と水道代の節約になるのか?ということでしょう。

もちろん、お風呂を沸かしてすぐ、お湯が温かいうちに家族みんなが入浴を済ませてしまえば、それが一番節約になります。ですが現実的に考えると、家族全員のライフスタイルが揃っていて、誰もが同じタイミングで入浴できるとは限りませんよね。家族の人数が多いと、自分の順番が回ってくる頃にはお湯がぬるくなってしまっているなんてこともあるかもしれません。
そんなときは、水自体はそのまま活用して追い焚きするのか、それとも新しくお湯を張り直すのか、どちらがお得なのでしょうか。

実はガス代だけ見れば、追い焚きよりも新しくお湯を沸かす方が、お得に済みます。
もちろん水道水の温度によっても差は出ますが、お湯を温める際の熱効率が追い焚きのときよりも新しくお湯を沸かすときの方が若干高いため、ガス代はお湯を入れ替えた方が安くなります。

ただし、そのガス代の差は新しくお湯を張るためにかかる水道代よりも下回ることがほとんど。水道料金を加味して考えると、総合的には元のお湯を使って追い焚きした方がお得になることが多いです。
その差は数十円ほどですが、これが1ヶ月、1年と積み重なると、大きな金額になっていきます。
つまり、ガス代だけが気になるならお湯はその都度入れ替えてもいいですが、水道代も含めて節約したい場合は、追い焚きも活用していくのがベストでしょう。

残り湯を活用して無理なく節約しよう!

残り湯を活用して無理なく節約しよう
一日の疲れをほぐす、癒やしの時間でもあるバスタイム。節約することばかりに気を取られてしまっては、かえって疲れてしまい本末転倒ですよね。
ここからは、リラックスしてお風呂を楽しみつつ無理なくできる節約テクニックとして、「残り湯を無駄なく活用する」という方法をご紹介します!

シャワーは浴槽内で浴びる

シャワーを浴びるときには浴槽の中に立つようにすると、湯船のお湯はもとより、シャワーで使ったお湯も残り湯として活用できます。
ついつい出しっぱなしにしてしまいがちなシャワーですが、これなら無駄になりません。意識してシャワーを止めるのが苦手だという方は、ぜひ試してみてくださいね。

様々な場面で使える!残り湯の活用法

残り湯の使い方として一番メジャーなのは洗濯ですが、それ以外にも水周りや床・壁などの拭き掃除、洗車などさまざまな場面で活用できます。
ぬるま湯の方が落ちやすい汚れも多いので、お風呂の残り湯は洗濯や掃除にはぴったり。泥などで激しく汚れてしまった衣服や布靴の予洗いにもおすすめです。
さらに新しくお湯を沸かすコストをしっかりカットできて、水道代だけでなくガス代の節約にもなるため、一石二鳥です。
掃除や洗濯以外では、しっかり冷ませば庭の草木やお花にあげるお水としても活用できます。夏場には打ち水用の水として使うのもいいですね。

まとめ

暑い季節、寒い季節には普段よりもガスや水道の使用量が増える傾向があります。
追い焚き機能や残り湯をしっかり活用して、バスタイム自体はこれまで通りのんびりと過ごし、無理のない範囲でガス代・水道代ともに賢く節約していきましょう!

2020-01-17

エコキュートにかかる電気代を上手に節約しよう!

ガスではなく電気を使ってお湯を沸かせるエコキュートは、従来の給湯器と比べると省エネで光熱費を節約できると評判です。しかし、正しく使いこなせていないとせっかくエコキュートを使用していても光熱費をあまり抑えられないことがあります。

そこで、今回はエコキュートを上手に使うことで光熱費を節約し、電気代をさらに安くするためのポイントをご紹介します!

エコキュートとは?

エコキュートの正式名称は、「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」というもの。空気の熱を使ってお湯を沸かすヒートポンプ技術のうち、自然冷媒である二酸化炭素に大気の熱を集め、その熱でお湯を沸かすという仕組みの機種を指しています。

ヒートポンプ技術を使った他の給湯器と異なるエコキュートの画期的な点は、熱を移動させるために用いられる冷媒として自然界にもともと存在している二酸化炭素を使うため、長いあいだ問題となっているオゾン層の破壊や温暖化ガスの排出などを抑制でき、より地球に優しいシステムの給湯器となっているのです。

さらに、この大気熱を活かしたシステムは実は家計にも優しく、お湯を沸かすのに必要な電気エネルギーをこれまでの約3分の1にまで抑えてくれます。つまり、その分電気代も安くなるということになります。

また、エコキュートでお湯を沸かすためにはヒートポンプ技術のほかに夜間電力を使うため、その点でも給湯器としてのランニングコストを安くすることができるのが魅力です。夜間は電気代が昼間と比べて安いため、夜のうちにお湯を沸かして貯めておけば、昼間はお湯を沸かす必要がなくなり電気代を抑えられるのです。

エコキュートにかかる電気代を節約してよりお得に!

エコキュートにかかる電気代をさらに節約するためのポイント
エコキュートは大気熱を活かしたシステムや、電気代の安い夜間にお湯を沸かすことで料金を節約できるのが大きな魅力です。しかし、夜に沸かしておいたお湯では足りずに、昼間になってさらに追加で沸かすとなると当然電気代も高くなってしまいますよね。

ここでは、できるだけ日中の沸き増しを避けてエコキュートの電気代を節約するためのポイントをご紹介します。

給湯設定はこまめに切り替えて使い分ける

エコキュートの給湯設定には省エネモードというものがあり、名前の通りその設定で使うと一番省エネになり電気代も節約できます。しかし、この省エネモードでは夜間に沸かしておくお湯の量そのものが少なめに設定されていることが多いため注意が必要です。
節約になるからと常に省エネモードに設定して使っていると、結局夜に沸かしておいた分だけではお湯が足りなくなってしまうことも。そうなれば日中でもお湯を新たに沸かさなければいけないので、電気代がかさんでしまいます。

そのためエコキュートをお得に使うには、例えばお湯をたくさん使う寒い時期には最初から多めにお湯を沸かしておく設定にしておき、暑い夏などお湯を使う量が減る季節になったら省エネモードに切り替えるなど、こまめな給湯設定の変更がポイントです。

自動沸き上げ機能もきちんと停止しておく

エコキュートの中には、夜間準備しておいたお湯の残量が少なくなると日中であっても自動的に沸き増しをはじめる機能がついているものも多いです。お湯が足りなくなることを防ぐ便利な機能ではあるのですが、場合によっては無駄にお湯を沸かすことにもなってしまいます。
「今日はもうこれ以上お湯を使わない」と分かっているときにはその機能を停止しておくようにしましょう。

電気料金プランをしっかり把握しておく

エコキュートを使うにあたって、よりお得に使えるよう夜間の電気代が安くなる料金プランにしているご家庭も多くみられます。
その場合は、現在契約している電気料金プランでは夜間のどの時間帯が一番電気代が安いのか、逆に日中はどの時間帯に単価のピークがくるのかをきちんと把握しておくことで、電気代の無駄を省くことができます。

さらに、エコキュートの中には「ピークカット設定」という機能が搭載されているものもあります。これは電気代が高くなるピーク時にはお湯を沸かさないよう設定できるもので、お湯が減ってきているときでも設定した時間帯には沸き増しを自動で避けてくれます。この機能がついているときには、ご家庭で契約している電気料金プランのピーク時間を設定しておきましょう。

お風呂のお湯がぬるいときには高温足し湯がオススメ

お風呂のお湯がぬるくなってしまったときには、追い焚き機能や自動保温機能よりも「高温足し湯」機能を使うのがお得です。追い焚きや自動保温などの機能は、ぬるくなったお湯をあらためて温め直すものなので、エコキュートのタンク内の熱をたくさん使ってしまいます。
一方で、高温足し湯ならタンク内の熱いお湯を足すだけなので、お湯をもう一度温める分のコストをカットできるのです。

旅行のときには休止モード設定を忘れずに!

ごく基本的なことですが、家族旅行などで数日以上の長いあいだ家を空けるときにはエコキュートも忘れずに休止モードに設定しましょう。誰もいない家での無駄な沸き増しなどを防ぎ、電気代を節約できます。

このように、日頃からエコキュートの使い方に少し気を配るだけで電気代を簡単に節約することができますので、是非試してみてくださいね。

まとめ

エコキュートを使って電気代を上手に節約するためのポイントをご紹介しました。忙しい毎日を送っているとつい見逃してしまいがちですが、日々の積み重ねによって電気代も大きく変わってきます。
エコキュートは、電気給湯器の中でも特に電気代を節約できる給湯器です。今回ご紹介した方法でさらに無駄を省き、電気代を節約して家計にも地球にも優しい暮らしをはじめましょう!

2019-12-20

自宅のお風呂と銭湯でかかるコストの違いとは?

銭湯は昔から多くの人々から親しまれていますが、今はほとんどの家にお風呂が備えつけてある時代でもあります。
毎日自宅でお湯を沸かしてお風呂に入るのと銭湯を利用するのでは、かかるコストは自宅の方がお得ですが実際にはどれくらい料金に違いがあるのかご存知でしょうか?

そこで今回は、自宅のお風呂と銭湯でかかるコストの違いについてご紹介します。

銭湯の料金はいくらくらいするの?

銭湯に入るのにかかる料金は各都道府県ごとに決められており、地域によって異なります。
そのため、今回は東京都に住んでいる場合を条件として自宅のお風呂にかかるコストとの違いを見ていきましょう。

まず、東京都の銭湯の料金は上限額が大人460円、小学生以上中学生未満は180円、小学生未満は80円となっていますので、例えばお父さんとお母さん、小学生のお子さん一人という家族であれば、全員合わせて一日分の入浴で1,100円ほどかかることになります。

これを踏まえて、自宅で入浴するときのコストとの違いを考えてみましょう。また、お住まいのエリアでは自宅での入浴にかかるコストとどれくらいの差があるのか調べるときにもぜひ参考にしてみてくださいね。

自宅で入浴するときのコスト

自宅で入浴するときにかかるコストは、水道代のほかにはガス代がかかりますよね。
お風呂を沸かすガスには、一般的にプロパンガスと都市ガスの2種類あり、プロパンガスは少しコストが高めなのに対し、一方の都市ガスはリーズナブルなのが特徴です。
ここでは、プロパンガスと都市ガスにかかるコストをそれぞれ見ていきましょう。

プロパンガスを使用している場合

プロパンガスを使っている家庭でお風呂に入るときにかかるコストを調べるには、浴槽にお湯を張るためにかかる料金を計算します。
関東エリアのプロパンガスの平均価格相場が1㎥につき単価が491円となっており、それをもとに計算すると1回お風呂を沸かすのに一般的におよそ132円かかるとされています。
さらに、シャワーを使うのにかかるガス代は一人当たり約34円が平均となっており、家族の人数にもよりますが全員合わせてもコストは数百円ほどとなります。

都市ガスを使用している場合

プロパンガスよりリーズナブルな都市ガスを使っている場合、かかるコストはさらに下がります。お風呂を1回沸かすのにかかるガス代は一般的に約84円、シャワーは一人当たり約22円となっており、一人がお風呂に入るのにかかるコストはおよそ100円くらいとなります。そのため家族が多くても、やはり数百円程度しかコストがかからないことになります。

さらに、ガス代のほかシャワーなどで使う水道代を加えても増える料金は1回で一人当たり数十円ほどです。
また、一般家庭でよく見られる200リットルほどの湯量のお風呂にかかる水道料金は1回50円ほどですので、ガス代に水道代を加えても銭湯と比べればかなりお得であることが分かります。

まとめ

まとめ
自宅のお風呂と銭湯でかかるコストの違いについてご紹介しました。
お父さんとお母さん、小学生のお子さん一人という家族で1回の入浴にかかるコストを計算すると東京の銭湯では1,100円ほどかかりますが、自宅でお湯を沸かしてお風呂に入る場合は数百円のコストしかかからず、節約という面ではやはり自宅の方がお得だということがお分かりいただけたことと思います。

とはいえ、銭湯にもお風呂の広さや種類の豊富さなど魅力がたくさんありますので、たまには足を運んで日頃の疲れを癒してみるのもよいかもしれませんね。

2019-09-20

新しいスタンダード?! 「エコジョーズ」のメリット

私たちの毎日の生活に欠かせない給湯器は、現在ガス給湯器と電気給湯器を中心にさまざまな商品が各メーカーから販売されています。
その中でも、今後スタンダードになっていくとされているガス給湯器が「エコジョーズ」です。しかし、ほかのガス給湯器との違いなど具体的な部分についてはよく分からないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、エコジョーズを使うメリットや、ほかのガス給湯器と比べてどんな違いがあるのかご紹介します。

今注目の給湯器「エコジョーズ」のメリットとは?

これまでのガス給湯器に比べて熱効率がアップ!

ガス給湯器は、ガスを燃料にして火を使ってお湯を温めるという仕組みの給湯器ですが、その熱効率は従来のものだと約80%といわれています。
これは、ガスを使って点けた火のうち残り20%は排気熱となって無駄になってしまっているということを指しています。

一方でエコジョーズは、これまでは無駄になっていた排気熱も使ってお湯を温めるというシステムにより、これまで約80%だった熱効率を約95%にまでアップすることに成功しています。
そのため、エコジョーズはこれまでのガス給湯器よりもさらに効率的にお湯を供給できるのです。

ガス代の節約に役立つ?!

エコジョーズを使用することによって熱効率がアップすれば、お湯を温めるのに使うガスの量も少なく済むようになりますので、ガス代が節約できます。
また、給湯器を使用していないときの待機時間に消費する電力についても、これまでのガス給湯器に比べると大幅に節約できるようになります。
ガス代だけでなく、電気代も合わせて節約できるのはうれしいメリットです。

二酸化炭素の排出量が少ない!

北極や南極の氷山が溶けていくなど、世界中の環境に影響を与えているといわれている昨今の地球温暖化による異常気象。
その原因のひとつである二酸化炭素についても、エコジョーズはその排出量を減らすことに成功しています。
これまでのガス給湯器と比べて少ない二酸化炭素の排出量で、環境にも配慮しているのです。

エコジョーズを使うと本当に節約できるの?

エコジョーズを使うと本当に節約できるの?
これまでのガス給湯器に比べて、さまざまなメリットがあるエコジョーズですが、一番気になるのは「本当に節約になるのか」というところですよね。

エコジョーズがなぜガス代を節約できるほどにガスを使う量を減らせるのかというと、これまでは無駄になってしまっていた「排気熱」を活用できるシステムになっている点が主に挙げられます。
今までの給湯器では外に排気されていた熱い空気も使って水を温めることで、一度に消費するガスの量を減らしているのです。

こうしてガスの使用量を減らすことにより、エコジョーズを使っている場合と従来のガス給湯器を使っている場合を比較すると、1年でおよそ2万円以上もガス代を節約できるといわれています。
1ヶ月分に換算すると2千円近く節約できることになりますので、日頃の家計の助けとして目に見えてお得に感じられるのではないでしょうか?

まとめ

エコジョーズを使うメリットや、ほかのガス給湯器と比べてどんな違いがあるのかご紹介しました。
今後スタンダードになっていくとされている「エコジョーズ」が、これまでのガス給湯器とどう違うのかお分かりいただけたことと思います。

日頃の家計の助けとなるだけでなく、環境にも配慮されているエコジョーズは現在さまざまなメーカーから販売されていますので、ぜひ検討してみてくださいね。

2019-08-13

給湯器のオン・オフは光熱費の節約に効果はある?

ガス給湯器はガスを使ってお湯を温めるという仕組みのため、 使用した分だけ光熱費がかかります。
そのため、毎月の光熱費を少しでも節約したいと考えたときに、給湯器を使っていないあいだは電源をオフにしておいた方がよいのか気になりますよね。

そこで、今回は給湯器のオンとオフには光熱費の節約に効果があるのかどうかご紹介いたします。

ガス給湯器にはガス代の他に電気代もかかる!

ガス給湯器という名前だけ聞くと、使うときにはガス代だけがかかるように思ってしまいますよね。ですが実際にガス給湯器でお湯を沸かす時には、ガスのほかに電気も利用しています。
「ガス」給湯器なのに電気も利用する、その理由はガス給湯器の仕組みそのものにあります。

ガス給湯器がお湯を温める仕組みは、水道のパイプに水が流れているときにガスが着火し、パイプを加熱して中を通る水を温めるというものです。
最初に蛇口をひねると給湯器のセンサーが反応し、水が流れたことを感知してガスに火がつけられます。
さらに、指定された一定の温度にお湯の熱さが保たれるように管理してくれたり、一定以上の水量は給湯されないよう調節してくれるものもあります。

このように、ガスが着火するタイミングやお湯の温度、水量などを管理しているセンサーなどの仕組みは電気で動いています。
ガス給湯器ではガスを使ってお湯を温めるものの、給湯器そのものを動かしているのは主に電力なのです。
そのため、ガス給湯器を使う際にはガス代と電気代、その両方の料金が発生します。

ガス給湯器をつけっぱなしにしていると電気代がかかる?!

現在、大手のメーカーで作られているガス給湯器のほとんどは、使っていないときには火が完全に消えるシステムになっています。

給湯器自体の電源はついていても、実際にお湯が使われていないときにはガスが使われていないのです。
そのため、ガス代に関しては給湯器をつけっぱなしにしていても無駄遣いにはなりません。

一方で、ガス給湯器の電源をつけたままにしておくと、待機電力やセンサーなどの管理、画面表示などに利用する電力が必要なため電気代はかかっています。
こまめに給湯器の電源を切れば電気代の節約にはなりますが、実はそれで節約できる額は年間で数百円程度なのです。

給湯器を使わないときは電源を切るのがオススメ!

給湯器を使わないときは電源を切るのがオススメ

ガス給湯器の電源をこまめにオフにしても節約できるのが年間数百円程度であれば、できればつけっぱなしにしていたいと感じている方も多いかもしれません。

しかし、ガス給湯器関係の事故やトラブルを防ぐためにも、長時間使わないときは電源を切っておく方がよいでしょう。特に、夜眠る前や家を長く留守にするときなどは、きちんと電源が切れているか確認しておくと安心です。

さらに、給湯器を使っていないときは消すのを心がけることで、日頃の節約意識が高められて家庭全体の光熱費を抑えることにも繋がりますので習慣づけるようにしておくとよいでしょう。

2019-04-26

給湯器は中古と新品どちらがオススメ?

近年は、中古の給湯器がリサイクルショップやネット通販で販売されるようになり、誰でも簡単に手に入れることができるようになりました。
中古品は安価でまだまだ使える商品も数多くありますが、実際に新品の給湯器と総合して比較するとどちらがお得なのでしょうか?

今回は新品の給湯器と比較して、中古の給湯器のメリット・デメリットをご紹介いたします。給湯器の購入を検討している方は必見です!

中古の給湯器を購入するメリット

まずは、中古の給湯器を購入するメリットを見ていきましょう。

新品に比べて価格が安い

新品の給湯器と比べ、中古の給湯器は販売価格がずっと安く設定されています。新品の7割ほどの価格で購入できるものもあり、中には半額かそれ以下の値段になっていることもあります。
設備を整えるコストを少しでも抑えたいという方は中古も検討してみるとよいでしょう。

ある程度状態が良く安心して使える

中古品として販売されている給湯器は、お店が引き取る際に使えるかどうかを確認しているため、中古ではあってもある程度状態がよいものがほとんどです。また、何か不良箇所がある場合は注意書きもされています。
さらに、アフターサービスやメンテナンスなどのフォロー対策が充実しているリサイクルショップで購入すれば安心して使うことができます。

給湯器の口コミ・評価を調べられる

新品の中でも発売されて間もない商品はユーザーの口コミや評価もあまりなく、本当によいものなのかどうかの判断材料が少ないというデメリットがあります。
その点、中古の給湯器であれば既に同じ機種を使っているユーザーが多いので、どんな商品かという評価が一定数あり、給湯器選びに役立ちます。

中古の給湯器を購入するデメリット

中古の給湯器を購入するデメリット

次に、中古の給湯器を購入するデメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

新品と比べ故障のリスクが高い

当たり前ですが、中古品はしばらくのあいだ使われていた商品のため、新品と比べれば故障のリスクは高くなります。
また、以前にどのように使用されていたかわからないため、商品状態の良し悪しなどの当たり外れもあります。
さらに、新品の給湯器には故障したときの保証が付いていることがほとんどですが、中古には保証がついていない場合もありますので注意が必要です。

ランニングコストが高くなる可能性もある

最近の給湯器は、ガスや電気の節約システムがかなり進歩しています。
新しい給湯器は本体の値段は高くても、中古の給湯器より毎日使う中でかかるランニングコストが低く抑えられる機種がほとんどです。
一方で、中古の給湯器はどうしても新型に比べて機能面では劣るため、本体代は安く済んでも長い目で見れば結局損になってしまうということもあり得ます。
中古品を購入する際は、給湯器を家庭内でどのように使うか考えてから購入しましょう。

まとめ

中古と新品の給湯器のメリットとデメリットをご紹介しました。
給湯器は故障すると毎日の生活にも大きな影響が出ますので、できれば性能が優れており故障のリスクも少ない新品を購入したいところです。

一方で、できるだけ安い価格ですぐに使える給湯器が必要だというケースであれば、中古の給湯器の購入にもメリットはあるといえます。
中古の給湯器は安心して使えるものを選べば新品よりも安く済ませることができますので、機能面や状態をよく確認してから購入を検討してみるとよいでしょう。

今回ご紹介したポイントを参考にして、お得に給湯器を選んでくださいね。

2019-04-10

お風呂にかかるコストを節約しよう!

入浴は1日の疲れを癒し、汚れを洗い流す大切な習慣ですが、毎日のお風呂やシャワーにかかる水道料金やガス代などのコストも無視できません。
できれば、少しでも節約したいと思っている人が大半だと思います。

そこで今回は、簡単にできるお風呂の節約術についてご紹介いたします。

節約術その1:浴槽に張ったお湯を有効活用しよう

お風呂を沸かして入浴するときは、できるだけシャワーを使わず湯船のお湯を使うようにしましょう。
最初は慣れないかもしれませんが、身体を洗ったあとは洗面器で流すだけで十分に泡を流すことができます。

ただし、前日に使ったお湯を追い炊きして利用する場合は雑菌が繁殖していることがありますので、お湯を張り替えたタイミングでの使用をオススメします。

節約術その2:節水シャワーヘッドを使ってみよう

シャワーをできるだけ節水したいという方は、節水用のシャワーヘッドを使うのがオススメです。
通常のシャワーヘッドは1分間で約12リットルもの水を消費してしまいますが、節水用のシャワーヘッドを使用すれば水圧を変えずに水量をかなり減らせますので、ストレスなく水道代を抑えることができます。

お湯が出る量を通常より半分近く減らせるシャワーヘッドも販売されていますので、自宅のシャワーヘッドに取り付けられる商品をぜひチェックしてみてください。

節約術その3:半身浴で水とガスを節約できる!

半身浴は身体の下半分だけぬるいお湯につかるという入浴方法で美容や健康によいとされていますが、お風呂にかかるコスト削減にも効果があります。

半身浴ならお湯の量も少なくて済みますし、温度もぬるめの設定で十分なため、水もガスも一度に節約できます。
冬場の半身浴は身体が冷えて風邪を引かないように注意し、寒さが苦手だという方は春先や夏に挑戦してみましょう。

節約術その4:給湯器の設定温度を少しだけ下げてみよう

給湯器の設定温度
お風呂に入るとき、給湯器の設定温度をつい高くしてしまっているという方は多いのではないでしょうか?

冬場は寒いので設定温度を高めにしてしまいがちですが、可能であれば少し下げてみましょう。温度を1度下げるだけでもガス代の節約につながります。
また、給湯器の追い焚き機能をできるだけ使わないようにしたり、就寝時は給湯器の電源を切っておくのも効果的です。

このように、給湯器の使い方を少し工夫するだけでガス代を抑えることができますので、日頃から心掛けておきましょう。

まとめ

お風呂の簡単節約術をご紹介いたしました。
お風呂の水道料金やガス代は、家族の人数が多いほど日頃から節約に気を配るだけで毎月かかる料金にかなり差が出ます。

今回ご紹介した方法はどれもすぐに始められますので、ぜひ実践してお風呂にかかるコストを節約しましょう。

2018-12-13

寒い冬こそ見直そう! お風呂の節約方法について

寒い冬の時期は、熱いお風呂で体の芯まで温まりたいですよね。
それに伴い、夏場よりも高くなってしまうお風呂のガス代や水道代をできるだけ抑えるには、日々の心がけが大切になります。

今回は、お風呂の基本的な節約方法をご紹介いたしますので、確認してみてください。

浴槽の節約方法

まずは、浴槽に関する節約方法を確認しましょう。

浴槽にお湯を入れすぎない

お風呂にお湯をためるとき、浴槽いっぱいまで入れてしまっていないでしょうか?
お湯を浴槽いっぱいまで入れてしまうと水道代だけでなく、お湯を沸かすガス代も余計にかかってしまいます。
給湯器は、お湯を入れる水量を調整することができますので上手に使いましょう。
また、お湯をためるときは2ℓのペットボトルを3〜5本入れて水かさを増やすというユニークな方法もありますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

なるべく追い炊きは避ける

給湯器には便利な追い炊き機能がついていますが、使い過ぎるとガス代が高くなってしまうデメリットも。
家族の人数が多かったり、帰宅時間がバラバラでお風呂に入るタイミングが開いてしまうのは仕方がありませんが、なるべく追い炊きをせずに済むような工夫をしてみましょう。
なるべくお風呂の時間を家族で揃える、お風呂のフタを必ず閉めておくだけでも、お湯の保温に効果があります。
また、100円ショップなどで販売されている浴槽用保温シートをお湯の上に浮かべておくのも、追い炊きの回数を減らす効果が見込めます。

シャワーの節約方法

シャワーの節約方法
次に、シャワーにはどんな節約方法があるのか確認しましょう。

シャワーの使用時間を見直そう

シャワーを使っていないときにお湯を止めるのは勿論ですが、洗顔やシャンプーをしているときにお湯が流しっぱなしになっていないでしょうか。
シャワーの使用中も時間を決めて、時間内に全て洗い流す工夫をするだけでもガス代と水道代が大きく変わります。
つい長々とシャワーを浴びてしまっているという方は使用時間を見直してみましょう。

節水シャワーヘッドに交換する

シャワーヘッドを、節水シャワーヘッドに交換するのも節約に有効な手段です。
節水シャワーヘッドは、水が出る穴を小さくするなどして水量を抑える工夫がされており、使用する水の量が少なくなればその分節約できます。
家電量販店などで安価なものも販売されており、気軽に試せるのも魅力です。

そのほかにも、お湯の設定温度を少し下げたり、なるべくシャワーを使わず浴槽のお湯で体を流すなど、少しの工夫が節約に繋がりますので実践してみましょう。

今回ご紹介した方法はお風呂の節約の基本ですが、つい見落としていたという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

お風呂の節約は、日々の心がけの積み重ねが一番大切です。
家族にも節約意識を持つようにしてもらいながら、ひとりひとりができる無理のない範囲から始めてみてくださいね。

Category

給湯器・お風呂に関するおすすめ記事

知る・学ぶ

今まで知らなかった給湯器にやお風呂に関する豆知識やタメになる情報をご紹介しています。

健康・生活

給湯器とお風呂の使い方で、健康や生活に役に立つ情報をご紹介しています。

ECO・節約

お得に給湯器やお風呂を使う方法や、エコになる情報をご紹介しています。

Ranking

1

食前?食後? お風呂に入るオススメのタイミングとは

2

気分すっきり! 朝シャワーのメリットと注意点を確認しよう

3

お風呂上がりにオススメの飲み物とは?

4

お風呂の残り湯を上手に活用しよう

5

飲酒後のお風呂が危険な理由とは?

About

about

”910 Magazine”とは?

給湯器とお風呂をメインに、お湯に関する情報を発信する無料のウェブマガジンです。

TOP