ECO・節約

2021-02-26
2021-02-26

高級石鹸でも安心! 石鹸を長持ちさせる方法(保管方法)とは

石鹸は香りや色、形のバラエティーが豊かな上、汚れもしっかり落とせる入浴には欠かせないアイテムである一方で、「減りが早い」という難点もあります。
なかには、せっかく購入したものの「思ったよりコストパフォーマンスが良くなかった」とガッカリする方も少なくありません。

そこで今回は、石鹸を長持ちさせる方法(保管方法)についてご紹介します。

石鹸ブームが到来! しかし気になるのは減りの早さ

石鹸は紀元前から存在していた洗浄剤であり、現在でも世界中で様々なタイプの商品が販売されています。
一時期は泡立ちがよく、取り扱いが簡単なボディーソープをはじめとする液体洗浄剤の勢いに押され目立たなくなったこともありましたが、現在は石鹸の優秀さが見直され、石鹸ブームともいえる人気を取り戻しています。

石鹸は洗浄力が高いにもかかわらず濯ぐ際の泡切れが良く、さっぱりとした使用感は特長の一つでしょう。また、頭髪を含め全身洗える商品であればコストパフォーマンスの面でも優れています。

しかし、そんな石鹸にも「水に溶けやすく、減りが早い」というデメリットがあります。
特に浴室で使用する場合は顕著であり、気付いたときには水に溶けて形が崩れ、もはや手でつかむのが難しい状態であることも。
しかもこの傾向は保湿成分を豊富に含む高級石鹸や高品質石鹸であるほど多く見られるため、「想定していたよりもお金がかかる」と使用をやめてしまう方もいらっしゃいます。

お気に入りの石鹸を長持ちさせる方法とは?

お気に入りの石鹸を長持ちさせる方法とは?
石鹸は、水に溶けやすい成分と溶けにくい成分がバランス良く配合されて作られていますが、グリセリンやオレイン酸のような保湿成分は水に溶けやすいため、良質の石鹸であればあるほど水分が大敵になります。

したがって、石鹸を長持ちさせるためには次に挙げるような水はけが良い保管アイテムの使用や保管場所の見直しが重要になってくるのです。

水はけの良い石鹸置きを使う

石鹸を長持ちさせるためには、水はけの良い石鹸置き(ソープディッシュ)で保管するのが有効です。例えば、「水切りすのこ」のついたものや、吸水性が非常に高い珪藻土やスポンジでできたものなどです。

また、使用後の濡れた石鹸は石鹸置きとの接触面積が大きいほど水に溶けやすくなってしまうので、石鹸自体をどこにも接触させずに保管できるソープホルダーを使うのも手です。ソープホルダーは磁石や吸盤で石鹸を宙に浮かせるタイプのものが多く、水はけの良さとヌル付き防止の面では群を抜いています。

高価な洗顔石鹸を浴室で保管する場合はシャワーの水がかからないよう、蓋と水切りすのこが付いた石鹸置きがオススメです。

石鹸を網に入れる

学校の手洗い場でよく見かける網入り石鹸ですが、このように石鹸を網に入れて吊れば、余分な水を切りながら保管できます。
使用する網は果物を入れるネット(いわゆるみかんネット)で構いませんが、専用の石鹸ネットを使用すれば泡立て効果できめの細かい泡がたくさん作れるので一石二鳥です。

石鹸を水場から遠ざけて保管する

「物を増やしたくない」、「石鹸置きの管理自体が面倒に感じる」といった場合には使用後の石鹸を水分のない場所まで移動させて保管しましょう。非常に単純ですが、確実な方法でもあります。

石鹸についた水分をふき取る

高価な石鹸の場合は使用毎にキッチンペーパーやタオルで水分をふき取るのもオススメです。その際は力を入れ過ぎて石鹸の表面が削れてしまわないように気を付けましょう。

入浴後は浴室内を換気する

石鹸を浴室内で保管する場合は、浴室内にできるだけ湿気が残らないように換気しておきましょう。浴室乾燥機の換気機能を使っても大丈夫です。

石鹸由来の液体洗浄剤を使う選択肢も

洗い上がりがサッパリしている石鹸と管理・保管が簡単な液体洗浄剤のいいとこ取りをしたい場合は、石鹸の成分で作られたボディーソープやシャンプーなどを使うと良いでしょう。

このような商品は石鹸を中心に取り扱っているメーカーから販売されていることが多いので、興味がある方はメーカーのホームページやパンフレットで商品情報をチェックしてみましょう。

まとめ

石鹸を長持ちさせる方法についてご紹介しました。
高機能・高品質な石鹸が続々登場し始めたことで、今回ご紹介したような便利な保管アイテムが豊富に出回るようになり、今までよりずっと長く、そして無駄なく使えるようになりました。
「石鹸は扱いが面倒だから」と敬遠してきた方もこれを機に、再度石鹸を手に取ってみてはいかがでしょうか。

給湯器の故障・販売・交換で
お困りの方へ

給湯器のトラブル・お悩みを迅速解決いたします!
給湯器の販売、給湯器新規取付、給湯器故障時の交換、修理対応、その他トラブル対応を、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で承っております。

給湯器のサイトはこちら

お風呂のリフォームを
ご検討中の方へ

お風呂に関するトラブル・お悩み解決いたします!
システムバスへの交換をはじめ、ご要望に応じたバスリフォームを、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で迅速に行ないます。

お風呂リフォームのサイトはこちら

Recommend

給湯器・お風呂に関するおすすめ記事

2021-10-12

「壁」で浴室をおしゃれな空間にできるアクセントパネルとは?

「お風呂場は体を洗う場所だから清潔感が第一だけど、それだけじゃ何だか味気ない」――。
浴室は水場という特殊性ゆえ、空間演出にはどうしても限界がある場所です。
しかし、お部屋の壁色やカーテンを変えれば雰囲気が変わるのと同じように、浴室も壁を変えれば殺風景さがだいぶ和らぐと思いませんか?
そこで今回は、浴室の空間作りで大活躍する設備、「アクセントパネル」についてご紹介します。

「こだわってよかった!」との声続出! 浴室の「アクセントパネル」とは?

アクセントパネルとは、浴室の壁に使う化粧板のことをいいます。
「化粧」という言葉の通り、色や柄で装飾されており、メーカーやリフォーム会社によっては「バスパネル」「壁パネル」といった呼び方をすることもあります。
限りなく白に近いベージュ色の控えめなものから、シックな漆黒、高級感を演出できる大理石柄まで幅広いデザイン・色から選べるので、希望にあったものが見つかりやすいのが特徴です。

また、普段は浴室の雰囲気や空間づくりに興味がない方でも、カタログやショールームでサンプルを見た途端、色々と選びたくなる設備の一つ。
お部屋の模様替えには壁紙やカーテンなど「面」に変化を持たせると効果的なのと同じように、浴室もアクセントパネルで壁をアレンジすれば、想像以上に雰囲気がガラッと変化します。
実際、「壁にこだわってよかった!」との声は多く、アクセントパネルの満足度は非常に高いのです。

アクセントパネルの設置枚数に制限はある?

複数のデザインを検討しているうちに、「アクセントというからには1面しか設置できないの?」との疑問を持たれるかもしれません。
結論から言えば、アクセントパネルの設置枚数に制限はなく、お好みに合わせて自由に設置できます。
ただし、設置する数によって浴室の雰囲気は大きく変わります。

アクセントパネル1枚の場合

アクセントパネル1枚であれば今までの空間にちょっとしたニュアンスが加わる程度で、程よくおしゃれになります。
暗めの色を選択した場合は1枚であっても想像以上に印象が変わる場合があるので注意が必要です。

アクセントパネル4枚(全面)の場合

4枚、つまり浴室の壁すべて(全面)にアクセントパネルを設置した場合、浴室の雰囲気は非常に大きく変わります。
デザインによっては違う家のお風呂に入ってしまったかのような錯覚に陥るほど変化するかもしれません。
このような大きな変化は満足度の振れ幅が大きいので、アクセントパネルの全面設置は慎重に検討しましょう。

デザインは多種多様!どんなアクセントパネルが人気?

デザインや設置枚数によって浴室の雰囲気を小さくも、大きくも変えられるアクセントパネル。いざ、選ぶ段階になると選択肢の多さゆえ迷ってしまうこともあるでしょう。
次に挙げるものは数あるアクセントパネルのなかでも特に人気の色・柄なので、まずはここから好みに合いそうなものの見当をつけてみてはいかがでしょうか。

ライトブルー

ライトブルーは水回りを清潔に見せてくれる色であり、程よい差し色にもなる優秀なカラー。浴室を明るくしたい場合にもぴったりです。また、全面に設置しても問題ない色でしょう。
同じブルーでも、紺色に近い濃いブルーの場合は1面だけでも随分大人っぽい印象になります。

ピンク

温かみを感じさせるピンクも人気です。明るいピンクが多いので、浴室の明度を上げたい場合にオススメ。ライトブルーと同様に全面設置でも問題ありません。
しかし、浴室の構造や色のニュアンスによっては野暮ったさが出てしまうことも。

ブラック

1枚だけで落ち着き感と高級感が出せるのがブラックの特徴です。黒い大理石風の柄なら高級感はさらにアップ!
浴室の雰囲気をガラッと変えたい場合にはオススメですが、全面に設置すると浴室内が非常に暗くなってしまう点には注意が必要です。
また、水垢も目立ちやすいので、浴室をこまめに掃除できない場合には避けた方が良いでしょう。

木目調(ウッド調)

木の温もりで空間に落ち着きをもたらす木目調は、アクセントパネルの定番柄です。どんな浴室にも合う汎用性の高さがあるため集合住宅で採用されることも多く、「迷ったときはこれ!」という立ち位置のパネルと言えるでしょう。
明るい茶色から濃い焦茶色まで幅広く用意されていますが、濃い目であればあるほど大人っぽさや高級感が出る傾向にあります。

ストライプ柄

色の組み合わせにもよりますが、一般的にストライプは若々しさを出せる柄です。お子さんがいらっしゃるファミリー向け住宅にお住まいの場合にはオススメですが、浴室の構造や明るさによっては想定外のチープ感が出てしまう場合もあります。

アクセントパネル選びのポイント

アクセントパネル選びのポイント
壁を変えることによる空間への影響は以外にも大きく、うっかりすると想像していたイメージとまったく異なる雰囲気になってしまう可能性があるため、アクセントパネル選びの際は次のような点を留意しましょう。

浴室の明るさを考慮しながら選ぶ

浴室の照明の明るさ、窓からの陽の入り具合を考えながら選びましょう。
暗い浴室に暗い色のアクセントパネルを設置すると、さらに一層暗くなってしまいます。

暗い色のアクセントパネルは汚れが目立つ

前述の通り、暗い色のアクセントパネルは水垢が目立ちやすいため、汚れを目立たせたくない場合は明るめの色を選ぶと良いでしょう。

浴槽の色とのバランスを考える

浴槽に色がついている場合は浴槽の色とのバランスも考えてアクセントパネルを選びましょう。
色の組み合わせ方によってはどことなく違和感の漂う空間になってしまいます。

壁シートでDIYも可能!

アクセントパネルの設置または交換をリフォーム業者に依頼した場合、浴室の構造や状態によっては100万円近い工事費用がかかることがあります。
アクセントパネル自体は5万円~10万円程度ですが、ユニットバスにアクセントパネルを設置する場合は一度ユニットバス自体を解体しなければならない可能性があるからです。

しかし、そこまでの費用をかけられないときでも、浴室用の壁シート(アクセントフィルム、アクセントシート)を使えば簡単に浴室の模様替えができます。
1万円以下で手に入るものシートが多いので、DIYが好きな方は挑戦してみてはいかがでしょうか?

ただし、シートを貼る前は壁を掃除して汚れを落とし、しっかり乾かしましょう。
汚れや湿気が残ったままシートを貼り付けるとカビが生えて壁がダメージを受けてしまいます。
また、シートと床の間、隣り合わせになったシートの間などには防水用の充填剤(コーキング)を入れて隙間に水が入らないようにしてください。
こうすることでカビの発生を防げますし、シート自体も長持ちします。

まとめ

浴室の空間作りで大活躍する設備、「アクセントパネル」についてご紹介しました。
近々浴室をリフォームする予定の方はぜひ、アクセントパネル選びにこだわってみましょう。選び方次第では浴室がとってもおしゃれな癒しの空間になりますよ!

2021-09-21

おしゃれな「猫足バスタブ」のメリット・デメリットとは?

「あんな素敵なお風呂に入ってみたい」――。4つのかわいらしい「猫の足」に支えられた優雅な浴槽、猫足バスタブは今まで多くの洋画に登場し、憧れのバスタイムの象徴として絶大な人気を集めてきました。
現在でも、「自分の城を持つなら猫足バスタブ付き物件を!」と望む方は多いものの猫足バスタブ付き物件の数は少なく、実際の使い心地やメリット・デメリットを把握しにくいのが現状です。
そこで今回は、猫足バスタブのメリット・デメリット、猫足バスタブがある賃貸物件の探し方、自宅に猫足バスタブを設置する場合の注意点についてご紹介します。

おしゃれな猫足バスタブのメリットとは?

浴室にあるだけでその場がパッと華やぐ猫足バスタブ。洋画の入浴シーンを見て憧れた方も多いのではないでしょうか。
物件探しの際、「猫足バスタブがあればうれしい」と希望条件に入れている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、実際日常生活で使用するとなれば実用性の点でもしっかり検討し、メリットとデメリットを把握する必要があります。
それではまず、猫足バスタブのメリットとは一体何なのでしょうか。

美しい外観はやはりメリット 投資物件では付加価値になる場合も

やはり、見た目のメリットは無視できません。疲れていても、おしゃれな猫足バスタブがあれば億劫がらず、気分良く入浴できることもあるでしょう。
また、投資物件に猫足バスタブを設置すれば、浴室の内装にこだわる方に訴求できる付加価値になる場合もあります。

浴室の床を掃除しやすい

猫足バスタブはバスタブと床の間が空いているため、浴室の床を掃除しやすいというメリットがあります。
バスタブと床が密接するタイプの据え置き型バスタブの場合は、バスタブで隠れてしまった部分の床が非常に汚れやすくなりますが、猫足バスタブは猫足でバスタブが宙に浮いているため掃除しやすいのはもちろん、カビも生えにくく、床を清潔に保てます。

実用性に乏しい? 猫足バスタブのデメリット

おしゃれで掃除がしやすいこと。この2点が猫足バスタブのメリットですが、一方、デメリットは次のようなものが挙げられます。

お湯が冷めやすい

猫足バスタブにはエプロンがないため、お湯が冷めやすくなります。
ここでいうエプロンとは浴槽の側面を囲うカバーのことをいい、一般的なシステムバスの浴槽にはついています。

自動給湯器が使用できないことが多い

猫足バスタブは蛇口からお湯を注いで溜めるタイプのものがほとんど。ボタン1つで希望の温度のお湯が沸き、冷めればまたボタン1つで追い焚きできる自動給湯器に対応していないことが多い点には注意が必要です。

縁の位置が高く跨ぎづらい

猫足バスタブは猫足で底上げされているため縁の位置が高くなり、入浴の際は一般的なバスタブより跨ぎづらくなりがちです。
足が不自由な方や子どもが入浴する際は転倒する恐れもあるので、ユーザーフレンドリーとは言い難いでしょう。

排水方法によっては洗い場がなくなることも!

猫足バスタブの排水方法は二通りあります。一つは浴室の床に直接流し、もう一つは浴室の排水管とバスタブの排水口をつないで排水管へ直接排水する方法です。
後者の方法の場合、浴室の排水はすべてバスタブの排水口を通ることになるため、バスタブの外で体を洗えなくなります。
つまり、バスタブの外では水を使えず、もし外で使った場合は排水ができなくなるのです。

このほか、猫足バスタブ付きの浴室はデザイン性を重視した設計になっているため、ドアや一部の壁がガラス張りになっているパターンも多く、人によっては落ち着かない場合もあるでしょう。

以上から、猫足バスタブは小さいお子さんや高齢者の方が同居するファミリー層や、お湯にゆっくり浸かりたい方には不向きです。

簡単! 猫足タスタブ付きの賃貸物件の探し方

猫足タスタブ付きの賃貸物件の探し方
前述の通り、猫足バスタブは実用性の面でマイナス点が多いのは事実です。
しかし、それでもそのデメリットを理解し、受け入れる気持ちがあれば、早速次の方法で猫足バスタブ付きの賃貸物件を探してみましょう。

不動産情報サイトのフリーワード検索を活用しよう!

希望の物件を真剣に探すのであれば直接不動産仲介業者(いわゆる不動産屋さん)に問い合わせるのが確実ですが、その前にある程度物件情報を集めておきたい場合は不動産情報サイトを活用するのがおすすめです。
その際は検索設定で希望する場所を選択した後、フリーワード検索で「猫足」または「猫足バスタブ」と検索してみましょう。

デザイナーズまたはリノベーション物件専門サイトで探す

一般的な不動産情報サイトで見つからない場合は、デザイナーズまたはリノベーション物件専門サイトで探してみましょう。
このような物件はデザイン性を重視しているため、猫足バスタブ付きの物件に出会える可能性が高くなります。

実際の使い心地を確認したい場合は猫足バスタブのあるホテルへ!

猫足バスタブ付きの物件について調べた後、実際の使い心地を確認したい場合は猫足バスタブのあるホテルで体験してみましょう。
ホテル予約サイトや旅行予約サイトのフリーワード検索でも探せます。

自宅に猫足バスタブを設置する場合の注意点

住宅を新築または購入する際に自宅の浴室に猫足バスタブを置くことも可能です。
自宅を自由にカスタマイズできることは持家最大のメリット。長年猫足バスタブに憧れていた方にとっては最大のチャンスです。
ただし、その場合には次のような点に留意しておきましょう。

高額なリフォーム費用がかかる場合も!

猫足バスタブは非常に重い製品が多く、一般的なシステムバスの床では耐えられない可能性があります。床のひび割れを防ぐためにも、猫足バスタブを置くなら重量物に対応できるタイルやモルタルの床にしなければなりません。そうなると、浴室空間を自由に設計できる在来工法にする必要があります。
新築の場合は設計の時点で決められますが、すでにシステムバスが採用されている中古住宅や分譲マンションでは比較的大掛かりな工事になるため、高額なリフォーム費用がかかってしまうことがある点には注意しましょう。

排水方法は入念に検討する

デメリットの説明でも触れましたが、猫足バスタブの排水口と浴室の排水管を直接つなぐと、バスタブ内でしか水が使えなくなります。
単身者向けアパートやビジネスホテルのユニットバスを使用するときの状況を想像してみるとわかりやすいでしょう。
一般的なシステムバスのように洗い場のスペースが確保されなくなるため、バスタブ内で洗うことに慣れていない方は排水方法についてしっかり検討する必要があります。

まとめ

猫足バスタブのメリット・デメリット、猫足バスタブがある賃貸物件の探し方、自宅に猫足バスタブを設置する場合の注意点についてご紹介しました。
猫足バスタブは日本ほど頻繁に入浴することがなく、水を大量に使わないヨーロッパで流行した浴槽であるため、日本の入浴方法に慣れている場合は使いづらいと思うことが多いかもしれません。
猫足バスタブに憧れている方は、まずは猫足バスタブ付きのホテルで使用感を確かめてみてはいかがでしょうか?

Category

給湯器・お風呂に関するおすすめ記事

知る・学ぶ

今まで知らなかった給湯器にやお風呂に関する豆知識やタメになる情報をご紹介しています。

健康・生活

給湯器とお風呂の使い方で、健康や生活に役に立つ情報をご紹介しています。

ECO・節約

お得に給湯器やお風呂を使う方法や、エコになる情報をご紹介しています。

TOP