健康

2019-01-30

美容・健康によい?! 白湯の効果と作り方について

近年、美容や健康によいとして注目されている「白湯」をご存知でしょうか?
「白湯」は簡単にご家庭で作ることができ、日々の生活に手軽に取り入れられるのが魅力です。

今回は白湯の効果や、作り方などをご紹介いたします。

昔から親しまれてきた「白湯」

「白湯」とは、普通の水道水を沸かしただけのお湯のことをいいます。
正式には沸騰したお湯を飲めるようになるまで冷ました状態のことを指し、「湯冷まし」とも呼ばれています。

水道水は一度沸騰させると塩素などの不純物が取り除かれ、口当たりがよくなり飲みやすくなります。

日本では昔から薬を飲むときに一緒に飲んだり、赤ちゃんや体が弱っている方でも負担なく水分補給ができる飲みものとして親しまれています。
また、インドの伝統医療「アーユルヴェーダ」では、健康によい飲みものとして白湯を飲むことを古くから勧めていたそうです。

白湯の美容・健康への効果とは

それでは実際に、白湯にはどんな効果が期待できるのでしょうか?

体の基礎代謝が上がる

白湯を飲むと体の中が温められ、血流がよくなり基礎代謝が上がります。
体が温まることで肌の代謝も活発になり、肌荒れやニキビなどの肌トラブルに効果があるといわれています。

内臓機能の回復

白湯には内臓を温めてはたらきを活発にする効果があり、消化不良や胃もたれなどの改善にオススメです。
また、腸の機能も活発になるため、つらい便秘の解消に効果があります。

冷え性の改善

多くの方を悩ませている冷え性は、体内の血流が悪く体が冷えてしまうことが原因となります。
冷え性を改善するには、体内を温めて血流をよくする効果がある白湯を飲むのがオススメです。

デトックス効果

白湯は水道水と異なり、体が受け入れやすく必要な水分を補給することができます。
また、利尿作用も高まり、体の老廃物を外に出すはたらきが活発になるためデトックス効果が期待できます。

白湯はこれらの効果に加えて、体の代謝が上がることで脂肪を燃焼するはたらきが活発になるためダイエットにも効果的です。
ただし、飲み過ぎると体のむくみなどを起こす原因になりますので注意が必要です。

白湯の作り方と効果的な飲み方

白湯の作り方と効果的な飲み方
ここでは、白湯の作り方と効果的な飲み方についてご紹介いたします。

まずは、水道水をやかんやポットに入れて、塩素などの不純物を取り除くために10〜15分ほど沸騰させ続けましょう。
その後、火を止めてお湯を約50〜60℃くらいまで冷ますだけで白湯の完成です。

白湯を飲むときは、たくさん飲めばよいというわけではありません。目安としては1日700〜800ml程度の量にしておきましょう。
また、一度に飲むのではなく、朝の起床後、昼と夜の食事中の3回に分けて、ゆっくりと10分ほど時間をかけて飲むとより効果が得られます。

さらに、カットしたレモンの汁を白湯に入れたり、しょうがをスライスしてやかんやポットに入れておくなど、ちょっとしたアレンジで風味が加わり飲みやすくなりますので、長く続けたい方にもオススメです。

白湯の効果や作り方などをご紹介いたしました。
白湯が体にもたらすさまざまな効果がお分かりいただけたのではないでしょうか?
ご家庭で簡単に作ることができますので、ぜひ白湯を生活に取り入れて試してみてくださいね。

2018-11-14

飲酒後のお風呂が危険な理由とは?

お酒を飲んだあとにお風呂に入る危険性は想像に難くないですよね。
酔ってふらついた状態で、浴室で足を滑らせ転倒したり、さまざまな怪我の可能性が考えられます。

しかし、怪我以外にも危ないといわれている理由があることをご存知でしょうか?

今回は飲酒後の入浴の危険性についてご紹介いたします。

飲酒後のお風呂でさらに酔っ払う?

飲酒後にお風呂に入ると、体へどんな影響があるのでしょうか?

お酒を飲みアルコールが回ると、体温が上がって体が温まりますよね。
さらに、お風呂に入っても同様に体温が上がり、体が温まります。

つまり、お酒を飲んだ状態でお風呂に入ると、体温が上がって活性化する血液の循環がよくなりすぎてしまい、ますます酔いが回ってしまうのです。

そして、血流に乱れが生じ血液が全身へ必要以上に回ることで、心臓や脳へ送られる血液が急激に減少します。

その結果、心臓発作や脳貧血、不整脈などを引き起こす危険性が高まるともいわれています。

飲酒後のお風呂で気を失うことも!

飲酒してお風呂に入るのが危険といわれている理由は、体温が上がることだけではありません。

飲酒と入浴のもう一つの共通点には、血圧が下がるという点があります。
飲酒してお風呂に入る相乗効果によって血圧が下がり、入浴中に気を失って浴槽で溺れてしまうケースが少なくありません。

入浴中に気を失うと、命にかかわる事故につながる危険性もあることを覚えておきましょう。

二日酔いはお風呂に入っても治らない?

二日酔い
よく二日酔いから回復するためにお風呂に入る方がいらっしゃいますが、この方法は大きな間違いです。

まずお酒には利尿作用があり、飲酒するとトイレが近くなります。
さらに、お酒は飲んだ量以上に体内の水分が尿となって排泄されてしまうため、お酒を飲んでいても水分補給にはならないのです。

そのため、二日酔いのときは体の水分も不足しているうえ、お風呂で汗を流すことでさらに水分が失われてしまい、脱水症状を起こす可能性があります。

またお風呂やサウナなどで汗を流しても、アルコールは分解されません。

二日酔い解消のためにお風呂で汗を流す行為は、かえって体に負担をかけてしまうのです。

飲酒後のお風呂は危険です!

飲酒後のお風呂は、アルコールの分解を妨げる可能性もあります。

人間は摂取したアルコールを肝臓で分解します。
しかし、お風呂に入ることで血液が全身に回って分散されたり、汗が出て体内の水分が不足してしまうと、アルコールを分解する肝臓のはたらきが低下し、いつまでもお酒が体に残ってしまうのです。

飲酒後の入浴は避けるべきですが、もしもお風呂に入る場合は最低でも2〜3時間以上はあけ、しっかりと水分補給をしてから入りましょう。

飲酒後の入浴は、老若男女に関係なくとても危険です。

「お酒を飲んだあとのお風呂は危ない」という意識をしっかりと持ち、上手にお酒と付き合っていきましょう。

2018-10-31

健康によいお風呂の入り方って?

普段なにげなく入っている人も多いお風呂。
お湯の温度や湯船に浸かる時間など、なんとなく決めている人も多いかもしれません。

お風呂といえば体を洗うだけではなく、1日の疲れを落としリフレッシュする時間でもあります。
しかしお風呂の入り方を少し意識するだけで、さらなる疲労回復やリラックス効果を得ることができます。

今回は、お風呂の効果と健康によい入り方をご紹介いたします。

お風呂の健康への効果

まずはお風呂には健康面でどんな効果があるのでしょうか。

温熱作用

お風呂に入るとお湯で体が温まり体温が上昇します。すると全身の血管が拡がり血液の流れがよくなり、新陳代謝が活発になります。
私たちの体には体内の老廃物や疲労に関わる物質を血液に排出しそこから各器官へ送り出し処理する仕組みがあるため、血液の流れがよくなることにより疲労が回復しやすくなるのです。

水圧作用

足がむくんだ夜にお風呂に入るとむくみが取れて楽になったという経験をしたことがある人もいらっしゃるかもしれません。それにはお風呂の水圧が影響しています。
湯船に浸かると体や血管に水圧がかかり、手足に溜まっていた血液が心臓に戻されます。
すると血液の循環が促進され、むくみの解消につながるのです。
この効果を得るには、肩までしっかりと湯船に浸かることが大切です。

浮力作用

プールで体の力を抜くと水面に体が浮き上がりますよね。それを「浮力作用」と言い、実は同じ作用がお風呂の浴槽でも働いています。
お風呂に入ると浮力のおかげで体重が約10分の1程度になり、普段体重を支えている足腰や筋肉への負担も軽減されます。
またその影響で体の緊張がほぐれてリラックス効果も得られるのです。

お風呂から出たあと、なんだか疲れも取れてスッキリするのはちゃんとした理由があるのですね。

お風呂の健康的な入り方


それでは、より健康的で美容にもよいといわれているお風呂の入り方とはどんな方法なのでしょうか?

1.食後すぐのお風呂は避ける

お風呂に入る30分前までには食事を済ませましょう。
食後は食べたものを消化するため、胃や腸などの消化器に血液が集まります。
食後すぐにお風呂に入ってしまうと、消化器に集まっている血液が身体中に分散してしまうため消化不良を起こす可能性があります。

2.お風呂の前にコップ一杯の水を飲んでおく

お風呂に入ると汗をかき水分を失います。体の水分が足りないと脱水症状などを起こす原因となるので、お風呂に入る前にコップ一杯の水を飲んでおきましょう。
また事前に水分を補給しておくことで汗をかきやすくなり、体内の老廃物を外に出すサポートにも繋がりますので、健康や美容にも効果的です。

3.お湯に少しずつ体をつからせる

湯船につかる際は水圧や急激な温度の変化で体に負担をかけないように、少しずつ体をお湯に慣らしてから入りましょう。
まずかけ湯かシャワーでサッと体を流し、次に腰あたりまでお湯につかりお1〜2分ほど体を慣らします。最後にゆっくりと肩まで湯船に入るとよいとされています。

4.体を洗って再び湯船につかる

湯船につかり温まってから体を洗うと、毛穴に詰まっている汚れや皮脂が浮いて汚れが落としやすくなります。
また体を洗い終わったら再び湯船につかり、足や下半身をマッサージすると疲れがとれやすく、リラックス効果も上がるのでオススメです。

5.お風呂から上がったあとは

お風呂上がりは体の水分を失っていますので、水分補給を十分しましょう。
また肌も乾燥しやすくなっているため、化粧水や保湿クリームなどを使ってケアしておくことも大切です。

お風呂の入り方に少し気を配るだけで、より健康的で美容にもよい入浴時間になることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

ご紹介した方法は特別な道具などは一切必要なく、今日からすぐに実践できますので、ゆっくりとお風呂に入ってリラックスしてくださいね。

2018-09-21

お風呂の温度と時間を意識すれば睡眠の質が上がる?!

毎日のように入っているお風呂が、実は睡眠と深い関係があることをご存知でしょうか?
心身ともに健康であるために欠かせない「睡眠」の質を良くするためには、入浴は大切なポイントとなります。

今回は睡眠の質を上げて、ぐっすりと眠るための効果的な入浴方法をご紹介いたします。

ぐっすり眠るためにお風呂が大切な理由

睡眠の質とお風呂が関係していると言われている理由は、質の良い睡眠に大切な「深部体温」という身体の内部の温度と、入浴が大きく関わっているためです。

深部体温とは体温計で測る体温ではなく、臓器や脳など身体の奥深くの温度のことを指します。

人間の身体は、活動している日中は深部体温を上げ、夜になるにつれて徐々に体温を下げ身体を休ませようとする体内リズムを持っています。
そして寝る時間に合わせて、深部体温がしっかりと下がっているほど、寝つきがよくなるといわれているのです。
この深部体温のはたらきをサポートする効果があるのが入浴です。

入浴すると深部体温は一時的には上がりますが、お風呂で温まった身体が湯冷めすると深部体温も下がり、質の良い自然な眠りに繋がるのです。

また入浴後、深部体温が下がり始めて1時間半〜2時間後のタイミングでベッドに入るとスムーズに入眠しやすくなります。
そのため、寝る時間の1時間半〜2時間前には入浴を済ませておきましょう。

お風呂に入って睡眠の質を上げる方法

睡眠の質を上げるために効果的な入浴方法は、38度〜40度くらいのお湯に10分以上〜30 分ほど浸かることです。
この方法によって、深部体温を上げるだけではなく、身体をリラックスさせる効果もあり、さらに眠りやすくなります。

しかし1時間以上の入浴は、お湯の温度が下がるとともに深部体温も下がってしまい、効果が薄れてしまいます。

また、38度以下のぬるめのお湯での入浴は、深部体温を上げることはできません。
さらに42度以上の熱めのお湯に浸かってしまうと、身体を興奮状態にさせる交感神経が刺激され、かえって目が冴えて眠りにつきにくくなってしまいます。

最近のお風呂は、温度管理を給湯器の管理パネル等で容易に行えるようになっているタイプも少なくありません。
質のよい睡眠を取るためにも、お湯の温度や湯船に浸かっている時間を意識してみましょう。

忙しい時は足湯がオススメ


忙しくてゆっくりお風呂に入る時間が取れないという方には、足をお湯に浸ける「足湯」がオススメです。
足をお湯に浸けるだけでも、身体が温まり深部体温を上げる効果があるため、寝つきがよくなるといわれています。

またシャワーでも深部体温を上げる効果はありますが、湯船に浸かった方が疲れも取れるため、できるだけ入浴することをおすすめします。

まとめ

入浴は質のよい睡眠を取るための大切な生活習慣であることがお分かりいただけたのではないでしょうか?

一日の疲れを取り、心身ともにリラックスさせてくれるお風呂にゆっくりと浸かり、質の良い睡眠を楽しんでください。

Category

給湯器・お風呂に関するおすすめ記事

知る・学ぶ

今まで知らなかった給湯器にやお風呂に関する豆知識やタメになる情報をご紹介しています。

健康・生活

給湯器とお風呂の使い方で、健康や生活に役に立つ情報をご紹介しています。

ECO・節約

お得に給湯器やお風呂を使う方法や、エコになる情報をご紹介しています。

Ranking

1

食前?食後? お風呂に入るオススメのタイミングとは

2

気分すっきり! 朝シャワーのメリットと注意点を確認しよう

3

お風呂上がりにオススメの飲み物とは?

4

お風呂の残り湯を上手に活用しよう

5

飲酒後のお風呂が危険な理由とは?

About

about

”910 Magazine”とは?

給湯器とお風呂をメインに、お湯に関する情報を発信する無料のウェブマガジンです。

TOP