当社が使用している工具のご紹介。こだわりや想いもご覧ください。

リフォームの落とし穴
工具に対するこだわり
工具箱
道具はすぐに取り出せるよう常に整理整頓。手入れもしっかり行き届いています。

このコンテンツは、リフォーム作業者の仕事には欠かせない様々なツール(工具)にスポットを当ててみます。
プロの料理人が、汚れた厨房で、しかも錆びて汚い包丁でお客様に料理を出すでしょうか?
プロの美容師が、手入れされていないハサミでお客様の髪をカットするでしょうか?
それは他の業種でも同じことが言えます。
当社も例外ではありません。職人の命とも言える工具が粗悪なものだと、仕上がりにもひびき影響します。
そのため当社では、たとえ一般の工具よりもコストがかかっても、お客様に高品質のサービスを提供するために、より良い一流品の工具(刃物や電動工具まで)を当社のスタッフ自身で選び、仕入れて使用しております。
良い仕事をするプロの職人というのは、必要な材料・工具はキレイで良いものを使用し、会社・移動車両・お客様先など全ての場面で、整理整頓も当たり前のことですが自然に出来る人間だという事です。
そういったことは、お客様からすれば会社・店のイメージにもつながってくる事です。
お客様の前には出にくい部分ですが、当社の使用しているこだわりの工具をどうぞご覧ください。

当社で使用している工具のご紹介
ヒルティ社のWSR 650-A 充電式レシプロソー
ヒルティ社のWSR 650-A 充電式レシプロソー

これで何ができるのかというと、木はもちろん、鉄やALCといって、マンションの外壁や床板などに使われるコンクリートも切断することができるという優れものです。
この切断機は作りがコンパクトで軽いので、狭い場所や高所での切断作業に能力を発揮します。
従来使っていたものよりも振動が少なく、グリップが握りやすいため、疲れにくくなりました。
充電式なのですが、バッテリーが少なくなってもパワーは落ちず、充電切れになるまで同じパワーで切断作業が行えるのが特徴です。

ヒルティ社のWSR 650-A 充電式レシプロソー

使用する前に機材や周囲の安全確認、バッテリー残量のチェックなどを必ず行います。

ヒルティ社のWSR 650-A 充電式レシプロソー

切断作業開始!ガス給湯器の交換の作業で、錆びてしまった鉄の配管を切断しています。

ヒルティ社のWSR 650-A 充電式レシプロソー

切断完了。
硬い鉄がスッパリと切断されました。

電動(充電)ドライバ
電動(充電)ドライバ

ドライバーの名の通り、ねじの締め、緩めに使用しますが、インパクトドライバーは回転方向に打撃を加えながら回転します。より強力に締め付け、かたく締ったねじの緩めに使用できますが、注意しないとねじ頭が破損する場合があります。箇所により打撃力を可変できる機種や小型のもの、他に打撃ナシのドライバ(締め付けトルク可変)を使用します。工事においてねじの締め付け、緩めは多岐にわたりますから基本中の基本と言えます。

電動(充電)ドライバ

ナショナル(現パナソニック)14.4V
打撃力が3段階調整可能
インパクトドライバ

電動(充電)ドライバ

マキタ9.6V小型
小型軽量で狭い箇所に
インパクトドライバ

電動(充電)ドライバ

マキタ14.4V
締め付け、緩めトルク可変(12段階)
回転ドリル、振動ドリルにも切替可能
ドライバ

電動はつり機〜コンクリートカッタ
電動はつり機〜コンクリートカッタ

コンクリートを破砕、切断します。
駐車場や土間などコンクリートの厚みにあわせ大型から小型までいろいろと。
他にも、より小型のものなどいろいろあります。

電動はつり機〜コンクリートカッタ

マキタ大型、中型はつり機

電動はつり機〜コンクリートカッタ

ボッシュ 小型はつり機

電動はつり機〜コンクリートカッタ

新ダイワ コンクリートカッタ

ハンマドリル、振動ドリル、穴あけコア
ハンマドリル、振動ドリル、穴あけコア

コンクリートやモルタルなどに穴をあけます。(ドリルなので当たり前ですが。)ハンマドリルはより大きな打撃を与えながら、振動ドリルはそのとおりに振動をあたえながら(もろい母材は当然こちらで)他に回転モード(打撃なし)にして金属、木材の穴あけやコアを使用して大径の穴をきれいにあける、打撃のみにしてはつり作業など、なにかと出番の多い必須工具です。
コンクリート、モルタル、木材、金属、他、母材に適したドリル、コアで作業します。左のコア類はほんの一部、小口径〜大口径、母材別に必要なものは常に揃えています。

ハンマドリル、振動ドリル、穴あけコア

大型(もう一段大きいのもありますが。)のハンマドリル。このクラスで打撃なしの回転モードがあるのはこの機種くらいですかね。
パワーをいかして大口径のダイヤコアで穴あけや打撃のみで軽はつり作業などよく働いてくれます。

ハンマドリル、振動ドリル、穴あけコア

一番使い勝手のよい中型(小型かな。)ハンマドリル。特に大口径の穴や厚みのあるコンクリートでなければ軽い分、とり回しやすいです。リフォーム工事においては最も使用頻度が高いです。

ハンマドリル、振動ドリル、穴あけコア

充電式のハンマドリル。コンクリートビスの下穴あけや打撃なしの回転モードで木材などに穴あけ。振動ドリルではパワー不足であかないかたいコンクリートもOK(ビスの下穴)36Vなので充電式とはいえ強力です。

ハンマドリル、振動ドリル、穴あけコア

振動ドリルです。振動なしの回転モードにした時にコアの口径により最高回転数を変える事ができ、水掛かり防止のカバーが付属していますので湿式のコアが使えます。湿式コアは(装着画像)コックにホースをつなぎ刃を水で冷却しながら穴あけするので、鉄筋コンクリート(厚みのある)でもきれいに穴あけできます。(固定式の湿式もあります。)

ハンマドリル、振動ドリル、穴あけコア

場所により使い分ける為の小型ハンマドリルと振動ドリルです。左はハンマドリル、小型軽量で打撃回転、回転、打撃すべてOKでやっぱりボッシュもいいです。(ハンマドリル、SDSチャックのパイオニア)右は振動、回転、どちらもOKな小型のドリルです。
小径の穴あけによく使いますね。
*SDSチャックとは先端工具の着脱方式のひとつです。

スペシャルコンテンツ
Pick Up Contents
こんな工具使ってます
リフォームの落とし穴
緊急の際は書き電話番号までご連絡下さい。24時間対応いたします。フリーダイヤル0120-37-2651 緊急時・専任スタッフ直通090-7416-6937

サービス・商品に関するお問い合わせは 0120-048-222