Changes Life.

快適な暮らしは「水」から始まる。
千葉県全域対応

千葉県の専門会社アイエフテクノサービス株式会社
ガス給湯器交換・井戸ポンプ交換・バスリフォームの
エキスパートカンパニーです

アイエフテクノサービス株式会社は、ご家庭・企業でお使いのガス給湯器・井戸ポンプの販売・交換・設置工事・修理やバスリフォーム等に特化した水周りのエキスパートカンパニーです。
千葉県全域・茨城県を中心にお客様のご希望・ご要望に添う形で、ご満足いただける高品質なサービスおよび作業工事をご提供いたします。

Service アイエフテクノサービスが提供するサービス

給湯器 給湯器 Water Heater
  • お湯の出が悪い、お湯が出なくなった
  • お湯の温度が不安定
  • 追炊きができない、など

給湯器のトラブル・お悩みを迅速解決いたします!
給湯器の販売、給湯器新規取付、給湯器故障時の交換・修理対応、その他トラブル対応を、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で承っております。

バスリフォーム バスリフォーム Bath Reform
  • お風呂の浴槽がヒビ割れてきている
  • お風呂のタイルが割れてきた
  • 冬場はすぐにお湯が冷めてしまう、など

お風呂に関するトラブル・お悩み解決いたします!
システムバスへの交換をはじめ、ご要望に応じたバスリフォームを、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で迅速に行ないます。

給湯器 井戸ポンプ Well Pump
  • 井戸ポンプが回らない、回らなくなった
  • 漏電、水漏れした
  • 井戸ポンプから異音がする、など

井戸ポンプに関するトラブル・お悩み解決いたします!
井戸用ポンプの販売、故障時の交換・修理、新規井戸掘り工事、地下水
水質改善、その他対応を、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で迅速に行ないます。

Column 給湯器や井戸ポンプのお役立ち情報

910 Magazine

大人気! スーパー銭湯のメリットとは?

せっかくの休日、遊びに行きたいけれど日頃の疲れを癒してリラックスもしたい、、そんなわがままを叶えてくれる、スーパー銭湯。
設備が多数用意されていて、入浴+αの楽しみがあります。
今回はそんなスーパー銭湯のメリットや楽しみ方についてご紹介します!

スーパー銭湯とは

スーパー銭湯とは、名前の通り銭湯の一種です。
スーパーと呼ばれるだけあって、普通のお風呂以外にもさまざまな設備がそなえつけられているのが特徴です。

具体的にはどんな設備があるのかというと、ジャグジーバスやサウナ、岩盤浴などの入浴設備が充実している他、食事のできるお店が利用できたりマッサージなどのサービスを受けられたり、店舗によっては理髪店があったりと、のんびりと自分をケアしながら過ごすために必要なものがほとんど揃っているような印象です。

さらに大きな規模の入浴施設には「健康ランド」がありますが、スーパー銭湯はちょうど銭湯と健康ランドの中間くらいに位置するといえるでしょう。

スーパー銭湯を利用するメリット

お風呂には家でも入れることを思えば、わざわざ外出してまでスーパー銭湯などの公衆浴場に行くのが面倒に感じる方もいらっしゃるでしょう。
ですがスーパー銭湯には利用するメリットもちゃんとあります。

まずひとつは、浴槽が深く大きいために入浴による血行促進効果がより高くなると期待できることです。
お風呂に入ると水圧により血行の促進などの健康効果がありますが、スーパー銭湯などの大きく深いお風呂ではさらに高い効果が得られます。

また、体を温める効果が高いのもメリットのひとつです。
自宅のお風呂にある浴槽は小さい分すぐにお湯が冷めてしまいますし、浴室も冷えているのでせっかく温まった体もまたすぐに冷えてしまいがちです。
一方スーパー銭湯では常に大きな浴槽にたっぷりのお湯がわいているためいつも入浴場があたたかく、体が冷える心配がありません。
お湯の温度も高めに設定されている上冷めないよう管理されていますので、しっかり体を温めることができます。
お店によっては薬湯やハーブ湯などのお風呂も用意されていて、より効果的な温浴を楽しめます。

普段入っている自宅のお風呂以外の入浴施設に行くことで、いわゆる「転地療法」と同じような効果が得られるのも大きな魅力です。
日常から離れることで気分転換・リフレッシュ効果が得られる他、交感神経がほどよく刺激されてメンタル面でもポジティブな効果が期待できるとのこと。
そもそも入浴にはリラックス効果がありますが、ときどきでもスーパー銭湯へ足を伸ばせばさらにその効果を高められるのです。

スーパー銭湯の楽しみ方

スーパー銭湯は、ひとりで行っても家族や友人と行っても楽しめる施設です。
今回はおすすめのプランをいくつかご紹介しますので、スーパー銭湯に行ってみたい方、行ったことはあるけれどまだ堪能しきれていないと感じている方はぜひ参考にしてください。

朝風呂からはじめるプラン

スーパー銭湯のいいところは、いつでも自分の好きなときにお風呂に入れること。
休日の朝はだらだらして時間を浪費してしまいがちですが、頑張って早めに起き出してスーパー銭湯へ向かえばとても心地よい朝風呂を楽しめます。
その後は食事をしたり、マッサージやヘッドスパ、エステなどのサービスを利用したり、漫画やテレビを見ながらのんびり過ごしたりしてリフレッシュしましょう。

お風呂も食事も、その他のレジャーもすべて施設内で楽しめるのがスーパー銭湯の強みです。
あちこち出かけるのは億劫だという方におすすめです!

家族やカップルで楽しむプラン

家族みんなで、もしくはカップルや友人同士のグループで遊びに行く場所としてもスーパー銭湯はおすすめです。
男女共用のスペースが充実しているスーパー銭湯も多く、定番の岩盤浴やサウナはもちろん、プールやジムでも一緒に心地よい汗を流せます。
おうちデートは味気ないけれど遠出して疲れるのも嫌だ、という方はぜひスーパー銭湯を選択肢に入れてみてください。

またお子様連れのご家族にとっても、お子様と一緒にあちこち移動せずともひとつの施設内でたっぷり遊べるので気楽なお出かけになるはず。
疲れているけれど家族と過ごす時間も大切にしたいと考えている親御さんにもおすすめです。

ごはんとお風呂を楽しむプラン

スーパー銭湯ではお風呂だけでなく食事も楽しめます。
ちょっとした軽食やスイーツなどはもちろん、ちゃんとした食事を摂ることも可能です。
中にはレストランの他にバーやラウンジなどもあるスーパー銭湯もありますので、1日スーパー銭湯で過ごすなら食もめいっぱい味わうプランがおすすめです。

たとえばお昼前に来てまずはお風呂に入り、その後昼食をとり、おやつとしてスイーツなどの軽食をいただいて、夜になったらお酒とおつまみを楽しむ。こんな風に、1日通して食事とお酒を味わうのもスーパー銭湯ならではの楽しみ方でしょう。

スーパー銭湯でリラックス&リフレッシュ!

スーパー銭湯でリラックス&リフレッシュ
スーパー銭湯は各種施設が充実している分、楽しみ方もさまざまです。
温泉よりもずっとリーズナブルに利用できるため、手軽に非日常を楽しみリラックスできるのがスーパー銭湯の魅力。
ぜひ自分だけの楽しみ方を見つけて、スーパー銭湯をエンジョイしてくださいね。

910 Magazine

運動効果アップ?! 運動後の入浴タイミングについて

頑張って運動したあとは、汗を流してリラックスするために早めにお風呂に入りたいですよね。
しかし、実はすぐに入浴してしまうと運動の効果を半減させてしまうといわれていることをご存知でしょうか?
今回は、ダイエットなどを目的に体を動かしているという方に向けて、さっぱり汗を流しつつ運動後の効果も上げる入浴方法についてご紹介します。

運動直後の入浴が望ましくない2つの理由

気持ちのいい汗をかいた運動後は、早めに熱いお湯に浸かれば疲労も取れてダイエットにも効果的なのでは?と考える方もいらっしゃいます。
しかし、実は運動直後の入浴は望ましくないとされており、その主な理由には以下の2点が挙げられます。

脂肪燃焼効果の低下

運動をするとポカポカと体が温まりますが、体内で筋肉の温度が38℃〜39℃程度にまで上昇すると脂肪分解酵素である「リパーゼ」が活性化し、脂肪の燃焼が始まります。
運動による脂肪燃焼効果はリパーゼが大きく関係しており、運動を終えた後も約30分間は余熱効果で脂肪が燃焼しやすい状態が続きます。
ちなみに脂肪燃焼が始まるまでには、運動を開始してから約20分かかるというのが一般的です。

しかし、筋肉を温めすぎて40℃を超えると逆にリパーゼの働きが鈍くなってしまうといわれています。
そのため、運動直後の余熱効果があるタイミングで入浴して体を温めてしまうと脂肪燃焼効果の低下にもつながることになるのです。

疲労回復の遅れに

運動後すぐに入浴すると実は筋肉の疲労回復にも影響します。
筋肉は運動直後、傷ついた状態にあることから、そこに血液がたくさん送られて酸素の供給や老廃物質である乳酸などの排泄が行われ、筋肉の損傷・疲労の回復にあたろうとします。
しかし、このタイミングで入浴してしまうことで血液が皮膚の表面の方へと送られ、全身に分散してしまうのです。その結果、筋肉への血液の供給が滞ってしまい疲労回復が遅れることにつながると考えられています。

運動後の効果を低下させない入浴のポイントは?

それでは、せっかく運動を頑張ったあとに脂肪燃焼効果などを低下させない入浴のポイントを挙げていきます。

運動直後30分間は入浴を控える

運動後にお風呂に入るのは、できるだけ30分ほど経過してからにしましょう。
体の脂肪燃焼効果には先述の「リパーゼ」という脂肪分解酵素が大きく関係しているため、余熱効果で脂肪が燃焼しやすい状態にある運動直後30分間は入浴を控えるようにしましょう。
運動後、30分ほどかけて上昇した筋肉の温度が平常に戻っていくので、この時間をクールダウンとしてストレッチなどを行い、入浴まで間を空けるようにすると効果的です。
また、汗拭きシートや水で濡らしたタオルで体の汗を拭くと、体温が下がって筋肉の温度も低下してしまうため、乾いたタオルで拭くなどして無理のない範囲で自然と温度が下がるのを待ちましょう。

そして、運動後30分経過し、体がクールダウンしたらお湯にゆっくり浸かりましょう。39℃くらいのぬるめのお湯に設定するのがおすすめです。
しっかり水分補給しながら、疲労した筋肉のマッサージを行いましょう。

運動直後はシャワーで汗を流すのもおすすめ

運動直後に汗だくで「30分間も待てない!」というときには、ぬるめのシャワーを浴びるようにしましょう。
ただし、「リパーゼ」は40℃を超えると逆に働きが鈍くなってしまうといわれていますので、お湯の温度を38〜39℃くらいに設定するようにしてください。
シャワーであれば、湯船のように体を温めすぎるということはありませんが、脂肪燃焼効果を高めるために熱めのお湯は避けましょう。
ぬるめのシャワーを浴びながら30分経過した後は湯船に入ってもOKです。

ぬるめのシャワー・マッサージで脂肪燃焼効果アップ?

「リパーゼ」によって活性化する脂肪の燃焼効果をさらにアップさせたい場合には、38〜39℃ほどのシャワーをできれば5分以上浴びるようにしましょう。
30分経過しても脂肪燃焼時間を持続させることができるといわれています。
こちらは入浴とは異なり、運動後にすぐにシャワーを浴びるようにして筋肉を冷やさないようにするのが重要です。
その際は体が温まりやすい首になるべくシャワーを当てるようにして、マッサージをしながら筋肉に刺激を与えるようにしましょう。

まとめ

まとめ
さっぱり汗を流しつつ運動後の効果も上げる入浴方法についてご紹介しました。
せっかく頑張って運動したあとはすぐに汗を流したくなりますが、特にダイエットなどを目的に体を動かしているという方は、脂肪燃焼・疲労回復のためにも30分は間を空けるようにするのがおすすめです。
これまで運動の効果があまり感じられなかったという方はもちろん、これから頑張ってみようという方も是非試してみてくださいね!

冬場に起こりやすい水道トラブルの予防と対策 井戸ポンプ情報局

冬場に起こりやすい水道トラブルの予防と対策

気温が下がる冬の時期は、水道トラブルに注意しましょう。ちょっとした油断が、深刻な事態を引き起こしてしまう可能性も。 今回は、冬場に起こりやすい水道トラブル事例と、その対処法や予防法について解説します。

冬に注意したい「凍結」トラブル

冬の寒い時期に注意しなければならないのが、水回りの凍結トラブルです。 水道管や水回りの住設機器は、常に内部を水で満たされています。 気温が低下し、内部の水が凍結すれば、「蛇口をひねっても水が出てこない」「トイレのレバーを回しても水が流れない」といった事態になりかねません。 特に夜から朝にかけては気温が低下しやすく、凍結トラブルも発生しがちです。 「朝起きたら水道が凍っていて、水が出てこない、、」となれば、忙しい時間帯に慌ててしまうでしょう。 また家の外に設置された給湯器も、凍結しやすいアイテムです。 一時的にお湯が出ないだけではなく、凍結による影響で、内部が故障してしまう可能性もあります。

凍結が引き起こす「水漏れ」トラブル

気温が下がる夜から朝にかけて水道管が凍ったとしても、昼間にかけて気温が上がれば自然に溶けていきます。 よほど寒い地域でなければ、「一時的に凍結したとしても、溶ければ使えるから大丈夫」と考える方も多いのかもしれません。 しかし、こうした油断が、大規模な水漏れトラブルを引き起こしてしまう恐れがあります。 「水」が凍結すれば「氷」になり、その体積は大きくなります。 水道管の中で水が氷になれば、体積が大きくなった分の圧力を逃がすすべがありません。 水道管を破裂させ、そこから水が漏れ出してしまうリスクがあります。 凍結による水道管破裂で怖いのは、「水漏れトラブルが目に見える場所で発生するとは限らない」という点です。 水道管が凍結する状況下であれば、壁の中や家の床下など、どこで水漏れしてもおかしくはありません。 凍結によってごく小さな穴が開き、少量ずつ水が漏れ出しているとしたら、トラブル発覚まで時間がかかってしまう可能性も。 水の力によってゆっくり確実に、家の構造体が傷んでしまいます。 また凍った水道管を溶かそうとした結果、自らの手で水道管を破裂させてしまうケースも多く見られます。 内部の氷を溶かす際、熱いお湯をかけて一気に溶かそうとすると、水道管は急激な温度変化に耐えきれません。 破損した部分から一気に水が噴き出せば、家の中が水浸しになってしまいます。

凍結トラブルが発生した場合の対処法

冬の寒い朝、凍結トラブルが発生してしまった場合は、自然に解凍されるのを待つのが一番です。 少し時間はかかりますが、凍結時に水道管が破損していないのであれば、すぐに元に戻るでしょう。 そこまで時間をかけられない場合や、日中もそれほど気温が上がらない場合には、凍結している水道管部分にタオルを巻きましょう。 そのうえから、50度前後にまで温めたお湯をかけます。ゆっくりと、少しずつ作業するよう意識してみてください。 タオルを巻くことで、急激な温度変化を防げるため、破裂予防につながります。

事前にできる水漏れ予防法

水道管の凍結や破裂は、冬季に多い水道トラブルです。 水漏れリスクを避けるためには、気温が下がる日でも水道管を凍結させないための予防策を取り入れるのがおすすめです。 水道管を凍結させないための方法は、いくつかあります。 まずは「水抜き」を行ってみましょう。 事前に水道管内部の水を抜いておけば、凍結することはありません。水抜き栓がついていれば、そちらを利用してみてください。 ない場合は、いったん水道の元栓を閉めて、水道の蛇口を開きましょう。水道管内に残った水を流しきれば、水抜き作業は完了です。 また、「水を少しずつ出しっぱなしにする」「水道管の露出した部分を保温材で保護する」といった予防法も有効です。 ご自身の環境によって、ベストな対策を取り入れてみてください。 水道管の凍結トラブルが発生しやすいのは、気温がマイナス4度以下の日だと言われています。 ただし家の北側や冷たい風が直接あたる場所では、気温0度程度で凍結してしまう可能性も。 リスクの高い日は、入念に準備しておきましょう。

水漏れトラブルが発生した場合の対処法

水漏れトラブルが発生した場合の対処法 冬の凍結が原因で水漏れが発生してしまった場合、落ち着いて、まずは水道の元栓を閉めましょう。 水漏れをストップさせたうえで、水道業者に修理を依頼してください。 とはいえ、冬の寒い朝は凍結トラブルが多くなりがち。水道業者に連絡しても、すぐには駆けつけてもらえない可能性もあるでしょう。 その場合はひとまず破裂した部分にタオルをまきつけ、漏れ出してくる水をバケツで受け止めてください。 タオルがびしょぬれになってしまったら、新たなタオルに付け替えたうえで、しっかりと水を吸収させていきましょう。

油断できない凍結トラブル! 事前準備は入念に

水道管凍結や破裂といったトラブルは、冬の寒い時期に、非常に多く見られるトラブルです。「極寒地域のトラブル」と認識されがちですが、実は比較的温暖な地域でも少なくありません。 普段、凍結に慣れていない分、間違った対処法で水道管を破裂させてしまうケースも見られます。 比較的温暖な地域であっても、冷え込みが厳しい冬の朝には注意が必要です。今回紹介した情報も参考にして、トラブル回避に努めてみてくださいね。
乾燥肌対策に水分補給! スキンケアにおすすめの飲み物は? 井戸ポンプ情報局

乾燥肌対策に水分補給! スキンケアにおすすめの飲み物は?

お肌に関する悩み・トラブルでニキビなどとともに最も多く聞かれる「乾燥肌」。 日頃から化粧水や乳液などで肌をケアしたり、冬場は加湿器を使ったりと外側から水分を与えて乾燥対策を行っている方も多いことでしょう。 もちろんこれらも欠かせない肌の乾燥対策ですが、実は体内の水分不足が乾燥肌を引き起こす原因となっていることがありますので、しっかり水分を補給して体の内側から潤わせることも大切なポイントです。 今回は、乾燥肌と水分補給の関係や、肌ケアのポイントについてご紹介します。

体内の水分不足も乾燥肌の原因に?

乾燥肌とは、具体的には空気の乾燥や生活習慣の乱れ、ストレスや加齢、入浴やエアコンの送風、紫外線などによって、肌の表面を覆ってバリア機能を果たしている「皮脂」が失われ、水分が失われてしまった状態のことをいいます。 肌が乾燥してしまうと外部からの刺激を受けやすくなり、肌荒れやかゆみ、さらなる乾燥肌などの悪循環が生じてしまうのです。 そのため保湿などを行って外側から肌を保護することが大切であると同時に、体内の水分補給も乾燥肌を防ぐ重要なポイントになります。 人間の体に存在する水分は血液や細胞内液などで約60%を占めているのですが、体内の水分量が低下することが乾燥肌につながる原因にもなるといわれています。 体内の水分量が低下すると肌の水分も失われていくため、外側からクリームや化粧水で保湿を行っても水分が浸透はするものの吸収されにくくなることから、日頃から水分補給をしっかり行って内側からも潤いを与えるのが大切なのです。 また、水分補給は特に空気が乾燥する冬場は肌トラブルだけでなく、風邪やインフルエンザなどの体調不良を招く原因となる鼻の粘膜や喉の乾燥などにも効果的です。 冬の水分不足については井戸ポンプ情報局でも、過去の記事で取り上げていますのでご覧ください。(夏だけじゃない?! 冬の水分不足に注意)

乾燥肌を防ぐ水分補給のポイント

お肌の乾燥を防ぐための水分補給のポイントや、おすすめの飲み物について解説します。

常温・温かい飲み物を選ぼう

乾燥肌対策には、飲み物の温度は常温〜温かいものを選びましょう。 冷たい飲み物にしてしまうと体温を低下させて体内の新陳代謝なども下げてしまい、体の働きを鈍らせてしまうので、お肌の乾燥対策としては望ましくありません。 水分補給は基本的には水が向いていますが、その他のおすすめの飲み物は白湯や生姜湯、ノンカフェインのハーブティーなどが体も温まって効果的です。 なお、冷たい飲み物が飲みたい場合は、なるべく常温でビタミンが含まれたジュースなどがおすすめですが、糖分の摂りすぎには注意しましょう。

こまめに水分補給する

水分補給はこまめに行い、なるべく「喉が渇いた」と感じる前に摂取する意識を持つようにしましょう。 一度に大量の水を飲んでしまうと尿として排出されてしまいあまり意味がありませんので、体内に適度な水分が維持されるようにこまめに摂取するのがポイントです。 目安としては、私たちが尿や汗によって1日で失う水分量は約2.5リットルといわれており、これを飲み物から補うためには一般的に最低1日約1.2リットルは摂取する必要があるとされています。 例えば起床後・就寝前、入浴前後、スポーツの前後など1日のうちに飲むタイミングを決めて水分摂取するよう心がけてください。 また、暑くて汗を多くかいたときや運動後、冬場の空気が乾燥している時期などはより積極的に摂取するようにしましょう。

利尿作用がある飲み物に注意

乾燥肌対策には不向きな飲み物もあり、代表的なものではコーヒーや緑茶などが挙げられます。 仕事や家事、食事のときに飲む方が多い飲み物ですが、利尿作用があるカフェインが含まれており、水分補給どころか逆に体外へ水分が排出してしまう働きがありますので飲みすぎには注意しましょう。 さらに、これらに含まれているタンニンという成分は、体内で亜鉛の吸収を阻む働きがあります。亜鉛は肌の新陳代謝に欠かせないミネラルの一つですので、乾燥肌対策に取り組むのであればできるだけ避けた方がよいでしょう。 そのほかにはビールなどのアルコール飲料も利尿作用がある飲み物ですので、大量に飲んでも水分補給にはなりません。

日頃の肌ケアに加えて水分補給も心がけよう

日頃の肌ケアに加えて水分補給も心がけよう 乾燥肌と水分補給の関係や、肌ケアのポイントについてご紹介しました。 乾燥肌は体内の水分不足が原因になっている可能性もあるため、日頃から十分に水分補給も行って体を内側から潤して対策するよう心がけてください。 また、乾燥肌を防ぐには水分補給だけでなく、もちろん化粧水や乳液などで肌をケアしたり、冬場は加湿器を使ったりといった外側からの対策も重要です。 体の内側と外側から積極的に水分を補給して、潤いのある肌を保ちましょう!

Topics アイエフテクノサービスからのお知らせ

サービスエリア
サービスエリア サービスエリア Service Area
サービスエリア Service Area

千葉県全域・茨城県を中心に、高品質なサービスおよび作業工事の提供を行っております。

よくある質問
よくある質問 よくある質問 FAQ

給湯器や井戸ポンプに関するよくある質問を一覧にしてまとめました。

よくある質問 FAQ

Contact

ご質問・お見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

0120-048-222

365日迅速対応可能

TOP